2004年10月05日

レスリーへの思い

彼の映画「ブエノスアイレス」「欲望の翼」「楽園の瑕」は最も好きな作品です。私はウォン・カーウァイと組んだときのレスリーが一番彼の魅力を出していると思います。この3作品の孤独な魂を持つレスリーは私の心を切なくさせました。また「金玉満堂」や「チャイニーズ・ゴーストストーリー」ではおっちょこちょいなかわいい男の子を演じて楽しませてくれました。「上海グランド」のかっこいいレスリー、「男たちの挽歌」の生意気なレスリー、「白髪魔女伝」の色っぽいレスリー、彼は手品のように色々な姿を現して、私を惑わしました。作品自体も質の高いものが非常に多く、彼が映画の作り手にも刺激的な存在なのだと思います。「ルージュ」の淫靡さ、「覇王別姫」の美しさ。まったくこんなに賞賛し続けてしょうがないくらいです。
しかし、彼がいなくなる前の数本は私としては「?」と思わざるを得ませんでした。ひどいわけではないけれど、以前のような輝きは薄れていたように思われます。
彼自身は「いい監督といい仕事ができた」と語っていたようですが、本心だったのでしょうか?事実彼は、自分で映画を作り出しました。これは私にはものすごい楽しみでした。そういう人がたくさんいたことでしょう。その中ではかばかしく進まない映画作り・・・。これから先はつらくて書けません。
「2046」のコマーシャルを見てるともしかしてこの中にレスリーがいるのでは、というようなどうしようもない思いにとらわれます。レスリーはあまりにあっけなくいろんな人にいろんな思いを抱かせたままいってしまいました。
posted by フェイユイ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | レスリー・チャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスリー・チャン

自己紹介で「レスリーが好きになって以来・・・」と言っておきながら、まったく彼について触れていませんでした。
実際、彼についてはあまりにも思い入れが深く、夢中になっていた時間も長かったので(過去形になったのは悲しいことです。勿論、今でも好きですし、彼が存在するのなら、その時間はずっと続いているはずです)簡単に説明し尽くすのは難しいのです。
出だしとしてはやはり彼との出会いを語るべきでしょう。これは、ただなんとなく私が(レスリー・チャンやトニー・レオンの存在を知ることもなしに)「ブエノスアイレス」をみてしまったことからでした。それはまったく、たまたま、でしかなかったのです。
それは封切の映画館とかでなく、ずいぶん時間がたってDVDやらで見たに過ぎなかったのです。
が、その日から私は生活のすべてが変わってしまいました、文字通り。
それまで考えたこともなかったレスリーと言う一人の役者が私の毎日の時間に取り付いてしまったのです。一日中彼のことを考えてましたし、日本で見れる映画を見尽くしました。
そして彼にはまだ日本未公開、もしくはなかなか見れない作品があると知ると、がまんできず、初めて、インターネットで向こうのVCDやCD,DVDを買えることを調べました。今思ってもものすごい情熱でした。彼の本を見て、歌を覚えました。こんなに吸い尽くせば、すぐ飽きてしまいそうなものですが、彼は私をあきさせませんでした。知れば知るほど彼が好きになっていくのです。かれはずっとずっと私のすべてでした。
きっとこんな彼のファンはいっぱいいるんだと思います。彼は人をそうさせるような
魔力を持っていました。しかも普通にあうと普通の人だよという情報も余計に彼を
素敵だと思わせました。
本当に不思議な人でした。
posted by フェイユイ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | レスリー・チャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。