2004年10月06日

ラスト・エンペラー

日本語字幕DVDで、ドラマ「末代皇帝」第1巻をみた。自分で選んでおきながらなんなんだが、きっと死ぬほど退屈だろうよと思ってたのが、おもしろかった!青年期を陳道明が、老年期を朱旭が、というのが売りの地味な設定だが、なぜかおもしろいんだな。
第1巻ではまだ幼少期なので、その方たちすら出てないが、真ん丸い顔の3歳児が突然皇帝になるため泣きながら紫禁城に連れ込まれ、たった3年で清朝が終わったにもかかわらず、紫禁城のなかのみで皇帝として育てられ次第に精神が曲がっていく(といっても皇帝としてはまっすぐってこと?)名前だけの皇帝である溥儀は、ついに袁世凱にその玉座も奪われるのか?というとこまでです。
「ラストエンペラー」といえば勿論あの有名な映画があるわけですが、西洋人が作ったそれとの差はまたおもしろい。(あんましきらびやかじゃないんだよね)ジョン・ローンとチェン・ダオミンの差というのもまた。(いやまだそこまでみてないのだがね)とにかくこれは続き見たいですよ。
時々はいるナレーションも楽しいです。
posted by フェイユイ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 末代皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。