2004年10月24日

やはり「バンジージャンプをする」はいい!

 先ほどのアップの後、見直しました。さてまたネタバレ全開ですのでご注意のほどよろしくお願いいたします。

一番気になるのはなんといってもラストでしょう。このラストがそのままタイトルにもなるわけですが。ゲイ・ストーリーにこのラストはもう定番ということですよね。(だからこそ「ニエズ」はすごいなと思うわけですが)私としてはこのラストがいいとはけしていいたくありません。どんなに一途な愛だろうが、ふたり一緒だからいいと彼らが言おうが、どうしてもいやなんです。「死」とういうことで、物語を美化できるというなら、私は醜いほうがいい。大好きな話ですが、たとえなんといわれようと、ふたりは手をとってそして生きて欲しかった。ニュージーランドまで行ったんだもん。そのままそこで暮らしたら?ま、ビザとか現実問題がたち憚るのでしょうが。

一番好きな点は、イ・ビョンホンの相手の男の子として、ヨ・ヒョンスという子を選んだこと。たくましいビョンホンより大きい男の子が彼女なんて想像しにくいという人もいるだろうが、彼女自身すらりと長身だったから男になったらかなり大きいんでは、という余談はさておき、なんといってもかわいい顔のビョンホンには甘えて欲しいんである。17歳年下の少年であっても、ビョンホンのほうがかわいい!し、甘えた顔が似合ってた。少年の胸で泣くとこなんてもういじらしくてたまんないじゃないですか!これが華奢な美少年だったりしたらどうやってビョンホンの肩をだけるのだ!私としては監督がどういおうと輪廻っていうより、彼の中に彼女を見てしまった男性教師の狂った愛というほうがうなづけるんですが、そしてそうやってすがりつかれてしまったまだ年若い男子高校生は先生の暗示にかかって自分を先生の恋人の生まれ変わりだと信じてしまった!というのはどうでしょう。全然純愛じゃなくなりますが(笑)狂愛ですね。私は輪廻とかも信じるほうなんでそれでもいいんですが、この話ではそう思いたくない!(監督の意思は無視)ヨ・ヒョンス君、ほんとに大きくて男の子らしくてかわいいし、おまけにビョンホンを抱えそうなくらいたくましくて素敵です。ビョンホンは彼の前では華奢でいとおしいかんじになってしまう。とてもそんな年上とは見えません。甘えたかっただけじゃないのかねえ。ビョンホン。

そんなわけでこの映画はラストを除けば完全です。(それは完全っていわない)ビョンホンはほんとに横顔が素敵です。

監督キム・デスン 出演イ・ビョンホン イ・ウンジュ ヨ・ヒョンス イ・ボムス 2001年


posted by フェイユイ at 19:59| Comment(6) | TrackBack(5) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イ・ビョンホン「バンジージャンプをする」

一晩あけて、落ち着いたかというとそうでもない。ただなんだか、不思議な夢を見たようではある。今回は、もろネタバレ。ストーリー全開で行きますから、未見の方、ご注意ください。
 
大学生ソ・イヌ(イ・ビョンホン)(髪型が変)は雨の日自分の傘の中に飛び込んできた女性テヒ(イ・ウンジュ)に恋をしてしまう。彼女が、美術を専攻しているので、自分の授業はほっぽり出して彼女の後を追いかける。それはもう熱烈に恋をしてしまうのだ。これは現在日本だったら危ない男として最も嫌われるんだろうな。彼女がタバコを吸う男が好きで「手作りのライターをプレゼントしたいのよ」と聞くと全然すえないのに「嫌われると思って吸ってなかったんだ」といってタバコの練習を始める。彼女からホテル(?)のようなとこで関係を持とうと誘われるとしゃっくりが止まらなくなり、何もできない始末。かわいすぎる男なのである。だが次第にふたりは愛し合い、永遠の愛を誓う。

イヌが兵役につくことになり、駅で彼女を待つがテヒは来ない。

時がたち、2000年。イヌは別の女性と結婚し、娘もいる。イヌは高校の国語の教師になるのだが担任することになったクラスの男子学生ヒョンビン(ヨ・ヒョンス)の言葉やしぐさがテヒを思い起こさせることに気づき、苦しむ。ヒョンビンはイヌよりもっと背が高く男らしい感じの男子だ。(イ・ビョンホンですからね。かれが小柄に見えるくらい大きい子だし、顔つきも男の子らしくてかわいい感じ)テヒを思い起こさせるしぐさって言ったって、ジュース缶を持つ時小指が立ってるっていうだけだし!これって見ようによっちゃ、単なるイヌの勘違い?勿論監督さん自身が「輪廻転生をモチーフとした・・」といわれてるんだから、いいんですけど。勘違いして勝手に好きになったとも思えるよなー。しかも彼女と思って男子高校生の胸の中で泣いちゃいかんでしょ。困るよ普通、先生から胸で泣かれたらば。

エピソードのひとつとしてイヌが、他の先生から「二人三脚をやるんだが、先生は誰と組みます?」と聞かれ、「ヒョンビン」と答える。「彼はバスケットをやるから駄目だ」ったんだが、今度はヒョンビンが「バスケットやめて、二人三脚します」といいに来る。二人三脚は足もくびるんだけど肩も組まなきゃ駄目なわけで、イヌはヒョンビンの肩に触るのすら、緊張してまたしゃっくりしてしまうのだ。二人三脚で緊張!なんつかわいいお話でしょか。

イヌはヒョンビンと仲のいい女の子をいびってしまう。奥さんとの性生活もできなくなってしまう。訳も無くヒョンビンに電話をしてしまう。そして昔テヒを追いかけたようにヒョンビンの姿をいつも追ってしまう。教室では一番後ろに座る彼の肩にそっと触れようとして思いとどまりわざと男っぽくぽんとたたいていく。

学校では噂が立ち、ヒョンビンはいらだってイヌに反抗する。ヒョンビンが友達と
けんかし、先に手を出したとイヌは執拗にヒョンビンの尻をたたく。

そうです。これは、テヒという女性が生まれ変わってヒョンビン(男)になっているんですよ。ホモじゃありません。ていうじゃない。誰が信じる?

傍目から見ようが、真実女性の生まれ変わりだろうが、どうしたって、男性教師と男子生徒ですから!残念!てなもんです。普通の男子学生、かわいい女の子にずっとちょっかい出してからかってでもかっこいいから女の子のほうもまんざらじゃなくてラブラブになったとこに、この恋に狂った男性教師現る!です。人目もはばからず一人の男子学生のお尻を追いかけるとは。も少しうまくやれんのかね、とも思うのですがね。

ま、とにかくイ・ビョンホンはこの哀れな男性教師を実にチャーミングにやってると思います。ただ私的には、ハンサムすぎて、も少し普通っぽかったらもっと悲しくていいのに、と考えてしまうんですよね。いや、勿論ビョンホンだからきれいに見れるし、観客も増えるんですけどね。

で続きです。とうとうイヌは学校を辞めさせられる。授業中ヒョンビンは手に入れたあのテヒの手作りのライターを見つめて考えている。それを見てあざ笑う級友。怒る先生。突然ヒョンビンは立ち上がり、学校を飛び出す!

画面は昔駅でテヒを待つイヌを映し出す。テヒはイヌにあうため急いでいたのだが、トラックにはねられてしまったのでだ。テヒとヒョンビンの姿が重なる。急いだヒョンビンもトラックにあたってしまった。が、起き上がり、イヌの待つ駅へ向かう。ヒョンビンの姿を見つけるイヌ。
ヒョンビンの姿はガラス窓の中で美しいテヒの姿と変わる。やっとふたりは会えたのだ。

イヌとヒョンビンは笑いながら、肩を抱き合い、やっとお互いを受け止めあう。ふたりはその後ニュージーランドまで出かけ、橋の上から手を握り合って飛び降りる。

ここにあったビョンホンと少年が二人三脚する写真あんまり大きいんで消します。見たいと思う方がいらっしゃれば復活しますよ。
posted by フェイユイ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「バンジージャンプをする」イ・ビョンホン

ちょっと興奮してます。見たばかりなので、何を言っていいやら。
イ・ビョンホンの顔さえ見れりゃいいか的な感じで買ったんですが。ええ、メロドラマ、大甘のラブストーリーですとも。しかし、やられちゃいました!なんなんだー、こりゃ一体!文句は皆様いろいろございましょうが、私はえぐりこまれるように打たれちゃいました。もち、イ・ビョンホンはかっこよかったです。しかもドラマで見る時のような切なげな眼差し。「JSA」で好きになった私は、ドラマなんかのイ・ビョンホンが苦手で4大美男なんていわれんのも「それほどかな」などと好きなくせにおもってたんですが。(屈折した美男嫌い)これはよかったです。
筋としては若い頃であった一人の女性に熱烈に恋をしたイ・ビョンホン(変な髪形でかわいい。とにかく一途な恋をする)兵役に行くため最後に駅で待っているのでが・・・。時は流れ、ビョンホンは高校教師になり、ある学校に転任した際、一人の男子高校生にであう。ごく普通の背の高い男の子。やたらと女の子にちょっかいを出してばかりいるような子なのだが。ビョンホンはその子にかつての恋人の面影を見る。といっても顔が似てるわけでもないし、ビョンホンが見上げるほど背が高い少年なのだ。時々しぐさや言うことが似てるわけ。ふたりは、二人三脚をした頃から接近しだす。(なんだかほほえましいエピソードじゃないか)いつしか少年をあの時の彼女のようにいつもかまってしまい、学校で噂されるようになる・・・。
なんだかなあ。よくある話みたいだけどもさ。ほかの方がたの悪口も聞こえてきそうだが、許す!許しちゃうもんね。ビョンホンの素敵な横顔にかけて許す。なんつかわいい横顔なんだろ。彼女さんも美人です。韓国の美人さんってほんとに色っぽいんだよねー。
まだいっぱい書きたいけど、ちょっと興奮しててアホばかり書きそうなのでこのくらいにします。もうとっくに見た方にとっては何をいまさら、でしょうが、ちょっと久しぶりに熱くなりましたね、くふふ。
posted by フェイユイ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。