2004年10月31日

「柔道龍虎榜」

今日は一体いくつ書くんだ。 ということで「柔道龍虎榜」をみてしまったんですよ。うーん、噂には聞いてたが、なかなかのものでした。退屈だったのか面白かったのか自分でも計り知れないが、黒澤明の「三四郎」を見ていれば、そして覚えてれば、けっこうおもしろいんだろう。私は見たんですが、それほど覚えてなくて(ははは)ただアーロン・クォックは確かに柔道やりそうな風貌ではある。そして、目的であったレオン・カーファイはやはり決まってました。最初に歌われた日本語の歌詞がまた聞き取れなくて「まみむめも三四郎」と聞こえるのはなんだろう。最後に別の方(徐小鳳)が歌ったのでは、どうやら「前を見ろ三四郎」のようだ(ちがうかもしんない) ところどころ感動しなくてはいけなかったようだがよくわかんなかった。音楽が感動してねって言ってましたが。ホンコンにススキの原があったりして楽しいといえば楽しいし。とにかく柔道を通じて友情と復活が描かれていたようです。ウン、暗いバーの雰囲気はちょっとよかったのかも。です。 しかし、下駄の鼻緒を直すのと靴を履かせてやるのを重ねるのはむりのような気もする。 でも、見てください。 監督ジョニー・トー 出演ルイス・クー アーロン・クォック レオン・カーファイ チェリー・イン 2004年
posted by フェイユイ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「火山高校」メイキング(「火山高」のことよ)

少し字を変えてみました。読みやすいかな?

えと、「火山高校」のメイキングが付いてたんで見てました、ワイヤーアクションのシーン、ほんとに大変です。けんかの場面で蹴りを入れられるとこなんて思い切り喉に入っちゃって、チャン・ヒョクの息が止まっちゃてましたよ。そういえば韓国といえば、テコンドーですね。蹴りがすごいですからね。

それから、シャワー室でのシーンもずぶ濡れのまま、何度も何度も型を見せなきゃいけないんで、もうがたがた震えてました。

ところで、チャン・ヒョク可愛い。また映画見たいなあ。なんて浮かれてたら、彼は兵役逃れでニュースになってたんですね。んー、この兵役というのは、日本人というか私には正直よくはわからないものですね。兵役自体というより、その国の人たちが本音はどう思ってるのか。逃れちゃうくらいだから、やりたくないわけで、でも聞いてると、(具体的にはいいませんが)別のいろんな方法で逃れてる人たちもいて結局、頭のいい人勝ちってこと?(近視だとか、病気のせいにして逃れられるらしい)頭のいい人が付いてくれればいいんでしょうか?その辺もまた、少しずつ判ってくるようにはなるんでしょうが。

posted by フェイユイ at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

周杰倫

   

うっく、かっこいい

ただそれだけなんですが、ちょっと幸せをわけてみました。

posted by フェイユイ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェイユイの映画鑑賞

今日は、フェイユイの、映画鑑賞環境について少し説明します。私はまったく映画館に行けない生活をしてます。だもんで、映画鑑賞のほとんどは購入したDVDによるものです。勿論ほんとは新作を映画館で見たいんですが、仕方ないものはあきらめねばなりません。今は、前向きに他の方より遅れてDVDで見ることで納得してます。
日本のDVDを買うとなると、とても高いし、見たいものは殆ど見れなくなりますので、インターネット購買に頼ってます。一番多いのはyesasiaさん。後、楽天市場のドラゴンCD鹿柴貿易工司さん。百楽園さん、ですね。この場合の一番の問題は、勿論日本語字幕がないことです。私はまったく中国語および韓国語の教育はうけてませんので、今、中国語の勉強中、というとこです。
韓国語まではちょっとまだ手が届きません。したがって、韓国映画の場合は中国語字幕がついてなければ(英語教育は受けたんですが、結局役立ってないわけね)まったく判らないので買いたくても買えない。
DVDと繰り返してますが、VCDというより安価なものもありますね。以前はよく買ったんですが、やっぱり画質が悪いし、そんなに数集めても見ないので、今はいいのだけDVDで買ってます。
たまにはVCDしか手に入らない、という時もありますが。
というわけで、韓国映画はもっと見たいのがいっぱいあるんですが、中文字幕がついてないと二の足を踏んじゃいます。

以前はそれくらいで充分だったんですが、今、わたしのなかで、中国映画より韓国映画のほうがどんどん興味が膨らんでいってるので困ってしまいます。
とはいえ、まだ中国語を捨ててしまう気にはなれないしなあ。こんな私のためにも
中華圏の映画人たちにはがんばってもらいたいものです。(身勝手な私)

テレビで好みの映画を見れることはあんまりないんですが、(圧倒的にアメリカものが多いしね)
字幕付きが見れる、といえば、レンタルがありますね。これもまた外出できないんで
(幽閉の身か?)インターネット(こればっか)レンタルですね。わたしはDISCASさんから借りてます。最近知らぬ間にどっと中国ものが増えてて、あわててます。
ずっと書いてる「末代皇帝」はここから借りてるんですが、いつのまにか、大好きな周迅の「射[周鳥]英雄伝」がリストに載ってるではありませんか(はっ、しまった、ここで書いたら借りられちゃうな)まだ末代皇帝見たいんでそれまでに返してください。
なぜ急に中国モノが増えたのかはわかりません。私の念が通じたのか。韓国モノもありますが、今、韓国ブーム、見たいのはなかなか見れません。もっと個数を増やしてくれっ。

以上が大まかな私のエンジョイライフです
posted by フェイユイ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。