2005年04月02日

レスリーを偲んで「阿飛正傳(欲望の翼)」

欲望の翼.jpg
阿飛正傳.jpg

昨日4月1日には絶対にレスリーについて書こうと思っていたのだが、仕事が忙しくてとうとう書けなかった。前にも書いたとおり、一人DVDを観てレスリーを偲ぼうと思い、「阿飛正傳(欲望の翼)」を。が、疲れには勝てず、映画のムードとも相まって夢か現か定かでなくなり、3分の1見た辺りでダウン。ただ、映画のすばらしさ、レスリーの魅力は今更ながらうなるばかりです。雨の匂いが感じられるような画面を見ているうち、夢の世界に引きずり込まれたようだ。

そして今日、後半を見たのだが、ほんとにこの「欲望の翼」の世界の美しさは説明できない。
イメージとして出てくる深い緑の森林の美しさ、足のない鳥というイメージ、愛する人(母親)を追い求めても報われないヨディの心の空しさ。ミミやスーに対するヨディの冷酷さはレスリーが演じるとこれ以上ない甘いものと変わる。ミミの腰を抱き見上げる時の眼差し、ミミに出て行けといった後、ベッドでふて寝する愛らしさはまるで少年のようだ。

そう、これは1990年の作品でみんなまだとても若いエネルギーが溢れていたのだ。監督ウォン・カーウァイもきっとまだパワー何か作り上げようというパワーが強かったはずだ。カメラワークのそこここにその想いがこめられてるし、レスリーとアンディが屋根をつたって走るシーンなんてすごくかっこいい。
レスリーなんてかわいいくらいだし、アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、カリーナ・ラウ、マギー・チャンそしてトニー・レオン、みんなきらきらしているのだ。
レスリーのヨディのワルの魅力、「1分の友達」、染みとおっていくような音楽、悲しいほど美しい映画である。


posted by フェイユイ at 22:33| Comment(5) | TrackBack(2) | レスリー・チャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。