2005年04月23日

「火線任務」第8話

おもしろくなってきて止められなくなっちゃいましたwあ、念を押しますが、ここに書いてるのは私の乏しい中文読解力で書いてますのであまり信用しないがいいですwいつものことですが、多大に勘違いがありますので、その辺はご理解ください。

ネタバレあり。

唐漢生(藍正龍)と宋水来と苗子守(張孝全)と苗パパは衝突した本人の病室をお見舞いする。ご本人はいたって温和なのに例によって息子と漢生の弟・雲生が入り込んできてまたまた事を荒立てます。恩人・苗正(子守パパ)の前で声を荒げる弟に漢生は怒ります。が、苗パパが自分とママを救ってくれた恩人と聞いても「何故父も救ってくれなかったんだ」と言い捨てる弟・雲生。漢生は苗パパに謝るしかありませんでした。

この後、苗パパと子守が親子の話をする場面がありますが、うーん、ただ勝手な思い入れなんですが、「ニエズ」の時もパパと息子という設定、恋人(って言うのかどうかよく解らんが)もとても年上の男性で、張孝全がうんと年上の男性と話してるとかわいい。全く一人よがりなんだがw気にしないでくださいw

あ、言い忘れてたんですがテレビ局で嘉嘉の上司の男性が何だかすごくハンサムな人です。嘉嘉がまだ未熟だとけっこうきつい助言をするんですが、嘉嘉の同僚で友達の小雅が嘉嘉の動揺はボーイフレンドの事故のせいだとの説明で納得してくれるんですが、ハンサムだよなーこの人。消防隊長もハンサムだけどこの方も素敵ですよ。主人公二人より上司二人のほうがハンサムですw

そしてなぜか漢生の弟・雲生が何者かに突然撃たれてしまうのですよ。ちょうどそこを通りかかった漢生は雲生を病院へ運び迷った末、消防署の仲間に「O型の血液の人がいたら輸血して欲しい。弟が必要なんだ」と連絡するのです。いくら性根の曲がった奴とはいえ弟の一大事に頭を下げる兄。署の皆も協力してくれてジーンとする場面です。
しかし目が覚めてからの警察の事情聴取に反抗的な雲生に兄・漢生はぶちぎれます。

情けない気持ちの漢生はガールフレンドの鄭芸に電話しますが、彼女は一人山へ写真を撮りにいってしまってるのでした。

この回でもがっくりしてる漢生を励ます子守の友情シーンがありまする。しかし元カノの鄭芸と話してるとこを嘉嘉に見られたりして子守くんの心痛は絶えませんな。ふー。

主要演員:張孝全、安以軒、藍正龍、GINA、阿pang、楊千霈、伊正
posted by フェイユイ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 火線任務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「火線任務」第7話

ストーリーはいちいち書かないと最初に言ったような気がしますが、ちょっと書かないと話が進まないのでwどうしてもネタバレものになってしまいます。で、ネタバレですね。

とにかく子守(張孝全)はかわいそうなんですが、子守が運転する救急車が酔っ払い運転をしてたバイクの男に衝突してしまって怪我をさせてしまう。それを怒ってというかこれ幸いというか、その男の息子が「なんてことしやがる」といって金を要求。何だか徒党を組んで消防署に押しかけ抗議。それに唐漢生(藍正龍)の弟・雲生が1枚かんでるという頭の痛い状態なのです。緊急でサイレンを鳴らして走ってるのにそんな言いがかりつけられるのでしょうか?よくわかりません。
また嘉嘉がテレビのアナウンサーとなって初めて伝えたニュースがこの苗子守がもめてる状況を伝えるものだった。嘉嘉もかわいそうですよー。

そのニュースをテレビで見ていたのが子守の父だった。エーと私にはよくわかんなかったんだけど子守の父はホテルにいてその同じ階にある部屋が火事に。苗パパは昔取った杵柄手際よく警報を鳴らし人を呼び火を消した。隊長はじめ小守達がホテルについた頃には鎮火。隊長は苗パパを見つけ「隊長!」子守は「パパ!」ということで3人消防署で再会を喜ぶ。が、子守はこのとき初めてママが火事で死んだと知らされひどく傷つき部屋を飛び出す。話を聞いてた漢生はずっと会ってお礼を言いたいと思っていた恩人が子守の父と知り驚くが、苗パパに感謝の気持ちを伝える。

そしてショックを受けている子守に漢生は今までの子守に対するきつい態度は勘違いから来ていた嫉妬だったと侘びをする。そして手を差し出し友達になろうと。
勿論、気立てのいい子守はしっかとその手を握りましたとも。ハー、辛い話でしたが、この二人が仲良くなれてよかったです。も少し仲悪いままかと思ってたら意外と早く仲良しにwいや、いいことです。

主要演員:張孝全、安以軒、藍正龍、GINA、阿pang、楊千霈、伊正
posted by フェイユイ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 火線任務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。