2005年05月26日

「メイド・イン・ホンコン(香港製造)」後半

サム・リー.jpg
この映画じゃないのかどうかよくわかんないけどサム・リー。かわいい。

熱くていい映画だあ!なんか一回観たように書いたけど観てませんね(笑)これ観てたら忘れるわけないもの。もう今頃何なんですが、サム・リーがめちゃめちゃかっこいい!(笑)かっこいい身体の役者さん選ぶときは絶対サム・リー入れるよ。また、ぴたーとした服着て髪つんつんでヘッドホン、ズボン短くて足首に刺青あるし、手足がひょろ長くてもうめちゃ絵になるんだ。監督インタビューで陳果監督は街で遊んでいたサム・リーの上半身裸をみてその裸に惚れたそうな(笑)「映画に出てくれ、連絡を待つよ」といったけど連絡来なくて(単にホモのおじさんと間違われたんじゃないの?)再度アタックして「でも演技経験ない」ってサム・リーが言うんで2ヶ月間演技指導した、他の男の子は考えられなかったんですと。しかしストック・フィルムを使ってスタッフは5人だけ、スタイリストもなし。と言う状況でよくこんなすごい映画作れたものです。いや、だからこそ、このエネルギーこのスピード感、なのでしょうか。

ネタバレ注意!

映画は中国返還前の不安定な心理状態にある香港そのままに未来の見えない若者たちの心を表しているのでしょう。重い腎臓病の16歳の少女、知的障害者でいつもいじめられている男の子、家族に見放され、ただ一人で生きていかねばならない主人公チャウもそういった香港そのものを具現化しているのでしょう。それにしてもチャウたちは立ち止まったりせずいつも何かを求めてさまよい歩いています。障害者のロンは病気の少女がエレベーターで上がってくるだけで鼻血が出ちゃうし、明日をも知れないペンすらぱっとスカートをまくってロンに鼻血を出させて喜んでいます。ラストについては何だか悲しくなってしまうのだが、勿論3人は香港の具象化であるから、返還によって香港がなくなることを暗示しているのだろう。毛沢東の言葉による「生気はつらつとしている若者」と言うのは香港を示してるわけで。じゃ、香港が本当に死んじゃったのか、というと現に存在しているわけだしね。この映画は香港でとても受けたそうだけどまさに自分たちをこんなに魅力的に表現されてるわけで当然の結果なのでしょうね。

一応最初のお題のキム・ギドクと似てるのか、なんだけど昨日は似てないっていったけど、やっぱり似てるのかもしんない(笑)ていうか確かに表現や明るさなんかは違うんだけど、その芯の部分が通じているのではないか、と思いました。
posted by フェイユイ at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「メイド・イン・ホンコン」フルーツ・チャン  前半

メイドインホンコン.jpg

何故急にフルーツ・チャンかというと、この前の「1:99電影行動」で石公さんに「これからはもっと香港モノを観ます!」と約束したのもあるし、キム・ギドクについてshitoさんが「北野武というよりフルーツ・チャンを思わせる」と言われて、私は「私もそう思います!」といったくせに実はもう「メイド・イン・ホンコン」ってどんなだったっけ?(す、すみません)と言う有様で(「ドリアン・ドリアン」と「ハリウッド・ホンコン」「パブリック・トイレット」はよーく覚えてます!あと「餃子」!)慌ててレンタルしました。

で、前半みたのですが、こんなによかったんだなあ。あらためて、フルーツ・チャンが好きに。前半見てての感想としては、意外とキム・ギドクじゃないなと思いました(ひゃは、shitoさんごめんなさい)底辺を生きる人々・若者、汚い感じ、ぎょっとするような暴力表現という同じ題材を扱っては、いるのですが、その映画の中に溢れてるリズムや雰囲気は明るくてすごく楽しい。友達や親との連帯感が全然違うのです。サム・リー演じるチャウはすごく友達思いでやさしくて行動力があって全く自分を惨めに感じていません(ああこのサム・リーの魅力的なこと!こんなに痩せた身体が素敵に思えたことってない!このサム・リーを見た人はみんなそう思うんだろうな。いつもパンツを低く下げてはいてるんで腰のなんというのか付け根の線がくっきりと見えててものすご色っぽい。頭の弱い友達(子分?)のロンが学生たちに痛めつけられてるのを助けてやり汚れた体を洗ってやるシーンなんてすごくいい)

似ていると思わせるのに何か違う。それは韓国人と香港人との違いなのでしょうか。フルーツ・チャンが描くと画面には熱気や汗、匂い、いつもがやがやとうるさい音、が溢れています。また、はっきりとした話作りをするキム・ギドクと違って陳果(こっちが短かったw)はぐちゃぐちゃと話が混ざり合ってるようでおもしろくて大好きです。私としては陳果の映画のほうがとても映画としての楽しさに満ちている、と思います。

別に比較せずともいいのですが、ここではあえて好きな二人の監督を比べてみました。かいつまんで言うと同じような曲を弾いてはいるがその音色は全く違う、というような。
でも、解りませんね。ここまであくまで前半なので後半を観てまた感想を続けたいと思います。
posted by フェイユイ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。