2005年07月20日

そしてまた「頭文字D」のこと

藤原.jpg

久し振りに左下に貼ってる「イニシャルD」のバナーを押してみたら、しげの秀一さんのインタビューが。しげのさんの顔も初めて拝見しました。かっこいい人なんですね。びっくり。「イニD」読んでたらものすごい美形びいきなので(ハンサムな人は頭がよくて技術も上。かっこ悪い男は皆心根も悪いのじゃ)どんな人かと思ってました。多分、高橋涼介のような方なのでしょう。かっこええ。

でもって「イニシャルD」の映画作品については、走りの部分はすごくよくできてる、と言われてる。おお、そうか、やはりあの走りの映像は先生がみても納得なのね。では、他の部分はどうなのさ(笑)ということもあるが、マンガだってそうだけど殆ど走ってる映画だもの。多分一番ひっかかったのは夏樹の部分なのでしょうか。いや、それとも案外高橋涼介と拓海の関係かな、と思ったりもして(笑)ここんとこはマンガの(まだ途中までしか読んではいないが)キモだと思うんですがね。二人が互いに惹かれあう、という。

そして周杰倫については「素朴ですごくよかった。好きになった」と仰ってくださった。そ、素朴。確かに素朴です。中華圏を代表するスターなんですが(汗)「群馬の山の中にいそうな少年」だとも。くーっ。私としてもあまりにガソリンスタンドの制服が似合っててたまんなしし、畳の上にいるのが、何の違和感もないのだよね。そこにいた少年を香港スターの中に混ぜて作ってしまったような。それがジェイの演技だとしたら、すげーことだが。多分、地。でしょう。

なんかあんまり応援の文章ではないな。せめて「頭文字<イニシャル>D THE MOVIE avex side 」をご紹介。こちらでも予告編ありますので、是非ごらんあれ。
posted by フェイユイ at 23:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセス4万突破において感謝!!

恒例の感謝と報告です。このブログは去年9月に始めたので、もう少しで1年ですが、この時点でまさか、4万ものアクセスをいただけるとは思ってもみませんでした。これも皆様のおかげでございます。

最近の「藍空」の検索傾向は、「天龍八部」ですね(笑)リウ・イーフェイ検索がこれに続く。ほんとにうれしいことです。

時々、ふっと「ブエノスアイレス」(「ククルクク・パロマ」がらみ多し)が来るのもうれしい。

周杰倫及び「イニシャルD」に対してもかなりのアクセスをいただいてます。これは私としては「イニシャルD」9月の日本公開についてまたジェイのCD発売について落ち着いてはいられません。何だかどきどき。うれしいやら心配やら。映画自体はすでに見てしまったのでその出来上がりのすばらしさは確認できてるわけですが。映画ファンだけでなくジェイファンだけでなく原作「イニシャルD」ファンや車好きの人たちも多く観てもらいたいなあ、とひたすら願ってます。ジェイだけでなくエディソン・チャンやショーン・ユーの人気も上がると思うのですよねえ。すごくかっこいいのだよ。

ということでこの夏は「イニシャルD」応援活動、以前観た映画のリヴァイバル鑑賞、「天龍八部」、もう少しの「西太后の紫禁城」を観終わりたい。そしてその他色々、と相変わらずのラインナップでやっていきたいと思います。

暑い日が続きますが、皆様お体に気をつけてまた「藍空」をみてやってくださいませ。

と、関係ない話ですが、パソコンにとんと無知な私(何でもだが)最近になって自分のパソコンのスクリーンセーバー選択で「マイピクチャスライドショー」と言うのがあるのを知った。
これは楽しいですねえ。画面が切り替わると大好きなジェイやその他の写真が次々。これが出るのが楽しみに。やばいような写真は取ってないので慌てることもないし・・・ん、確か一つだけここには出してない(当たり前)全裸のブラッド・ピットの写真が。誰か見てるときでたら困るなあ。
posted by フェイユイ at 18:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

興奮の夜!映画「頭文字D」を観てしまった!!

D.bmp

これはすごいよ!少なくともドリフトバトル見たい奴なら必見!すごい迫力。しかもほぼ全編に渡ってバトルシーンが繰り広げられる。香港映画がいかにすごいか、かっこいいか、興奮しちゃうよ。

役者陣もまたいい!なんといっても最高なのがアンソニー・ウォンの文太パパ。かっこいいっす。原作と違ってひどい飲んだくれのしょーもねー親父なのだが、これがアンソニー・ウォンがやってるとすごくいい。狭くて天井の低い日本家屋でへべれけになってる姿はとても香港人とは思えない。下駄を履いてカラコロも決まってて、さすがにハチロクに乗ったときは「おいおい、下駄で運転?」と思ったらちゃんと脱いではだしでアクセル踏んでました、ってそれもNGでしょー。
しかし考えたら飲んだくれという設定にした方が拓海が中学生から豆腐配達を車でしなければならなかった説明がつくね。(そういう問題か)

それにやっぱ、エディソン・チャンとショーン・ユーの両雄。もうめちゃかっこいいって。ファンならもう絶対見るべし!エディソン・チャンってかっこいいねえ。しかし私はもうショーン・ユーに見とれてましたわ。素敵(誰のファンなのかわからないな私)

ジョーダン・チャンも決まってたし、イツキ役のチャップマン・トゥもがんばってましたあ。

で、一番大事なジェイ・ジョウですが、ジェイはやっぱりジェイ、という堂々とした演技でありましたね。拓海自身がぼーっとした男の子と言う役で無口でオクテという設定なのでジェイにぴったりだし。アンソニー・ウォンをはじめすばらしい香港映画人が普通の男の子という感じのジェイをめちゃめちゃ引き立ててましたね。そのすごさは涙出るくらいです。だって、ジェイがほわわーんとした感じでやってても彼らが締める締める。いやあ、本当の役者さんというものの存在感はものすごいです。

とはいえ、ジェイがやった拓海はなかなか誰でもやれる役じゃないと思う。特にファンなら拓海に対してものすごくイメージあるわけで変に役作っちゃう人より自然なジェイを選んだのはよかったんじゃないだろうか、とまー、ジェイ・ジョウ迷である私が冷静な目では見れませんよ。私はそう思った。

とにかく狭い日本の家の階段を文太パパを抱えてあがるシーン、なつきからキスを迫られるシーン、そしてバトルシーンと、ジェイの魅力は存分に発揮されていました。

しかもジェイの歌もすごくかっこよくてもうおいしいもの圧縮されてましたあ。

おかしかったのはジェイのバトルシーンの一つ。ジョーダン・チャンが相手の時、ジェイが南葛のTシャツ着てる。キャプテン翼か。日本って言ったら香港では「キャプ翼」なのね、まだ。

すごい、と思ったのの一つは夏樹の切り方。ウーム、さすが、香港映画。ばっさり切ってくれましたな。終わり方がものすごい。

しかし、見たのにナンだけどこれはやはり劇場で観よう!私もでき得る限り劇場でまた観たい!そしてそれまで何回もこれ観るよ!!

我慢できず買ってしまった、「イニシャルD」のDVD。待ちきれませんでした。ついDVDを売ってるのを見てしまったので即、購入。しょうがないさね。

大陸版なので普通語で会話しています。しかし拓海の声はジェイの声のようです。

こんなに真剣に映画観たことないくらい必死で観てしまった。やっぱジェイ・ジョウかわいいよおおお。

posted by フェイユイ at 00:46| Comment(5) | TrackBack(32) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。