2005年09月06日

天龍八部第31集

ashi.jpg
阿紫

yuu_tansi.jpg
游担之

果たしてそれまで虚竹をしっかり罰してくれてた縁根は途端に虚竹にひれ伏し酒を注ぎましょうか、町に遊びにいきませんか、とおべっか使い。この坊さんもちょっと困りものですよー、少林寺の品格が失われるって。自分を罰したい虚竹はあっけにとられていると方丈様から集まれという合図があった。(しかしここで縁根が足かせをはずしましょうと言って鍵がないので困っていたら私がやりましょう、と手で鎖をちぎってしまった虚竹。その力はすごい事になってますね)

方丈様の下に皆が集まっているとあの吐蕃国の国師・鳩摩智がやってきてもう少林寺の地位は落ちたから無くしてしまえと無茶を言う。さすがに僧たちも顔色を変えるが達人である玄寂が技比べで負けてしまう。そこへ虚竹が戦いを許され鳩摩智と競う事になる。そこにまた梅剣・竹剣が助太刀に来たものだから、鳩摩智は女が少林寺は女がいるのかと侮蔑する。たちまち力を失う虚竹(だから困るって)

仕方なく方丈は虚竹に師匠の分まで含めて130回棒叩きの罰を申しつけ、虚竹は素直にこれを受け入れる。だが、破門だけはお許しくださいと頼むのだった。

そこへ丐幇の全冠清と游担之が各地の武芸者たちに出した知らせで次々と人々が集まってきた。またその噂を聞いて是非少林寺と他の武芸者の力比べを見たいと言う者たちが続々と集まってきた。彼らはやはり武林では少林寺が一番強いはずでその少林寺に戦いを挑むということで興味津々なのだった。

やって来たのは丁春秋、まだ残っていた鳩摩智、段正淳と阿紫の母・阿星、そして段誉も駆けつけ久し振りの父親との再会に喜んだ。さらに段延慶ら四大悪人。慕容復・王語嫣一行。無論、丐幇の面々。游担之と阿紫も到着した。阿紫は目が見えないが丁春秋が来ているということで仇が討てると大喜び。丁春秋も阿紫に戦いを挑んだ。が、阿紫の前に游担之が飛び出し、丁春秋に挑みかかる。が、游担之の繰り出す技は阿紫から教えられた星宿派のもの。これには
丐幇たちが幇主が他派の技を使ったと不満を持つ。そして丁春秋と互角に戦ったものの阿紫を捕まえられ突然丁春秋に平伏して許しを請いだす。丁春秋は阿紫の命が惜しくば弟子になれと言い、游担之はすぐに承知する。丐幇の幇主が星宿派の弟子になったとあって丐幇たちますます不満が高まる。
さらに丁春秋はでは少林寺の方丈と戦えと命令し、阿紫を失いたくない游担之は言われたとおり方丈に向かって言う。「戦って勝った方が武林の盟主になる」方丈は今まで何百年と少林寺と丐幇は仲良くしていたのになぜ戦うのだ、それにあなたはもう丐幇でなく星宿派であろう。星宿派は西域の門派で武林のものではない。従ってあなたに盟主の問題は関係ないと言い放つ。
この言葉に段正淳が賛同した。

武林の英雄が続々と集まり緊張感が高まっていきます。それにしても全冠清がなぜ游担之を推しているのか。全くの部外者で仲間の賛同を得られるはずもなし。毎度のことながら游担之のエムに徹した態度は恐れ入ります。

それにしても虚竹が師匠が30回の棒打ちになるのを自分で引き受け、破門だけはお許しくださいというところは泣けました。虚竹には少林寺が家、師匠たちが親なのですから、悲しいことだと思います。

出演:胡軍(蕭峯)ジミー・リン(段誉)リウ・イーフェイ(王語嫣)高虎(虚竹)申軍誼(丁春秋)馬浴柯(游担之)修慶(慕容復)陳好(阿紫)周冰清(梅剣)周玉[さんずい吉](竹剣)
 
posted by フェイユイ at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 天龍八部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天龍八部第30集

気が合い酒を酌み交わす段誉と虚竹。虚竹は酒の戒めも破ってしまい、酔ってしまう。段誉は「ここに蕭峯兄さんがいたら3人で兄弟になれるのに」これを聞いた虚竹、「では先に二人で兄弟となりましょう」ということで段誉と虚竹は義兄弟の契りを結ぶこととなった。

やっと蕭峯の名がでてきましたね。しかも3人兄弟となる約束を。蕭峯が大兄、虚竹が次男、段誉が末っ子です。

立派な寝台で目覚めた虚竹。そばには可愛らしい梅剣・竹剣が着替えを持って待っている。着てみるとまるでロックスターの如き華々しい衣装である。
段誉はすでに霊鷲宮を出たということで虚竹はたくさんの美女にかしずかれて暮らす事となる。虚竹が断ると気に入らないのですかと言って泣き出すのでどうしようもない。
約束どおり三十六洞七十二島の者たちの生死府を解いてやった。この虚竹の骨身を惜しまぬ行為を見て私が思ったのは「気持ちよさそう」であった。肩こり体質なので、こういう肩をもんでいるような(肩はもんでない)場面を見ると気持ちよさそうでしょうがない(虚竹の技を按摩に使うなー)あの蕭峯が阿朱の身体を直してあげてるときも背中をばんとするのが気持ちよさそうで、やってもらいたかった(そんなのに内功使わされたら蕭峯も泣くよ)
さらに虚竹だけが入れる部屋で修行も続けたが、虚竹の心には満たされないものがあった。ついに虚竹は伸びていた髪を自ら削いでしまい、衣も元に改める。そして女たちに「孤児であった自分は少林寺に拾われ育ててもらった恩を忘れる事はできない」と少林寺へ戻る事を伝える。全く夢のような豊かな生活を捨てて坊主に戻るという虚竹なのだ。
女たちは皆悲しみいつでもお戻りください、とお別れを言う(あの天山童姥に仕えたことを思えば虚竹に仕えるのは極楽ですよね)
だが、可愛い梅剣・竹剣はこっそり旅支度をして虚竹の後を追ったのだった。

厳しい少林寺へ戻れば、戒律を犯した虚竹は思い罰を受けるのは覚悟の上。戒律院の掌律長老が忙しい為、虚竹は罰を受けるまで肥やし汲みをしていなさいと言われる。
菜園に行くとそこに縁根という年配の僧がいて虚竹に足かせをし、薪割り、肥やし汲みと命令しその上、棒で容赦なく殴りつける。だが、許しを得たい一心の虚竹はひたすらに仕事をこなしていくのだった。
しかし、それを見守っていた梅剣・竹剣の二人は大事な主人をひどい目にあわせている縁根が歩いてるところを捕まえ、それこそひどい目にあわせ、目をえぐられたくなかったら、言う事を聞け!とどやしつける(うーむ、可愛くて主人思いはいいけれど、虚竹は坊主に戻りたくてがんばってるのだから却って困るんだけど。でも可愛いからなー)
 
一方、慕容復は西夏国が養子婿を募集しているのを知り、それを機に燕の復興をとまた考える。従者たちも賛成するのだが、何だかちょっと女性的な復興作戦ですね。ここまで必死というのも偉いものです。ただお婿にいくと王語嫣に言うわけにもいかずとりあえず王語嫣を故郷の姑蘇へ帰すことに。ところがそこにまた段誉が現れ、一行についていく事に(段誉も偉いもんだ)

そして久し振りの蕭峯(やっぱりかっこいい!←節操なし)は丐幇の一人を捕まえ、その後の丐幇の様子を聞く。男は喬峯かと驚き,蕭峯はきまり悪げ。男は新しい幇主が決まった事を教える。そして阿紫という凶悪な女が一緒だとも。阿紫と聞いて蕭峯は驚く。男はさらに新幇主が各地に知らせを出して武林の盟主の名をかけて少林寺で戦おうとしている事を告げる。それは全冠清が游担之に天下を取りたくないかとそそのかした結果であった。

虚竹が髪を剃って坊主頭に戻したのを見てなんて清い人なんだろうかと見とれてしまいました。いつものように強情と言ってしまってもいいのですが、虚竹はやはり少林寺の人なんだなあと思って。それにずっとお寺の人たちを父親とも兄弟とも思って育っているのですから、寂しかったんだろうなあとも。虚竹の少林寺への強い思いはじんとします。

出演:胡軍(蕭峯)ジミー・リン(段誉)リウ・イーフェイ(王語嫣)高虎(虚竹)申軍誼(丁春秋)馬浴柯(游担之)修慶(慕容復)陳好(阿紫)舒暢(天山童姥)謝雨欣(李秋水)
posted by フェイユイ at 19:04| Comment(19) | TrackBack(0) | 天龍八部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高虎ファンクラブ(うそ)第三弾!

虚竹2.jpg高虎5.gif高虎2.jpg高虎3.jpgおでこ高虎.jpg
大サービス!

高虎さん、調べていたら、とても大変な事があったようで彼の人気にも関係すると思うのでここでは書きませんが(それほど正確に訳することも出来ないし勘違いしてたら困るので)いくつかソース貼ってますので興味がある方はご自分の判断の上で覗いてください。

私生活のことは人によって受け止め方は違うでしょうが、その役者としての魅力は皆さんが認めるところだと思います。特に虚竹の彼は可愛くて誠実でとぼけてて愛さずにはおれません。

これからもますます活躍して欲しいですね。

虚竹アップ

一石二鳥

「神雕侠侶」

高虎
posted by フェイユイ at 14:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 高虎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。