2005年09月07日

天龍八部第32集

kyou_hou.jpg
蕭峯(喬峯)

ashu.jpg
阿朱

少林寺の方丈は「少林寺は戦いを好まないがあなたが戦いを挑むというなら受けてたとう」と自ら游担之と戦いだす。だが、またもや游担之は星宿派の技を出すので丐幇らは憤慨し降龍十八掌で戦えと騒ぎ立てる。阿紫を捕まえた丁春秋は「星宿派こそ降龍十八掌より優れているわ」と言い返す。
「降龍十八掌より星宿派が強いだと」と朗々たる声が響き渡る。その声の主は蕭峯その人であった。十数騎の馬が疾風の如く現れたのだ。そして阿紫が丁春秋に捕らえられているのを見てまさしく降龍十八掌・亢龍有悔を打ち込んだ。卑怯にも丁春秋は阿紫を盾にした。飛び込んで蕭峯は阿紫を抱え揚げ、丁春秋だけが蕭峯の拳を思い切りあび飛び上がる。
この蕭峯の登場はまさしく英雄(ヒーロー)の威厳があり、堂々としていた。阿紫でなくとも惚れ惚れします。
蕭峯は人混みの中に段正淳・阿星の姿をみつけ阿紫を預ける。段誉が久し振りの義兄弟の対面で喜ぶと蕭峯もこれに答えた。が、群集は蕭峯の出現で騒然とし始めた。蕭峯を仇と思う者の声が高まってくる。少林寺の僧らも玄苦を殺した犯人と信じて蕭峯を恨みここで帰してはならじと囲みを作る。聚賢荘の戦いで身内を殺された者も多い。そこに丁春秋、游担之、そして慕容復までが「ここで皆に恩を着せておけば後で燕復興に役立つ」と蕭峯と戦わんと思い立つ。蕭峯は「北の喬峯、南の慕容」の相手と出合った喜びを示すが慕容復は「中原武林の為、お相手いたす」段誉はこれをとりなすが慕容復は却ってこれに憤懣をぶつけた。

かくして少林寺に集った英雄が蕭峯を取り囲むことになった。しかも3人の武芸者が同時に蕭峯と戦うというのだ。しかし段誉と大理の段正淳たちは恩のある蕭峯を手助けしようと決意する。

蕭峯は大笑し、酒の入った皮袋を取り上げ、「さあ、酒を飲もう!」と部下らに渡しはじめた。段誉にも「兄弟」と酒を渡す。「そなたと契りが交わせてよかった。心ゆくまで飲もうぞ」そこに虚竹が「私も入れてください」と駆け寄る。
段誉が「3人で義兄弟の契りを結びたいのです」突然のことだが、蕭峯はこの大勢の敵のなかで義兄弟になるという男の心意気に打たれ、では、とひざまづく。3人の義兄弟の誓いの声が響き、皮袋から酒を浴びるように飲み干した。
虚竹は丁春秋を指し、「この星宿老怪は私の師父・師兄玄難大師と玄痛大師の仇なのです」と言って打ってかかる。驚いた蕭峯だったが二兄・虚竹の巧みな掌法と内力に感心する。
戦いを見守る段正淳・阿星、慕容復の家来も虚竹のその舞い姿にも似た美しい逍遥派の戦いに思わず見とれる。
蕭峯は慕容復と游担之を相手にし、さすがに体力を消耗するのは目に見えている。段誉は人影に隠れていては義兄弟ではない。と蕭峯を助けるため慕容復に呼びかける。すぐに慕容復に踏みつけられてしまうが段誉は参ったとは言わない。段誉にまさに刀が打ち降ろされるかという瞬間。そこへ息子を案じた段正淳と師匠を案じた南海鰐神が慕容復を打ち返す。
慕容復が父・段正淳に一撃を与え、父が血を吐くのを見て段誉は怒りで思わず「六脈神剣」を打ち込む。
仁義を旨としてきた丐幇の数百年の侠名を汚した游担之を蕭峯は蹴り落とした。そして慕容復との戦いに難儀している段誉に「一手に絞れ」と助言する。うなづいてたちまち段誉は六脈神剣を鋭く発し、慕容復の剣を打ち砕く。段家の凄まじい技を見た蕭峯は「阿朱はこれを心配して俺を止めてくれたのだ」と思う。(ここで阿朱の深い愛を感じた蕭峯。なんてかわいそうなのだろうか。かけがえのない人は戻って来ないのだ)

虚竹のもとに霊鷲宮の女たちが駆けつけ「ご主人様、生死府をお使いください」虚竹は渡された酒を用い氷片を作って丁春秋の口に生死府を打ち込む。たちまちたまらないかゆみに襲われる丁春秋。

段誉は慕容復に六脈神剣で襲い掛かる。だが従兄を心配した王語嫣の「ご容赦を」の一言に手を止めてしまう。が、その隙に慕容復が段誉を攻めた。それを見ていた蕭峯は「命の恩人になんと卑劣な。殺す気も失せたわ」と慕容復の身体を持ち上げ、投げ飛ばした。
屈辱に慕容復は刀を取って自害しようとする。

その時、空を飛んで一人の顔を隠した男が現れた。「燕の血筋をここで絶えさせるのか」慕容復ははっとなり、「浅はかでした。よくご指摘くださった」とひざを折る。「偉業には艱難辛苦があるものだ」そして蕭峯に向き直り、「ご教授願いたい」が、また一人の顔を隠した黒衣の男が舞い降りてきた。蕭峯はこの黒衣の男がかつての恩人と見抜いた。
二人は揃って顔を隠しており、数十年と少林寺に身を隠していたと言う。そして捜し物がやっと見つかったと言うのだ。

虚竹は方丈の言葉で丁春秋に解毒剤を与える。その薬は三日効き、三日後にまた薬をもらえるかは自分次第、と梅剣は言い渡す。丁春秋の手下どもはボスの無様な負け様にあっという間に寝返って虚竹たちに平伏する。

戦いが終わり、虚竹は言い渡されていた棒叩きの罰を受けることになった。大勢が見守る中で虚竹は肌を表し僧たちから棒で罰を受ける。その背中には整然と九つの焼き痕が並んでいる。それを見て飛び出してきた女がいた。四大悪人の一人「無悪不作」葉二娘であった。「その焼き痕は私がつけたのだ。お前は私の息子。本当の息子を今見つけた。誰がこの子をさらったのか」「私だ」と出てきたのは先程の黒衣の男。「この子の父親は誰だ」「それは言えない。あの人はいい人で、お金もたくさんくれたのだ」まわりにいる者たちは皆、段正淳を盗み見る。段正淳も己の胸に問い詰め、出合った女の一人か?もしそうなら例え名前が地に落ちても償ってやらねば、と思いやる。

ものすごい一話でした。大感動の蕭峯登場。目を見張る武芸のやり取り。蕭峯の阿朱への思い。友情・親子の愛・師弟の愛に感激し、蕭峯・段誉・虚竹の魅力を堪能し、虚竹がそれでも罰を受ける所まではもうひたすら大感動の嵐だったのですが、虚竹の身体にすごく大きな焼き痕があってそれが実の母・葉二娘のつけたものというのはもうあんまりひどすぎのような。自分の子供なんだからせめて目立たぬとこに一つにして欲しい(泣)阿朱たちの「段」くらいならまあいいとしてもだね。段誉にしてもここで阿紫が妹と気づきがっくりしたすぐ後にまたもや父への疑いが。果たしてどうなりますやら。突然の大波乱に混乱しつつもここで一旦筆を置きます、というかキーを離します。
posted by フェイユイ at 21:43| Comment(16) | TrackBack(0) | 天龍八部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。