2005年09月12日

「南極日誌」再挑戦その2

完璧と言える導入部30分を越えたあたりから疑問が少しずつ生じてくる。

まず具合の悪くなったジェギョンを隊長がミンジェに任せたと言って歩き出す。ここでミンジェ自身も自分を失ってしまい、ジェギョンがどこに行ったのか解らなくなる。
隊長とミンジェをテントに残し他の3人がジェギョンを捜しに後戻りする。
素人考えなのかもしれないが、後戻りして捜しに行くくらいなら最初から橇にジェギョンを寝かせて皆で交代に引っ張ったほうが効率的では。かなり時間と労力の無駄である。
隊長の精神が次第に狂っていく過程でもある。が、他の者もすでに冷静ではないのだ。後で後悔するのだが、ここで隊長を放って逃げ出しておけばよかったのだろうが、隊長だけでなく皆も到達不能地点へたどり着きたいという欲望はあるのだ。が、映画として隊長一人が悪者になってしまうよう感じさせてしまったのもまずかったのかもしれない。

そして隊長の精神のぶれを失ってしまった子供の霊によって表していく。たびたび見える人の影。お父さんと呼んで振り返る顔のない子供。クレバスに落ちてしまったキム・ソンフンの身体にしがみつく子供。そして隊長はキム・ソンフンを助ける綱を手放してしまう。それを見て隊員たちは隊長への信頼を失っていく。ミンジェはつぶやく。「見たことを全て信じられるのか。ある種の状況や環境で何かに魅入られた如く錯覚する事もあるでしょ」
日誌には何が描かれているのかよく解らない闇のように塗りつぶされた頁があった。そこに何かが描かれているようにも見えるのだが、よくは解らないのだ。

この日誌を扱う場面はとても恐怖が滲み出してきてすごく恐いと思う。出来るならこの日誌からくる恐怖だけでやって欲しかった。
子供の霊が出てくることに疑問を感じるのは、何故だろう。一つはそれがこの南極で起きたことではなく他所で起きたことを引いてきているのでそれなら別に南極に来なくても充分苦しむべき事柄だからではないか。
実の子供と隊員を子供同然ということで重ね合わせているのだと思うが例え子供を失った事が隊長の精神を狂わしていってるのだとしても映像で見せないで見るものに想像させたほうがよかったのではないか。昨日も言ったようにソン・ガンホの演技なら充分表せたと思う。それに子供の霊というのがあまりに痛々しくて映像として見せて欲しくないものということもある。映画を観て感じさせられる恐怖がこの極限状態でのものなのか、ただ可愛そうな子供のせいなのか、わからなくなってしまうのだ。
また、導入部ででてきた手はなんとなく大人の女性の手のように見えたのだが、何故なのだろう。それもややちぐはぐさが残った。

この第二の部分が観る者に不可解な印象を与えているように思える。
posted by フェイユイ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「南極日誌」再挑戦その1

昨日は気になったまま終わった「南極日誌」もう一度観てみることにした。一体何が「うむむ」だったのか、そうでないのか。挑戦してみる。

まず前半30分。すばらしく出来のいい導入部ではないか。
余計な話、例えば探検の前の話や家族の話などがなくすでに探検隊6人は南極にいる。途中で過去の映像が流れたりしないのでかったるさがない。
すんなりと6人の紹介がある。最年少隊員ミンジェ(ユ・ジテ)彼の目を通して物語りは語られていく。そこも話に入りやすく解りやすい。彼が憧れ尊敬するのが隊長チェ・ドヒョン(ソン・ガンホ)である。いつものソン・ガンホとは違う寡黙で孤独な感じの男である。副隊長のイ・ヨンミン(パク・ヒスン)眼鏡をかけているクールな2枚目という感じ。GPSと地図を担当する彼も何か孤立した感がある。ヤン・グンチャン(キム・ギョンイク)食事担当。一番明るい印象の人。ミンジェにもやさしい。キム・ソンフン(ユン・ジェムン)通信担当。ソ・ジェギョン(チェ・ドクムン)ビデオ撮影担当。そしてイ・ユジン(カン・へジョン)ベースキャンプでの通信などを担当している若い女性。以上7人がこの映画に出てくる生身の人間では全てである。

まず主人公である若い隊員ミンジェの足元が突然崩れ深いクレバスの中に彼は落ちてしまう。このときドヒョン隊長はすぐさま彼を救い出す。隊長はミンジェが尊敬する男だという説明になる。ミンジェはまたグンチャンに打ち明ける。テレビでエベレスト登頂をした隊長を見て憧れこの隊に入ったのだと。

隊はある日、日誌を埋められていた日誌を掘り出す事になる。それは80年以上前のイギリス探検隊のものらしかった。長い間に紙が張り付き不鮮明ではあったが、絵や文字が描かれている。隊長はその日誌を一番若いミンジェに託す。ミンジェは時間を見つけては日誌を見てみるのだった。グンチャンが興味を示してそれを覗き込む。絵に描かれた隊員は自分たちと同じ6名。さらにミンジェはグンチャンに後ろ向きに座る男の絵を見せ、なぜ後ろ向きを書いたんでしょう、と訊ねる。それにこれは隊長の後姿に似ていませんか。もしかしたらこの映画の中でもっともぞっとする場面かも知れない。無論グンチャンは冗談を言うだけだった。

その後、昨日こぼしていたホラー的映像場面がある。何か影のある隊長ドヒョンが後ろ向きに(!)座っていてビデオ担当のジェギョンがその様を映していると「ん」と彼が思うのだ。彼ははっきりわからなかったのだが、画面には真っ白な氷原から隊長の方に透き通るような手がさしのべられているのだった。だが、ここはまだ導入部なので「なにかあるのだろう」という期待を持たせるものなのであってここではそんなに疑問ということは感じなかった。

氷原を等間隔でスキーをつけて歩いていく6人の男たち。私はなぜだかこの場面が妙に気持ち悪くてそれが思い込みなのか計算された事なのかわからないのだが、先程の手の映像よりよほどこの歩いているシーンが気持ち悪いのだった。

そしてソ・ジェギョンが倒れてしまう。南極にはウィルスというものがないのにその症状は風邪の様だった。ここでまた一つの謎が生まれる。そしてそれが隊の運命を狂わせて行く。
posted by フェイユイ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスリー、お誕生日おめでとう!

もう一度逢いたくて.bmp

今日はレスリーの誕生日でした。
レスリーに出会わなかったら今のように香港・中国映画を観ていなかったはずです。韓国映画も観なかったかもしれない。
思えば彼はどれだけ多くの人を感動させ夢中にさせていったことでしょう。彼の演じたたくさんのすばらしい作品は今でも輝きを失いません。
これからもきっとレスリー・チャンのファンは生まれ続けると思います。
posted by フェイユイ at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | レスリー・チャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。