2005年09月14日

西太后の紫禁城第28集 結婚

何だかとても興味深い一話でしたよ。

元六さんの家に隠れていた茶水章(章徳順)さんは「とても吟児を置いては逃げられない」と渋る栄慶を説得して危険を顧みず紫禁城に戻って吟児に会いに行く約束をする。

かつて使っていた通行証を見せて茶水章は紫禁城に入り狭い建物に閉じ込められた吟児に会いに行き、小さな隙間から声をかける。栄慶は無事で日本に渡ることを伝える。吟児は彼の子を死なせてしまった、と泣く。茶水章は栄慶が何年でも吟児を待つと言っていると伝えた。そこへ李総監がやってきて容赦なく茶水章を捕まえてしまった。

茶水章は皇太后の前で申し開きをする。李総監は掟により撲殺を勧めるが皇太后は殺すには忍びない、と今度は吟児を呼び出す。お前たち二人は互いを思いやっている。結婚するがいい。こうして宦官である茶水章と吟児は結婚する事となった。

部屋で茶水章は李総監はじめ多くの者に囲まれて花婿の衣装を着せられていた。「花嫁が着たぞ」茶水章はしきたりを踏んで結婚するように、と花嫁の輿に向かって弓矢を射ることを言い渡される。しぶしぶ吟児の輿に矢を射る茶水章。続いて花嫁は鞍を乗り越え、繁栄を願って火を飛び越えろとはやしたてられる。ためらう吟児を茶水章が抱きかかえて火を通りぬける。

こういう儀式があることを私は知りませんでした。当ブログのキム・ギドクの「弓」で老人が結婚相手の少女に弓矢を射るシーンがあるのですが、私は単に男性的性の表現だと思っていたんですが、結婚の意味があったのですね。また、日本の「潮騒」で女性が男性に火を飛び越えて来いといわれるシーンがあるようですが、あれも結婚の意味があるということなのでしょうか。

嫌がる茶水章と吟児を見世物に李総監らは結婚の儀式を続けてはやし立てる。とうとう吟児は気絶してしまった。

二人きりで部屋にいるのに気づいた吟児は茶水章が近づくのを怖れた。茶水章は仕方なく外に出る。吟児は意を決して茶水章を部屋に入れる。そして叔父さんとして仕えさせてください、と頼む。茶水章もそれがいい、こんな結婚などただの悪ふざけだ。生きていればいつか栄慶と一緒になれる。と言ってくれるのだった。

月日が流れ5年がたった。
栄慶は言葉通り日本・京都に来ていた。弁髪を切って短髪になってます。このとき栄慶が着ている服がはかまなのか着物なのか、妙に短い。背が高くてちょうどいいのがなかったのか(笑)まあ全体的にぐじゃっときてるんでもう少ししゃきっと着て欲しいんだが、和服ってあの緩み具合が難しいよね。そこへまるで日本人のような長髪で丸い眼鏡をかけた学生服の男がやってきて栄慶にわが同盟軍にはきみのように軍事に詳しい者が必要だ。一緒に戦おうと誘いかける。栄慶は自分は満州族だといいかえす。
男が帰った後、今度は女性が訪れる。和服を着ているが(変な着方ではあるが)なんと少格格ではないか。彼女は栄慶を慕って日本までやってきたのだった。だがもう帰って父のために働く、という。それを聞いて栄慶も一緒に帰る、と言う。小格格は喜んだ。

皇太后はすっかり体が弱りもう長くはない、と感じていた。そして皇帝もひどく身体を弱くしていたのだった。

北京に戻った栄慶は小回回を捕まえ吟児と茶水章の話を聞きだす。小回回は意地悪く暗に含めて話をすると栄慶が全くピンと来ないのであきれて茶水章が誰と結婚したと思うと聞くのだった。

まさか茶水章さんと吟児が結婚するとは。すぐに茶水章さんが自分は変なことはしないといって叔父と姪の関係でいようといってくれたのでほっとしましたが。

そしてまさか栄慶が日本・京都にやって来るとは考えもしませんでした。弁髪もなくなってしまいました。私が無知でこの辺の栄慶と学生のやり取りが説明できなくて申し訳ない。とにかくこの学生さんは清朝と対立する新世代の人間なのですね。
小格格も日本まで追いかけてくるのだから見上げたものです。

出演 スーチン・ガオワー、レネ・リウ、朱旭、ホアン・ハイビン
posted by フェイユイ at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 西太后の紫禁城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビCMで「頭文字D」を見た!

イニシャルJ.jpg
意味はなく「イニシャルJ」のCDです

あんまり私はテレビ見ないんでもう皆さんはとっくに見られてるのかもしれませんが、今日はじめてテレビで「イニシャルD」のコマーシャルを見た。

一度だけなんだけど、うれしいよお。なんだかすごくかっこよっかたぞ。9・17公開だもんね。私も全く行かない映画館に(笑)行くかもしれない(何年ぶり?)

posted by フェイユイ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

周杰倫:深セン公演はサプライズ?

ここしか見てないのか、と言われそうですが。めげずに。

しかし、「周杰倫:深セン公演はサプライズ?」と言われてもこれ見た人は知っちゃいましたね。
でもハチロクがそんなに気に入ってるなんて何だかうれしいぞ。宣伝もあるとは思うが(笑)

ベネチア映画祭で気に入った作品は、徐克(ツイ・ハーク)監督の『七剣(邦題:セブン・スウォード)』というのはいかにもジェイらしい言葉ですね。正直者だー。
posted by フェイユイ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

張国栄:生誕49周年、ファンが生前の映像に釘付け

レスリー華麗.jpgレスリーブラック.jpgレスリーレッド.jpg

やはりレスリーの誕生日には多くの人が集まったのですね。場所は香港会議展覧中心(香港コンベンション&エキシビジョンセンター)

みんな泣いていたんだろうなあ。

posted by フェイユイ at 01:27| Comment(5) | TrackBack(0) | レスリー・チャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。