2005年09月19日

西太后の紫禁城第29集 毒薬

小回回は吟児が茶水章(章徳順)と結婚した事をばらす。いい加減な事を言うな、と怒る栄慶。
栄慶は小格格を訪ねて高貴なものしか手にいれられない毒薬「鶴頂紅」を手に入れる。しかも強引なお嬢さんに言い寄られて栄慶は・・・。

小回回はすっかり女官の仕事を離れ洗濯をしている吟児のもとへ行き、栄慶が日本から北京に帰って来たと告げる。そして茶水章さえ死なせてしまえば、めでたく結婚できるぞ、などと言い出す。

その後で、茶水章は吟児に栄慶の話をするが、吟児は栄慶が帰って来たと言い出せない。茶水章は何とか栄慶の居場所を調べてやろうと懸命に話し、自分で心辺りに尋ねてみると言い出す。吟児が実は栄慶は帰ってきてるの、と話すと喜ぶ優しい章叔父さんであった。それならわしが会ってこようと言うと吟児は「彼にもう待たないで」と伝えてと言うのだった。

吟児は何年かぶりに皇太后からのお召しがあった。茶水章は城を抜け出るために立派な服に着替えて、通行証を持った。

皇太后の前に久し振りに出た吟児。皇太后は具合が悪そうで、息も絶え絶えであった。そして昔話をする吟児に蹴羽根をせよと命じられる。蹴羽根は以前にも占いに使われ、98回蹴ったことで皇太后の寿命は98まである、と喜ばれたのだ。だが、今回は全然練習をしてなかったせいもあるのか、18回止まりだった。皇太后はそれに清国が後そのくらい持つかを占っていたのだった。
皇太后は自らの死期と皇帝の死期を感じており、3才の身内を皇帝につけようか、と思案している。

茶水章さんはまず薬屋へ行って砒素を買った。一体何をしようというのだろうか。
それから、元六さんの家を訪ねる。元六さんは留守で栄慶がそこにいた。そして「結婚のお祝いだ」と言って料理や酒を用意していた。吟児の話をしようとする茶水章をおしとどめるかのように栄慶は茶水章に酒を勧めるばかりで、話を聞こうとしない。
栄慶のその様子に茶水章も聞く気があるのか、と尋ねる。栄慶が「これで最後の一杯だ」と差し出した杯には小格格から取りあげた鶴頂紅を酒に混ぜて茶水章に出す。長い間、皇太后に差し出すお茶係だった彼はそれが毒入りだとすぐに見破る。そしてどうせ砒素で死ぬつもりだったと喚く。突然はっとした茶水章はここで死ぬわけにはいかん、宮中で死ななければ、吟児が城をでられなくなる、と言い放って立ち上がる。栄慶は自分のしでかした事を後悔して泣き出す。

皇太后は吟児に茶水章との結婚は、でまかせだった、と言い、本当の恋人と結婚するがよい。と。

茶水章は亡くなった。毒のせいで。今までの恩を思い出して泣き出す吟児。
栄慶の家は皇太后から栄慶の今までの罪を許し、位を上げられ、吟児との結婚を許され、喜びにひたっていた。
栄慶の家では結婚のお祝いの準備に余念がなかった。

吟児は宮中を去る前に皇帝へお礼を言いに、池の中の皇帝の住まいへ赴くのだった。

出演 スーチン・ガオワー、レネ・リウ、朱旭、ホアン・ハイビン
posted by フェイユイ at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 西太后の紫禁城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『頭文字D』:初日動員ダントツ、興行成績10億円へ

ジェイ・娘子軍団.jpg集合ハ真.jpg並んで.jpg頭文字D−1.jpg下り最速.jpgイニD2.jpg

やったあ!!うれしい!!もううれしくてしょうがないよぉ。バンバン!

17日に日本で封切りとなった周杰倫(ジェイ・チョウ)主演の映画『頭文字<イニシャル>D THE MOVIE』が、好調な滑り出しをみせている、ということで。

私が観に行った18日・レイトショーでも来てはいけないお子様を含めカップル、親子、コアな雰囲気のお一人様(ハンサムだった)などなど幅広い客層でしたね。

映画館で観る「イニシャルD」はスピード感、迫力、音楽、が溢れ出してくるすばらしさで観る者を惹きつけて離さない。また心に残る青春群像劇でもある。
かっこいい音楽と相まって車の持つ音、あの音がかっこいいんだ。

原作「イニシャルD」のファンの方、アニメで好きだった方、ハチロクファンの方、香港映画ファンやジェイ・ジョウファンは勿論、エディソン、ショーン、アンソニーファンの方、チャップマン、ジョーダンファンの方、鈴木杏ファンの方、とにかく車やバトル好き、かっこいいのが好きな人、これは絶対観るべき価値あり、だよ!!

後、老婆心ながら申し上げるが、主人公拓海をやってる青年は中華圏を代表するミュージシャンで台湾人の周杰倫(ジェイ・チョウ)、監督や多くの俳優さん(親父役、涼介始めライバルやたちの多数の人は(例外あり))香港人、岩城清次(リウ・ゲンホン)は台湾人、鈴木杏は日本人、話す言葉は広東語(中国語の中で主に香港で使われてる言葉)舞台は日本、撮影も日本(ほぼ)であります、念のため。画面に出てきた名前を見てもわかるが日本人も多く出演しており(特にドライバーさん(タカハシレーシング))アジア人ばかりなので判別は難しいが、まさにアジアの「イニシャルD」好きが集結して作り上げた作品なのだ。かっこええ。
絶対観るべし。
posted by フェイユイ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「頭文字D」をついに映画館で観た!!

ハチロク.jpg

とうとう「頭文字D」が公開されました。

普通の人には当たり前の話なんですが(笑)ついにこのブログ始まって以来、初めて映画館で映画見ました(爆)予告通り「イニシャルD」を映画館で観たぞ!!

やはりねえ、大画面で観ると違いますよ。ええ。もうさ、パソコン画面で観てたのとは違って自分自身が峠で拓海のバトルを見てるかの如くだものね。あのスピード感、あのスキル音、ギャアアア、キュイヤアアアアたまんないっす。
実際、カメラが車に近づいている迫力も凄いけど、遠く引いて、峠を走る車たちを映してる場面が好きでくねくねとした山道を車のライトが見え隠れしながら夜空にキュイヤアアアっていうのがよかったなあ。何だか悲しくなるような、何だか胸にぐっとくるものがありましたね。

そして出演者たち。もう書きましたが、黄秋生(アンソニー・ウォン)親父がたまんないやな。あのへべれけ。だらしなくて色っぽいぞ。親父見るだけでもこの映画価値あるって。
エディソン・チャン。最初観た時は、涼介さんとは違うかな、と思ってたんですが、今日観てたら涼介さんでした(笑)ハンサムだなー。クールで素敵。公式ビジュアルブックなるものを読むと監督から出ていない弟・啓介と一体化して演じてくれと言われたそうで(なんつー無茶な注文・笑)エディソンはその辺を考えて演じたそうです。それで納得。なんだか、涼介と言うか啓介みたいな、と思ったもの。このブログでもそう書きましたよ。凄いね、エディソンって。
ショーン・ユーもやっぱステキですわ。拓海を段々好きになっていくのがよかった。

そうそう、この映画ではバトルシーンもだけどこの3人の友情が(おっとイツキは最初から友達だからさ)またかっこよくてよかったんだよ。

で、主人公藤原拓海を演じる周杰倫(ジェイ・チョウ)みんなこれでジェイを好きになってしまうんじゃない?ジェイ・チョウは、アジアを代表する最高のR&Bミュージシャンなんだけど、これを観てると普通の男の子みたい。
女の子があいてだと緊張して何もできない。でも走り出すとイツキ曰く神になってしまう。そんなとこはジェイそのものだと思う。

映画館で観て感動が何倍にもなった私ですが、残念な部分もある。一つは吹き替えだったこと。字幕版と二通りあると思ったら違うんですね。全国的にも吹き替えが多いという話で。ものすごいスピード感がある映画なのでいいのかもしれないが、やはり広東語を聞きたかったなあ。第一、日本が舞台なのにみんな広東語を話してる、という不思議世界を体験したかったし、みんなにも味わって欲しかった(私はまー、香港DVD観るからいいっちゃいいんですが)

もう一つは公開映画では日本人の歌手の歌が使われていて最後にジェイの歌が流れるべき所でそちらのが流れていたこと(ジェイの歌はその後で少しだけ使われていた)ジェイとしても自分の歌を聞かせたかったと思うのに残念でした。

とは言え、すっごく楽しいかっこいい映画です。みんな観てくれるといいなあ。
posted by フェイユイ at 01:31| Comment(7) | TrackBack(9) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。