2005年10月05日

「DEAD OR ALIVE 2〜逃亡者〜」かつて憧れた少年たちの友情の行方

dead2 3.jpgdead2 2.jpgdead2 1.jpg

何と言っても見ていて恥ずかしくなるくらいの深い友情物語である。しかも二人ともこわもての。
小さな島の孤児院で育った少年ふたり、シュウとミズキ。ふたりは兄弟以上の強い絆で繋がっている。
そのうちの一人ミズキが引き取られて別れが訪れる。ミズキの引き取り人が死んでしまい、ミズキはうその手紙を送る「幸せに暮らしている」と。その嘘がばれて、シュウは孤児院を出る。ミズキを捜すために。ふたりよもとても可愛らしい少年である。その少年たちが出会えないまま、20数年がたってしまった。

可愛いミズキは哀川翔になり、ミズキを可愛がっていたシュウは竹内力になる。
ミズキは組長の狙撃を請け負う。が、組長の頭を打ち抜いたのはミズキではなく、側にいた幹部の男。その男こそミズキの親友シュウだった。
シュウはなぜか岡本ミズキを名乗っていた。ミズキの名前でシュウの顔写真が新聞に載った。
ふたりはなぜか故郷の島へ逃げた。ふたりはそこで再会したのだった。

ミズキは絵が上手くてたくさん絵を描いた(ミズキを引き取ったのは画家だった)シュウは再会する時までミズキが書いた絵を持っていた。その絵は黒い鳥と白い鳥を描いた物だった。それはシュウとミズキを現していた。

ふたりは孤児院仲間のコーへー(遠藤憲一)を訪ねる。小学校で怖い顔の3人が子供のように遊び戯れる様子が微笑ましい。コーへーは孤児院で一緒だったチイちゃんと結婚していた。チイちゃんのおなかは大きかった。

交通事故でお芝居ができなくなった劇団員の代わりにとんでもないお芝居をやって島の人たちを楽しませた後、ミズキはシュウに提案をする。実は俺は死んでもいいような奴を殺して300万もらってる。そしてその金で貧しい国の子供にワクチンを送る。死んでもいい奴一人の命で10万人の子供が助かる。一緒にやらねえか。
シュウは引き受けた。

シュウは病に侵されていた。隠れて大量の血を吐いていた。だが、ミズキが喜ぶなら、とシュウは黙って仕事を請けたのだった。

ふたりは黒い羽と白い羽根をつけて子供の姿になる。ふたりは天体望遠鏡を覗き込む男(田口トモロヲ)に出会う。男は空を指差す。そこには大きな彗星があった。歓声を上げるミズキ。黙って彗星を見つめるシュウ。天体観測男の目から一筋の涙がこぼれる。

少年たちの友情の物語をいくつも読んだ。それらはいつも切なくなるものだった。例えば宮沢賢治「銀河鉄道の夜」のカンパネルラとジョバンニ。レイ・ブラッドベリ「誰かが道をやってくる」のジムとウィル。スティーブン・キング「スタンドバイミー」のゴーディとクリス。それらと同じようにシュウとミズキの友情は切ない。ふたりはもうおっさんの姿だが、ふたりが別れた時期が少年時代だったためにその時間は止まっており、ふたりは少年の姿になるのだ。

ふたりはワクチン代をどんどん稼いでいく。その中の一人にホストクラブの「馬波二郎」という男がいた。彼のナニは馬なみということで愛人の女はそのナニに頬ずりして泣いた(モザイクあり)3人の殺し屋がその様子をみている。そのうちの一人がエディソン・チャンである。(もう一人は魔裟斗である)

仕事のために屋上で標的が来るはずの部屋の窓を窺っているミズキとシュウ。だが、シュウはついに我慢できず、どっと血を吐いた「どこから血出してんの、いきなり」つぶやくミズキ。「俺の死に目に会いに来てくれたんだろ」「馬鹿このハゲ。病院へ行こう」叫ぶミズキ。「俺のためにワクチン代を使えるか。死んでもいい男というのは俺の事だよ」(涙出た)「ワクチン代!仕事だ」促されて窓を覗くと男女がこちらに尻を振ってふざけている「やば」気づいたときミズキの胸に弾が撃ち込まれた。あの3人組だ。激しい銃撃の応酬で皆傷ついた。再び撃とうとした時、ミズキの目には3人が子供に見えて撃てなかった。逆に撃たれるミズキ。それを見てシュウは3人を殺した。
血だらけのふたり。ミズキは突然「きつねうどん」と言った。故郷の島から本土へ行くときふたりは必ずきつねうどんを食べるのだった。

血だらけのふたりは島へ戻るため列車に乗った。出会った人が皆ふたりの身体を心配してくれる。それがうれしかった。
ふたりはフェリーに乗りきつねうどんを食べた。まず、麺と汁を全部たいらげてから「せーの」でおあげを食べる。そこでミズキは死んだ。
「いつも先に行きやがって」シュウはミズキを担ぎ上げ島の坂道をのぼった。ふたりは少年の姿になる「俺たちどうせ地獄行きだ」「少なくとも俺は落ちるな」「ま、そのときゃ一緒にいこや」

チイちゃんの出産がすんで、コーヘーは赤ん坊とチイちゃんを連れて我が家へ戻った。赤ん坊を寝かせふたりは幸せそうに笑った。

全く上手い構成である。もうすがすがしく泣かせていただきました。少年たちの美しい友情物語をおっかない顔のおっさんふたりでやると言うのが心憎いです。3で私が「これはきっと前のを見てたら笑うシーンなのだろう」と書いた翼のシーンもあってなるほどこれで感動できますね。そして2にも1を知ってて笑うべきシーンがあるようで、1を見た時笑う事にします。
少年友情物語はやはり来ますね。

昨日エンケンさんとだけ書いてしまったのは、遠藤憲一さんのことです。彼の顔も怖くて大好きです。脇役の出演作が山のようにあってとても見切れませんよね。変な映画を一杯見させていただきました。

そして。エディソン・チャン。リピート。リピート。かっこいいです、かわゆいです。20歳くらいの時ですか。勿体無いよ。ずっと見ていたいのに。誰かに犯されちゃいそうな美貌です(誰に?)

監督:三池崇史 出演:哀川翔、竹内力、エディソン・チャン、遠藤憲一、青田典子、田口トモロヲ、伊佐山ひろ子、大杉蓮、塚本晋也、魔裟斗  2000年制作
posted by フェイユイ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DEAD OR ALIVE2〜逃亡者〜

dead2.jpgdead24.jpg
                     エディソンすてきだ

前回、間違って3を借りちまった間抜けな私ですが、今回2なのは間違いじゃなく「どうせ繋がりがあるわけじゃないらしいし、どーでもいいや」という投げやりな心とエディソン・チャンが出演、とあったので「イニシャルD」を見て以来、エヂが忘れ得ぬ人になってしまって(節操なし)どうしても顔が見たくて観てみた。

ちょっともう寝る時間なんで、今日はちょっとしか書かないが、感動してしまったよ。くく、泣いちゃったじゃないか、ばーろー。哀川翔のミズキと竹内力のシュウの深い友情に熱いものがこみ上げてしまったじゃないか。一番ぐっと来たのはシュウが隠していたのに血を吐いてしまって知らなかったミズキが「どこから血ィ出してんだよぉ」と叫ぶとこ。いや、笑ったんですがね。

そしてエンケンさん。お久し振り。エンケンさんが好きになって映画を観まくった時期がちょっとありました。変な映画ばかりだったけど(笑)でもまだまだほんのわずかだったですね。
しかしこの3人が出会うシーンは思わず「怖いよお」とつぶやいてしまいましたが。こんな顔の3人が集まってたら、即逃げます。

そしてエディソン(ぱあああ、花が咲いた音)なんてハンサムなんでしょ。他のが凄いから、ますますエヂがかっこよく見えますわ。「インファナルアフェア」ではそんなに特に好きではなかったのに、「イニシャルD」で凄くかっこよく見えて、この映画でもステキです。あーもっとたっぷり出て欲しかったなあ。でもめちゃくちゃかっこよく映してくれてたからよしとしましょう。あんまり出てたら、主役が可哀想ですし。しかし、本音を言うとこの時点でどのくらいの日本人がエディソンの魅力に気づいていたんでしょうか。よく三池監督使ってくれましたねえ。多謝。

また、明日しつこく書きます。
posted by フェイユイ at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

NHK「中国語会話」周杰倫、見た?

kaneko.jpgjay nhk.jpgnhk  kouza.jpgnhk  kouza2.jpg

NHK「中国語会話」でジェイ・ジョウが金子貴俊クンからインタビューを受けました。と言っても側に付き添うイケメンの張 熙寧クンの手助けがあってのことですが。

中国語のお勉強番組ですので金子クンは懸命に中国語で自己紹介。ジェイも聞き分けようと懸命に聞いてましたね(笑)
そして、タクワン、梅干、めかぶ、納豆が用意されジェイはどれが苦手か当てるという。まず食べてみて、ということで。タクワン、梅干、めかぶは美味しくいただいたジェイですが、納豆はちょっと口にしただけで・・・金子クンがあてる程もなくジェイは納豆は苦手なようでした(笑)さらにジェイは「ボクの知ってる日本人はこれを牛丼にかけて食べてたけど普通そうするの?」金子クン「イヤーそれは相当変わった人です」ジェイ「やっぱりそうだと思った」どんな会話だ。
それから金子クンは質問を。「イニシャルDで一番苦労したのは」「一番苦労したのは、泣く所」そして金子クン「ボクも役者なので中国映画に出たいのですが、何かアドバイスをください」ジェイ「中国映画に出るアドバイス。ん〜、中国映画は武侠モノが人気なのでカンフーを学んだらいいと思います」金子クン「え〜、ボクは日本では軟弱で通ってるんですが」

なかなか楽しい会話でした(笑)とにかくジェイは中国語まだまだの金子クンの言葉を聞き取ろうと真剣に聞いて必ず一度繰り返して話してましたねー。とても真摯な態度で優しくて益々好きになりました。台湾にいる方、生でジェイを見れる方は珍しくないのでしょうが、あんなに普通に話してるジェイを見たのは初めてでした。金子クンの喋りがおかしいのか思わず笑ってるとこやタクワンの食べ方も可愛かった。

この放送のことを予告できず申し訳ない。実は私、今日まで知らなくて新聞も読んでなくて、ネット上で偶然知ったのですよー。いやあ、何でも気をつけとかなきゃダメですね。
なおこの放送は再放送されますので、見ることができなかった方は、是非、再放送:10月5日(水)午前6:00〜6:25 でご覧ください。
また、来週10月10日にももう一度ジェイのインタビューがあるみたいですよ。見逃さぬように〜。
ラベル:周杰倫
posted by フェイユイ at 00:05| Comment(6) | TrackBack(2) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

InitialJ+DVD届く

l_p1004033633.jpg

はー、やっと「InitialJ+DVD」を手にすることができました。yesasiaで購入したんですけどね。とりあえずDVD見てみましたよ(笑)

今まで観て来たジェイのMVはVCDですから、DVDになった分映像はクリアなようです。ただ、パソコンで見たせいなのか画面と音がとんだりして、こんな事は今までなかったので驚き。後でDVD再生機でも見てみるけどどうしてなんだろ。

さて中身は

01.可愛い女(ひと)/可愛女人
02.ブラックユーモア/黒色幽黙
03.最後の戦い/最後的戦役
04.父の名で/以父之名
05.東風吹かば/東風破
06.二刀流/双刀
07.シルクジャスミン/七里香
08.Drifting/飄移「頭文字D THE MOVIE」香港版予告編

となっております。全て見たことはあるわけですが、勿論一番の目玉は「Drifting/飄移」を映像を見ながら聞けることですね。

一度感想は書いたのですが、せっかくなのでもう一度。

01.可愛い女(ひと)/可愛女人:当時ガールフレンドだったヴィヴィアン・スーとのツーショット。と言っても直接的接触はないですね。ヴィヴィアン可愛いです、まさしく。ジェイも若いので男性的匂いが強いですね(笑)
歌詞もヴィヴィアンが書いたものです。とても初々しい歌です。

02.ブラックユーモア/黒色幽黙:荒野に一人横たわるまたはたたずむジェイ。彼の寂しい心を現しているのでしょう。ゆっくりした歌い方はジェイの歌では珍しいものと思います。

03.最後の戦い/最後的戦役:私としてはジェイのMVの中で唯一DVDに入れて欲しくなかったものなのですが(歌はいいんですけど、映像が嫌なのです)入ってしまいました。かなりお金も使って作ったモノなので入れられたのでしょうが、紹介して欲しくなかったなあ。

04.父の名で/以父之名:うって変わって是非入れて欲しい、というか入れなきゃいかんでしょうMVです。これを見て私はジェイに魂を奪われてしまったわけで、あちこちで奪われてくれ。
ジェイの子供っぽさ、歌の上手さ、ジェイの魅力が凝縮されていると思います。歌のかっこよさとMVのすばらしさ。ジェイの代表作ですね。

05.東風吹かば/東風破:これも名曲です(笑)そして中国服のジェイの色っぽいこと。もっとこの格好して欲しいです。

06.二刀流/双刀:大好きです。あの前髪を愛する。本当にジェイは武侠モノすきなのだなあ。「イニシャルD」もよいけど、武侠映画にも出て欲しいです。本格派じゃなくこういうちょっと変わった感じのになりそうですが。

07.シルクジャスミン/七里香:しっとりとした日本的でいいですねえ。ジェイはこてこて顔じゃないので、ごく普通に日本にいる男の子にしか見えない。剣法は違いますが(笑)

08.Drifting/飄移「頭文字D THE MOVIE」香港版予告編
かーっこいいーっ。これをねー日本上映でも最後にやって欲しかったよね。ドリフトシーン何度見てもいかしてます。これがジェイの初主演作品だなんて、幸運だよ、ジェイ。拓海そのものだものね。

追記:先程、DVD再生機で見たところ、ちゃんと再生できました。ご安心くだされ(笑)それにパソコン画面より迫力あります。テレビで観よう。
posted by フェイユイ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

「一石二鳥」高虎

isseki.jpg


gaohu 漫画.jpg高虎 一石.jpg
高虎(ガオ・フー)

ルビー 一石.jpg
林心如(ルビー・リン)

ウー 一石.jpg
ジャッキー・ウー

ン・マンタ.jpg
ン・マンタ

と言っても高虎(ガオ・フー)さんが主役なわけではありませんが、あくまでも高虎目的で観たので。で、どうだったか、と言うとこれがおもしろかったのだ!!(爆笑)一応言っておきますと、中国語普通語発音で中文字幕での鑑賞なので、説明できるほど把握したわけではないのですが、おもしろかった。
時は明朝。辺境の地ともいえるような場所に建つ宿屋がほぼ全ての舞台となる。そこでの怪しいようなおかしいような人間模様を描き出す。
主人公石儀咆(ジャッキー・ウー=台湾の人気コメディアン司会であり歌手だそうです)と香港映画特にチャウ・シンチーの映画でお馴染みのン・マンタ(大好き!)演じる曽武了と卜得遼(雪村=大陸の男優兼歌手)の腰砕け3人組を中心に巻き起こる珍騒動。

肝心の高虎さんがDVDの表紙写真には大きく出ていないのでどんなチョイ役か通りすがりかと懸念してたらとんでもない。かなり始めの時点から最後まで出ていて、しかも重要な役でした。ファンなら観て損はありませんぞ。

この映画、オープニングテーマが、周杰倫の「龍拳」でした。すっかりうれしくなって物語に入ります。

舞台の宿屋はウォン・カーウァイの「楽園の瑕」のレスリー演じた西毒の住まいを思わせるような辺境の地にあり、人は殆どやって来ないようだ。3人は肉が食えないのが不満の種で今日も狩をしようとするが石儀咆の放った矢は他の二人の尻に刺さる始末。そこへ宿屋のおやじが飛んできて3人を呼ぶ。町からの使者に交換する馬を提供しなければいけないのに宿にはロバしかいないのだ。常に早馬を用意しておかねばならない規則のはず、と使者は怒る。3人はくだらない謎かけで使者をめげさせて追い出してしまう。

そこへ美しいいでたちの男女が訪れる。女性・馨馨(ルビー・リン)の可愛さに3人組は鼻血を出す。その連れ添いが我が高虎演じる柳玉樹である。さっそうとした若様ぶりで虚竹とは大違い。むしろ慕容復公子を思い浮かべたが近い。武芸は虚竹のような強さはなく、見掛け倒しであるようだ(情けない)そして最後になってこれが慕容復以上の悪い男だと解る!これが必見。凄くいやらしーい虚竹もとい高虎が観れます(笑)まさに高虎さんが慕容復を演じたと思ってください(想像できん)かっこつけ男なのもおかしいです。

馨馨の父・張応龍は正直者で皇帝に取り入って横暴の限りを尽くしていた奸臣・厳高の悪行を皇帝に報告する。が、逆に捕らえられて、辺境の地に流される事となった。庶民の高い支持を受けている官吏・張応龍を厳高は暗殺しようと企てる。
娘・馨馨と師兄・柳玉樹は張応龍を救おうと駆けつけてきたのだった。だが、逃げようという二人の言葉に耳を貸さない庁応龍。柳玉樹は「厳高は江湖の第一の殺し屋三点紅をあなたの殺害に差し向けたと聞きます」というが張応樹は意に介さなかった。

普段は誰一人来ないこの宿に一気に張応龍と彼を捕らえてきた男たち十数人。娘。馨馨と師兄・柳玉樹。そして金や物を盗まれた商人・老李(エリック・ツァンです)そして三点紅かと思われる強そうな男・蕭貫虹。二人の美女。妖しいキョンシー(?)のような女たちを連れてきた謎の男などで宿は一杯になる。果たして江湖の殺し屋・三点紅は誰なのか。ミステリー仕立てにもなっていて武侠アクションシーンも華やかな本格的娯楽映画である。

武侠映画を多く観てる人ならもっと楽しめるようなパロディ要素も多いみたいです。私が解ったのはチャン・イーモウの「Lovers」が多くパロディされてて、チャン・イーモウ監督のような美しい風景とこともあろうに高虎さんが「Lovers」のチャン・ツィイーのように長い袖で踊って敵を倒すシーンが!ここはパロディとわからなくても爆笑シーンです。高虎さんが物凄くかっこつけてるのも見逃せない。ルビー・リンとジャッキー・ウーさんのラブシーンもおかしいです。何でウーさんの方が襲われてるのか。

オフィシャル・サイトもありますのでどうぞ!楽しめますよん。

監督:朱延平 出演:ジャッキー・ウー、ルビー・リン、雪村、エリック・ツァン、高虎(ガオ・フー)
posted by フェイユイ at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 高虎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

周杰倫VCD特集

私が持ってる周杰倫(ジェイ・ジョウ)のVCDラインナップ。

「Jay周杰倫」

「八度空間」

「葉恵美」

「周杰倫」2004無与倫比演唱会+七里香VCD

「七里香」VCD もう一度

無与倫比演唱会Live1〜10曲

周杰倫2004'無與倫比'演唱會 Live 11〜20曲

周杰倫2004''無與倫比''演唱會 21〜29曲

そしてまだ感想を書いてなった「Fantasy」があります。内容は
1. 愛在西元前: 「紀元前の愛」古代バビロンの王が公布したハムラビ法典にちなんで作られたラブソング。MVには遺跡の中をさまようジェイの姿が映されている。

2. [父/巴]我回來了 :両親が離婚したジェイ自身を描いたのだろう。切ない歌である。MVではチェロを弾くジェイが見られる。

3. 簡単愛 :日本が舞台のMV。可愛い少女とジェイのやりとり。このジェイは髪が長めでアイドル的に可愛くないでしょうか?(笑)一番真っ当にかっこいいような気がする。

4.忍者:日光江戸村を借り切って撮影された。日本と武芸が好きなジェイのりのりの一作。日本の殺陣とは全く違うジェイならではの剣法が華麗に演じられている。「はいはいはい、わかりました」というジェイの貴重な日本語も収録されている。武芸好きのジェイが好みなら是非見るべきMVなり。

5. 開不了口 :いい歌です。MVは地球最後の日的SF。ジェイは今より髪が長くて筋肉がはっきりしてマッチョな感じです。かっこいい。

6. 上海一九四三

7. 対不起:これがまたね、かっこいいの(笑)ジェイが一人映されてて画面処理がされてるだけみたいなMVだけど。これ見てるとジェイは本当に手の動きが美しい。指が長くて綺麗なせいもあるけど。カンフーぽい動きが実に上手いんです。たっぷりジェイが眺められる。またジェイ・ジョウと自分の名を歌う箇所がある。

8. 威廉古堡:「ウィリアムの古城」というタイトルが示すように西洋の城に住む吸血鬼をイメージして作られている怪作。ライブでの演出が凝っているようです。

9. 双截棍 :「ヌンチャク」大好きなのだ。ジェイ魅力爆発です。再度、動きの美しさに注目。茶目っ気たっぷりの表情。目を離せません。この習字がたくさん貼られている狭い部屋というのはなんなのだろう。「火山高」でも同じような場面があったような。

10. 安静 :打って変わってピアノの前に物憂げに座るジェイ。カンフーの後でピアノを聞かせるなんてジェイしか出来ないのでは。またモノクロームで映し出されるジェイはまだ少年のような可愛らしさです。

11.蝸牛:ライブ映像です。ジェイの誠実な歌声と凄い人気が解るMVです。

12.[イ尓]比従前快楽:続けてライブです。やはりうっとりと聞きほれてしまいますね。「快楽」という響きがとても好きなのです。

13.世界末日:もうこうなると彼がカンフーマンとは思えません。ピアノを弾く姿がステキです。しかし途中でなぜか裸になってしまうのでやはりワイルドです(笑)歓声の凄い事。無理ないね。

ということでやはーり見とれてしまいました。4年位前のジェイなのでまだ可愛い、というか男っぽさを出してますね。堪能しちまいまいした。

なお。これらはyesasiaで購入しましたよ。
ラベル:周杰倫
posted by フェイユイ at 21:45| Comment(3) | TrackBack(1) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。