2005年11月07日

周杰倫『十一月的蕭邦(十一月のショパン)』届く!

photo20lショパン.jpgphoto14lショパン.jpg

ああ!ついに待ち望んだ『十一月的蕭邦(十一月のショパン)』を手にいれましたよお!!
うれしいです!!CDの箱も綺麗な写真ですね。内側にも楽譜が印刷されてて凝ってます。
早く聞きたい!

とは言え、今、CDが聞けない状態でして、とりあえずVCDを観てみた。
1、「夜曲」亡くしてしまった恋人との思い出を歌った心に染み込んでくるような曲です。
映像でも悲しみのなかに漂うジェイを追っていきます。
車の中から風景を映していくのは何ともいえず物悲しいものなのですね。恋人との思い出も冬の風景である事が冷たくなってしまった心を表現しているようです。

2、「髪如雪」中華情緒たっぷりの美しいMVです。監督:周杰倫となっていますからこれはジェイが作ったMVなのですね。
ジェイ好みの武侠世界。凄腕の侠客と思しき男と妖艶な美女が寄り添い、赤と黒を効かせた配色が雰囲気を盛り上げています。やがて武侠世界が現実の世界と重なって・・・。
ジェイは歌を歌っている姿としての登場ですが、ここでもジェイの歌声が切なく響いてきます。歌の最後の部分は特に中国的で効果的ですね。

3、「一路向北」映画「頭文字D」の挿入歌そして映画の映像をアレンジした作りです。ジェイが初めて主演して大ヒットとなった映画。主人公・藤原拓海を演じたジェイですが、その自然な演技はとてもすばらしいものでした。この歌もバラードですが、この3曲はそれぞれ違う味わいがあります。
なぜか途中ハチロクのそばに立っているときのジェイはジョーダン・チャンのような鋲だらけのジャケットを着てますが。

またミニカレンダーが付いてまして、ヴェネツィアで撮ったジェイのこれも思い切りデカダンというか陰鬱な雰囲気に満ちた仕上がりになっております。1月:ヴェネツィアの水路を行くジェイ。スーツで決めています。2月:その船の中、退屈そうです。3月:ダークブルーのシャーリング加工のシャツで思い切り耽美してます。4月:石畳の上にピアノが置かれその前で呆然とするジェイ。5月:ピアノの貴公子。6月:豹柄のマジシャン。7月:豹柄。魔力を出してます。8月:あ、妖しい。目を細めて誘っているようです(いつも細い?ごめん)9月:待ち人来たらず。10月:ホントに来ないや、ちえっ。11月:暑くなった。12月:豹柄男、バキューン。
つい、ふざけてしまいましたが、凄く素敵なカレンダーです。

とにかくCD早く聞こうよ!

写真を別部屋「我的周杰倫世界」でもアップしてますのでよろしかったらどうぞ。
posted by フェイユイ at 23:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。