2005年11月13日

笑傲江湖・第十四集

部屋で一人こもって何やら読んでいた令狐冲は林家の「辟邪剣譜」を盗み読んでいたという疑いをかけられ、両肩を脱臼され王老爺と師父・師娘の前に引き出される。令狐冲はそれは曲洋老人らから託された「笑傲江湖」の楽譜なのだと弁明する。
が、それが本物の「辟邪剣譜」なのか、令狐冲が言った楽譜なのか、誰にも解らない。
変わり者の音楽家として名高い竹細工屋の緑竹翁なら解るかも、ということで皆で連れ立って街外れの竹林へ小旅行。
美しい竹林の中で竹細工に囲まれ緑竹翁は「それ」を受け取り楽譜には違いないが、どうも不思議な曲だ、伯母さんに見せたい、ということで奥に入ってしまう。「辟邪剣譜」を渡す奴があるか、と皆で中にはいると得もいえぬ美しい調べが。まさに令狐冲が曲洋・劉正風の二人から聞いたあの曲だった。
一行は思わずうっとり。例の書は確かに楽譜であるとわかり、王老爺、困った面持ちで令狐冲に謝りながら楽譜を返す。フンと言いたげな令狐中であった。

一人竹屋敷に残った令狐冲は老人の伯母さんに招きいれられた。御簾の向こうに座って琴を奏でる老女に令狐冲はその楽譜の由来を話す。そしてなぜか自分が今とても辛い状態にあることまで打ち明けてしまう。そして顔も見えないその老女に令狐冲は「笑傲江湖」の楽譜を渡したいと伝える。
老人・老女は令狐冲に生気が足りないと感じ診てあげようと声をかけるが令狐冲は自分の命は軽いものだから、と断って去っていった。

寧中則は岳不群に、今日は令狐冲は間違った疑いをかけられかわいそうだった、と言うのだが、岳不群は令狐冲のこれまでの行動がいけなかったのだから仕方無いと突っぱねる。

次の日も令狐冲は竹林の家を訪ねた。そしてやはり御簾の向こうの顔の見えない老女に楽譜にまつわる話をする。魔教の聖姑と言う女がその楽譜を狙っているので魔教とは関わらないがいいということを(ってそれならお婆さんがあぶないんじゃ)
老女は御簾越しに竹を使って脈をみてあげ、やはりおかしいと言う。が、令狐冲はもう自分の寿命は短いのです。せめて失くしてしまった崋山派の「紫霞秘笈」を見つけて師父に返し、それから愛する師弟へのお詫びに死んでしまいたい(う、泣ける)と話す。
が老女は令狐冲の話を聞いて、お前がツボを打っただけというのなら、お前が殺したわけではない。お前は気が乱れて殺すような点穴はできないのだ、と(よかったー。令狐冲のせいではなかったのね!)
話す途中で令狐冲は書を奪い師弟を殺したのはやはりあの聖姑だと言って立ち上がる。体が弱っていると言って止める老女の言葉も聞かず令狐冲は竹屋敷を飛び出した。

街行く女が皆、聖姑に見え疲れた令狐冲の前に聖姑が現れた。楽譜をよこせと言い、またもや剣のやり取りとなる。令狐冲の剣が聖姑の腕をかすめ傷つけたが、そのとたん令狐冲は気を失ってしまった。目が覚めるとなぜか老女の竹屋敷に寝かされていた。
なんと老女は聖姑様だったのだ(解ってはいましたが・笑)(だが、まだ令狐冲は気づいていない)
そして令狐冲は聖姑は何度も俺を襲うが殺さずに帰る。今日も躊躇していたのでつい俺の手がすべった。傷つけるつもりはなかった。大丈夫だろうか(いやー、お互いそんな気はないと思えないほど激しいと思いますが、達人からみると手ぬるい勝負なのでしょうかね)
その言葉を聞いて聖姑様も思わず笑みがこぼれる。「いい人なのだな」
まだ気づかない令狐冲は何故私にこんなに優しくしてくれるのですか、と聞く。聖姑様はちょっと困るが「縁だね。お前は聖姑には絶対に楽譜を渡さなかったが、私にはすぐくれた。縁じゃないか」令狐冲は笑ってうなづいた。久し振りに令狐中の安らいだ笑顔だ。
聖姑は御簾ごしに「笑傲江湖」を奏でた。聞きながら令狐冲は静かに眠るのだった。

兄貴が久し振りにいい気持ちになってほっとしましたよ。でもそれが知らないとはいえ、聖姑の家でだとは。ああ、また師父のお咎め必至。
聖姑様は以前のきついメイクはお止めになってかわいい化粧法に変えられましたね。それもまた美しいです。
それにもましてかわいいのは緑竹老人の頭の上の竹の鉢の髪飾りですわ。キュート。
そして気になったのが、この竹屋敷のたたずまい。靴を脱いで中に入り、畳が敷いてある、ということで何とも日本風ではないか。と言うか日本がこの辺りの影響を受けているわけでしょうか。
そう思ってみていると令狐冲の髪型・服装もわりと日本の剣士的な趣をもっていますよね。

出演:李亜鵬(令狐冲)許晴(任盈盈)李解(林平之)孫海英(田伯光)陳麗峰(儀琳)彭登懐(余滄海)李勤勤(定逸師太)巍子(岳不群)苗乙乙(岳霊珊)
posted by フェイユイ at 23:32| Comment(16) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑傲江湖・第十三集

令狐冲が悲惨になるほど面白く感じてしまう(サド)最初感じたとっつきにくさはどこへやら。すっかり兄貴に夢中になっている私です。

とにかくどう転んでも悪い方向へ行ってしまう令狐冲。師父をはじめ、小師妹・岳霊珊や他の弟弟子からもすっかり厄介者扱いに。
行くあてのない崋山派一行は洛陽の名家と言われる林平之のお爺様の御宅へ押しかける。崋山派一門を客人として逗留させられるお金持ちだ。さすがにこのときは兄弟子たちも文句なしにご相伴。師父もご満悦である。そこで一人荒れているのが我らが大師兄・令狐冲。酔っ払うわ博打は打つわで大騒ぎ。またまた師父からきつい苦言を呈される。さすがの師娘もここまで来たら庇うこともできません。令狐冲は「私は師父のような君子にはなれません」とぐずるし。ただし、心優しい師娘はここでも令狐冲を見捨てずにいてくれた。「今辛いのはわかるわ。師父は師父。あなたはあなた。あなたにはあなたのよさがあるのよ。でも向こう見ずはやめて」ただただ、師娘の自愛にうつむく令狐冲であった。

王老爺家に行く前に令狐冲と聖姑様の邂逅があった。ぐれてぐでんぐでんに酔った令狐冲が馬の飼葉入れの中に寝ていたら、黒装束の聖姑様が現れ、「楽譜をよこしなさい」と令狐冲に要求。令狐冲は「辟邪剣譜を取ったのなら交換だ」というが聖姑様は知らないと言う。そして正と邪の敵通したちまちに激しい剣の応酬となる。それを見つけた下男が驚き師父たちを呼んでくる。が、師父たちが来た時には、令狐冲はまた飼葉入れでおねんね。どうなったのか?

岳霊珊はもうすっかり令狐冲が嫌いみたいだし。師父からはあきれ果てられ、令狐冲兄貴の居場所はない。
好酒もただ悲しさを紛らわすために飲むしかない令狐冲兄貴、がんばれ!

そして部屋で一人淋しく書を見ていた令狐冲は王老爺の息子らに見咎められて林家の秘宝「辟邪剣譜」を読んでいるということで襲われた。どうなる、令狐冲。

出演:リー・ヤーポン(令狐冲)李解(林平之)孫海英(田伯光)陳麗峰(儀琳)彭登懐(余滄海)李勤勤(定逸師太)巍子(岳不群)苗乙乙(岳霊珊)
posted by フェイユイ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。