2005年11月20日

笑傲江湖・第二十集

師娘・寧中則は師父が令狐冲の破門を決めたことで心を痛めるが、何とか自分自身を説得した。そしてざわつく弟子たちにも令狐冲の破門を知らせたのだった。
さらに各派にも、その旨をしたためた書を届ける手はずを整えた。

少林寺では、突然の来訪者があった。傷ついて瀕死の状態の令狐冲とそれを抱え運んで来た盈盈であった。少林寺の高僧・方証大師は二人を受け入れた。
二人と戦った僧・方生は女が魔教の者だということを方証大師に告げた。令狐冲を別の部屋へ寝かせ、二人の僧侶は盈盈と話をした。令狐冲を救える易筋経はそう簡単に教えられるものではなく、また少林寺との縁が深いものでなければならない。
どういうお方かと問われ、盈盈は「日月神教の聖姑である」ことを話した。僧侶たちは大変驚き、令狐冲を易筋経で助ける代わりに、盈盈に10年間少林寺にとどまっていただきたい、と言われる。「そなたの重ねた罪悪を仏法で消し去るために」
盈盈は提示されたその時間の長さにためらうが、やがて決心したかのように仏像に向かい、祈り始めた。
(日月神教というのは別に宗教じゃないのでしょうか?違う宗教に祈るのは大変抵抗があると思いますが、あっさりと仏様を祈りだしたので、ふーんと思いましたよ)

盈盈は10年もいたら本当にお婆さんになってしまう、と思いながらも令狐冲に生きて欲しいと願うのだった。

二人の僧侶は手当てを始めるが、結局令狐冲が目が覚めて易筋経を身につけないと体の中にある8っつの真気を取り除く事はできないのだ。そのためには令狐冲が少林寺派にならなければならず、崋山派である令狐冲には易筋経を伝承できないのだ。思い悩む二人に崋山派からの手紙が届きそこには「令狐冲を崋山派から破門する」ことが書かれていた。これも縁だと僧は考えた。

崋山派では林平之が両親の仇を討つことを懸命に考えていた。そのためには林家の秘伝である「辟邪剣譜」を手に入れねばならないとも。
一人占いをする林平之を見て岳霊珊はその結果を知りたがる。そのくじには「鼻と足を斬る」とあった(なんと不吉な占いだ)

令狐冲が目覚めた。
方証大師と方生は令狐冲に、易筋経を会得すれば身体の調子を整えられるが、そのためには少林寺に縁があるものでなければいけない。令狐冲は剣法を風清楊から伝授されており、風清楊は少林寺にとって恩のある方なので充分縁がある。従って令狐冲が少林派に入れば易筋経を伝授できると伝えた。
令狐冲は自分は崋山派に属するのでできないと言うと、例の手紙を見せ、令狐冲が破門されたことを教える。令狐冲は手紙を見てはっとなり、僧侶の前で礼を述べるが「自分は派を変えるつもりはない」と答え出て行った。

盈盈は令狐冲の回復を祈りながら、床に過ぎた日を刻むのだった(僧侶に怒られるよ、せめても少し目立たない場所にして)そして迷い込んだ小鳥を逃がしてやる(徹底して鳥好きですね)

崋山派では岳霊珊が林平之の敵討ちに逸るのを心配していた。まだ武功の足りない林平之ではあの青城派を倒すのは無理だった。岳霊珊は林平之に敵討ちを急がない事を約束させた。

一人、少林寺を飛び出した令狐冲は姿もやつれさまよっていた。とある店で「令狐冲を殺せば名が上がる」と言いふらす奴らがいた。令狐冲は「俺が令狐冲だ、殺せ」と言うと男は馬鹿にして令狐冲をどんと押すと力ない令狐冲はよろよろと倒れた。それを見てまわりは皆笑った。倒された令狐冲も空を見上げて大笑いし、「俺を殺せ」と叫んだ。

日月神教の反逆者・向問天はある兄弟分の家に身を寄せご馳走を振舞われていた。弟分であるその男は向問天に「死ぬのなら共に死のう」と言って酒を酌み交わした。向問天は「よい兄弟分だ」と笑った。
その屋敷に一匹の蛇が静かに近づいていた。

出演:李亜鵬(リー・ヤーポン)(令狐冲)許晴(任盈盈)李解(林平之)孫海英(田伯光)陳麗峰(儀琳)彭登懐(余滄海)李勤勤(定逸師太)巍子(岳不群)苗乙乙(岳霊珊)



posted by フェイユイ at 21:11| Comment(12) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。