2005年11月23日

「ブレード/刀」ツイ・ハーク

刀.jpg

「セブン・ソード」」の時、ちらりと「面白かった」の一言で片付けたツイ・ハーク監督の「ブレード/刀」もう一度観たくなって、観てみましたよ。これはもう破格に面白いですね(「セブン・ソード」よりアクションシーン迫力あるかも)

主人公テンゴン(趙文卓 チウ・マンチェク/ジャウ・ウェンジュオ)のアクションのかっこいい事!!凄い!!!
父を殺され、片腕を斬られ、逆さ吊りにされ、火であぶられ、徹底的に痛めつけられたテンゴン。これ以上ないほど酷い目にあわされたのですから、思う存分敵をやっつけてかまいませんとも。斬って斬って斬りまくってまわってまわってまわりまくり。かっこええ。
強くなって仇敵ルンと戦うテンゴンを見てるとかつて子供達の(大人もだったろうけど)ヒーローだった座頭市(最近のじゃなくてむかーし昔の若い勝新の座頭市ね)を思い出した。あの頃、男の子達はよく座頭市の真似をしてた。とにかく座頭市はカッコよかったのだ。(チウ・マンチェクには申し訳ないけど、あの時の勝新ほどかっこいい剣士(?)はないね)(こんな事書いたら、この映画を褒めてることになんないな、忘れてくだされ)
座頭市は目が見えなくて、テンゴンは片腕がない。この非情な身体的なハンデを持ちながらも大勢の悪人を滅多切りにしてしまう爽快さといったらない。この映画は76年のジミー・ウォン主演作「独臂刀」のリメイクと言う事だけど、きっと座頭市も加味されてるのではなかろうか。

同監督の「セブン・ソード」を観た後なので見比べてしまうわけだが、こちらの方が筋が単純なので非常に解り易く、アクションも楽しめると思う。
また、敵の親玉が似たようなつるつる頭であるのもおかしい。孫紅雷の親分も素敵だったが、こちらの仇役ルン(熊欣欣 ション・シンシン)も全身刺青、クレイジーな戦いっぷりで見ごたえ充分。迫力ありました。
まさしくラストのテンゴンとルン(可愛い名前のようにしか感じないが、そこが不気味?)の対決は文句なしに手に汗握る、息もつかせぬ凄まじさ。ここを見るためにも是非観たい映画であるのは間違いなし。

ところでこの映画には3人の女性が出てくるのだが(師匠の娘・テンゴンと仲間のチュタオが自分を狙って争うよう仕向けたつもりだが二人の男はテンで争わなかった(笑)、売春宿の女・強い美女、テンゴンを助けた娘・一番くっついてはいる)一人くらい主人公と何やら怪しい雰囲気になってもよさそうだがテンゴンはさっぱりそんな感じじゃないね。普通ラストでヒロインがにっこりしたらその後はそれらしき状況になるわけだが、「やっと二人が戻ってきた。そして去って行った」って・・・。嫌われてるだけじゃ。仕方ないか、あれじゃな。しかしこの何もしない師匠の娘リンの気だるい始まりと終わりのナレーションによる演出は私としては凄く好きなものです。話の全てが変な女の妄想だったのではないかとは考えないことにしよう。

監督:ツイ・ハーク 出演:趙文卓(チウ・マンチェク/ジャウ・ウェンジュオ)、熊欣欣 ション・シンシン、ソニー・スー 、陳豪 (チャン・ホー)、惠天賜( ウァイ・テンチ)(刀匠) 1995年制作


posted by フェイユイ at 23:50| Comment(6) | TrackBack(1) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。