2005年11月30日

「新座頭市 破れ!唐人剣」 に心服する。

zatovswang.jpg

まず久し振りに観た日本映画の時代劇の様式美に感銘を受けました。例えば出だしのシーンで草の影をアップにして向こうに座頭市を立たせている構図などはその典型ともいえますが、こういうのもいいものだな、と新鮮に感じたり。また映画の撮り方が現在の奇をてらったもしくはまとまりのないやり方でなく(映画技法の名前を知らないので適当な言い方でしか言えません)単純で骨太な撮影法なのも観ていて落ち着く。
このシリーズは座頭市の強烈な個性で魅せている映画なのであくまでも市さんを映し出していくのだし、その市さんの個性と言ったら、現在ではこういうヒーローというのはもう探しても見つからないのだろうな、と思います。しかし本当にかっこいい男なんですよね。単に正義の味方と言うのではなくむしろ影の部分が強いのですが、そこがまたたまらないヒーローなのですね。
 
物語は、日本で大道芸をやっている中国人親子が日本に着たばかりの片腕の武芸者である中国人・王剛と出会う。
日本では殿様に献上する物が侍によって運ばれる時は道行く平民は土下座をせねばならない掟があるのに、中国人の幼い息子はついうっかり凧を追いかけたばかりに侍に斬られそうになり庇った両親が身代わりに斬られてしまう。怒った片腕武芸者・王剛はその侍達に切りかかり、取り押さえられそうになるが何とか逃げ延びる。そしてなぜかその様子を見ていた日本人達も皆斬られてしまったのだった。

ヤクザに追われる身の座頭市はその斬られた中国人夫婦の幼い息子と出会い、見捨てておけず連れ歩く。街では逃げた中国人・王剛が日本人を滅多切りにしたという噂で指名手配中だった。市は王剛にも出会うが言葉が通じないまま、行動を共にすることに。
そして偶然現場に居合わせて王剛が犯人でない事を知っている親娘の家でかくまわれる事になった。
が、市が出かけてる間にかくまった夫婦は嫌疑をかけられ殺されてしまったのだ。王剛とその家の娘は帰ってこない座頭市に疑いを持つ。金の為に王剛の居場所を知らせたのだと考えたのだ。
言葉が通じないばかりに市と王剛は気持ちを訴える事ができないまま、戦うことになる。激しい戦いの末、市の剣が王剛を倒す。二人は「言葉さえ通じたら分かり合えたはずなのに」とつぶやいた。

なんだか外国語会話教室の宣伝のようですが、実際それで解り合えないでいることが多いわけですから、真面目な映画であるわけです。市さんも王剛さんもいい人なのですから、悲劇です。それにしても市さんが勝ってしまっていいのだろうか、と気をもみました。「座頭市」は香港でも大人気と言う事できっと香港でも観られるわけでしょう。そしたら、これ香港バージョンでは王剛が勝つらしいのです(笑)市さん、死んじゃったわけですか。ははー。それは是非観たいと思うのですが、そのバージョンの映画は今では観られないそうですね。残念。

そして市さんの魅力ですが、まず声がいいですよ。かっこいい。もうこればっかしなんですが、こんな風に声がかっこよくてしゃべり方が個性的で思わずまねをしたくなるような主人公って今いないんじゃないかと。坊主頭でずんぐりした体型で尚且つかっこいいんですからね。目が見えないという普通なら辛いハンディも市さんになったら一つの強い個性なのだから。
そして仕込み杖による居合い斬りの鮮烈さ。これははでな香港アクション(だけじゃなくアメリカのなんかも含めてね)を見慣れた目にはこんな迫力のあるドスの効いたアクションと言うものがあるのか、と思えるだろう。昔観た市さんの剣がこんなにも鋭いものであったとは今更ながら感動してます。
そしてそれらを盛り上げていく映像効果もあると思います。影の多い画面、障子越しに人を斬り、白い障子に真っ赤な血飛沫が浮かぶ、などの演出。昔の映画とは言え、市さんのやり方は結構凄くて耳を切り落としてしまう過激さもあるのですが、今と違ってその残酷さを執拗に出さない所が大人びているとまた感心。

後、とにかく出演者がいいのですね。
市さんに心寄せる(市さんはもてるのだ)女郎のお仙に浜木綿子。色っぽくてかっこいい女性です。やっぱこのタイプは是非いてくれないとね。
王剛の友達・覚全に南原宏治。目が大きくて怖い。いかにも一癖ありそう。
てんぷくトリオ。伊東四郎さんが出てるのも楽しいですが、三波伸介さんがおかしい。映画は絶対笑う部分があるのが好きです。「ブレード/刀」はそこがなかったかもね。
追われる王剛をかくまう優しい百姓に花沢徳衛。この顔を見るだけでもうれしいです。

この映画を観て、ちょっとこれは「座頭市」と王羽も観なけりゃな、とまた観なきゃいけない映画を増やしてしまいうれしい悲鳴のフェイユイなのでした。市さん観なけりゃだめだよ!

制作:勝新太郎 監督:安田公義 出演者:勝新太郎 王羽(ジミー・ウォン)1971年制作


posted by フェイユイ at 22:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑傲江湖原作・続き

さてまた少し読みました。
記事でも書いたと思うんですが、儀琳の登場が何とも??だったわけなんですが、原作だとその辺はさすがに納得いく感じです。というか、ドラマは随分儀琳と令狐冲のパートを削ってるのですね。通りでワケ解らないはずです。だって令狐冲が儀琳と売春宿で添い寝するシーンなどがあるし(期待するでしょう(笑))令狐冲が儀琳をからかうシーンなどもあったりするんですが、ドラマではそんな感じじゃないですね。その分、岳霊珊とのやり取りはかなり忠実に再現されてて作り手の意図が解ります。多分、あっちもこっちもじゃ令狐冲が軽薄な男になってしまうのでドラマでは令狐冲は儀琳に対しては随分そっけなく岳霊珊に対しては愛情深く演じ分けている気がします。と言っても原作でも令狐冲は浮気な感じはないんですよ。
令狐冲は本当に岳霊珊が大好きだったんですね。文章で読んでると彼の小師妹への苦しい恋心がより伝わります。そして突然現れた林平之への嫉妬も。
そうそう令狐冲の師父への畏敬の念と言うのもよく解りました。師父が武芸の手本を示していると「さすが、君子と言われるだけあってすばらしいなあ」とか言って見とれてるとこなんか可愛いです。でもそれだけに洞窟で師父から教えられた剣術ではない技を見出し、崋山派からそれていってしまうところは苦しいです。この辺りは原作と違うわけではありませんが、どうしても読んだ方が解りやすいですね。やはりこれは中国では原作は読んでて当たり前。それを知ってる上でのドラマ作りと思った方がいいのでしょう。
posted by フェイユイ at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新座頭市 破れ!唐人剣 勝新太郎VS王羽

唐人.jpg

ツイ・ハークの「ブレード/刀」を観て「座頭市」の要素がある、と書いたのですが、自分で書いてて無性に「座頭市」(勝新太郎に限る)を観たくなってしまった。子供の頃多分TVシリーズを観たような記憶がぼんやりとあるだけの私。知識がないのでとにかくDISCASさんを覗いてみる。色々あってどれがいいのかわかんないなあ・・・えええ!?「破れ!唐人剣」というのがおもしろそうなのがあるではないか。しかも共演が王羽(ジミー・ウォン)!!てことは「ブレード/刀」の元映画「獨臂刀」の主人公と「ブレード/刀」の要素になってると思われる座頭市が戦っているのだ。いやー、知りませんでした。と言うかこのタイトルを見てそういえば昔こういう映画があるんだなーとぼんやり思ったような気も(頼りなさすぎ)
とにかくそんなで興奮気味に借りましたよ。私はジミー・ウォンはそれこそ中文字幕のDVDで見たくらい。改めてみると細身でかっこいい。むっくりした体格の市さんとはいい対称です。言葉が通じないまま戦う羽目になるという悲劇なのですが、てんぷくトリオ(というのだね)の三波伸介・伊東四郎が出てきてまじなストーリーを一気に笑わしてくれて楽しいです。
もう少し書きたいのですが、今夜はここまで。また明日もうちょい気合入れて書いてみたいです。では、お休み〜。
posted by フェイユイ at 00:05| Comment(4) | TrackBack(1) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。