2006年01月01日

「緋牡丹博徒」藤純子・高倉健

緋牡丹.jpg

お正月らしく華やかに行きたいと思いまして藤純子さんの「緋牡丹博徒」を選ばせてもらいました。

有名な映画ですから、タイトルは知っていましたが、観るのは初めてです。
実は高倉健さんの映画を観たいと思って借りたんですが、これは最高にかっこいい映画ですね。

明治中期。九州は熊本出身の緋牡丹お竜こと矢野竜子は人吉で一家を構える博徒の娘であった。早くに母親を亡くしたがその遺言で堅気として生きていけるよう大事に育てられる。お茶にお花お裁縫、小太刀の免状までも持っているのだ。商家の嫁入りも決まったある日、父親が辻斬りに遭い、縁談も破棄されてしまう。親分が死んでしまうと子分達は皆、出て行ってしまい残ったのはずっとお嬢さんについていくと誓ったふぐ新だけだ。竜子はふぐ新に堅気になるように言うと自分は父の仇を討つため旅立ったのだった。

とにかく藤純子さんが美しい。真っ白な肌に緋牡丹の刺青が眩しい。九州弁もお竜さんが話すとかっこよか。同じ九州女として憧れてしまうばい。九州弁は日常語けん、うれしかとたい。
髪をあげ、着物姿でピストルを持つお竜さんのなよやかなのにきりりとした女っぷり。啖呵を切られた親分さんも思わずうれしくなってしまうのもしょうがないやね。その美貌に一目ぼれした若山富三郎演じる熊虎・熊坂寅吉は堅めの杯と聞いて結婚と勘違いして舞い上がり「兄弟分でしょ」と言われがっくりするのが可哀想だった(しかしこのちょび髭親父が若山富三郎さんだとは。すぐには気づかなかったよ)
お竜さんは強くて綺麗なだけでなくいつも周りの人に明るく優しく振舞うすがたもまたりりしいのである。男達はみんなお竜さんを好きにならずにはおれないだろう(イヤ女だって)辛い事悲しい事があっても唇を振るわせるだけでお竜さんは耐えていくのだ。だが時折見せる女らしい弱さがまた愛おしいではないですか。

そして特別出演の高倉健さんの登場。出番は少ないのだが、この存在感、着流し姿ですらりと立つ高倉健さんはもう身震いほどの色っぽさである。逞しいのに腰の辺りはしゅっと細くて見とれてしまう。藤純子さんとのからみ場面など背中がそくそくと毛羽立ってくるようだ。眼差しが強くてしかも若いために何とも言えぬ甘さがあって。高倉健はずっと知っていたわけだけどこんなにもかっこいい人だったんだと改めて認識しました。

出だしから登場する不死身の富士松(待田京介)が危ない目に遭いながらもその名のとおり死ななかったのもうれしい演出でした。かたやお竜さんをお嬢さんと言って慕い続ける子分のふぐ新の死はまた心に残るものでありました。
金子信雄、清川虹子も見ごたえある存在でしたね。健さんと義兄弟である加倉井(大木実)の憎らしさも満点でした(よくこんなにむかつく演技ができるものだ。感心)

日本にもこんなにかっこいい女侠客がいたのだと打ちのめされうれしい感動でした。藤純子のお竜さんの清らかな着物姿をまた観ずにはおれません。


posted by フェイユイ at 13:04| Comment(7) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年快楽!

あけましておめでとうございます。どうぞ今年もよろしくお願い致します。

昨年中はドラマ「笑傲江湖」はまっていたこともあり(まだ見終わってもいませんが)観たい、観るべき映画も多少たまっております。
そういう映画を看破しつつ今年も記事を書いていきたいと思う所存であります。今年もご教示、励ましなどいっそう賜りたいと願うフェイユイでございます。
posted by フェイユイ at 00:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。