2006年02月06日

「リトル・チュン」フルーツ・チャン

リトル・チュン.bmpリトル・チュン2.jpg

香港返還三部作の最後の作品。1部は若者を。2部は中年を。そして最後は子供と老人を描いたということである。

いつもながらの陳果流。中国に返還される前の香港の人々の生活が生々しく描き出される。
主人公リトル・チュンは香港で絶大な人気を持っていた大スターと同じ名前を持つ。彼がブラザー・チュンと呼ばれていたので主人公の少年はリトル・チュンと呼ばれるのだ。
チュンは父が経営する食堂の配達を任される。本当は働くのは嫌なのだが、チュンは幼くして人間には金が必要だと知っている。そして大陸からの移民の少女・ファンが仕事を探しているのを見て「7:3でどうだい」などと持ちかける。ファンも不公平と思いながらも承知する。とは言え、チュンとファンはこうして友達になり、出前を共同で受け持つ事になる。

チュンには家を出て行ったきりの兄がいるのだが、兄は出産の時、医者が来るより先に母のお腹から飛び出してしまったらしい。少しでも早く世の中に出たがったんですよ、と医者は言ったのだそうだ。おばあちゃんはこんな世の中にね、とため息をつく。

チュンの両親は子供を愛してはいるのだが、父親はがみがみ、母親は賭け事ばかり。チュンが日頃、頼りにしているのはおばあちゃんとフィリピン人のメイド・アーミである。アーミは夫に会いたいと願いながらもブラザー・チュンの歌を歌ったり、リトル・チュンやおばあちゃんをかいがいしく世話したりする優しい女性だ。だが、したたかな香港人を批判するのも忘れてはいない。
おばあちゃんはチュンに色々な事を教えてくれたりわがままを聞いてくれる。
チュンは物語りの後半でその二人に別れを告げられる。おばあちゃんは亡くなり、アーミは国へ帰ることになったのだ。チュンはこうして子供から大人への道を歩んでいくのだ。

それにしてもチュンとファンが金儲けの事も忘れて無心に遊んでいる場面はとても微笑ましいものだ。小さなチュンが後ろにファンと前にファンの妹を乗せて自転車をこぐシーンはなんと逞しいではないか。
が、その後でファンが言う言葉がある「中国では綺麗な星が見えたけど香港ではダメね」チュンは負けん気を出してトラックの幌の破れから街の光が入るのを見て「ここだって星があるよ」なんて言い返す。その光は何とも物悲しいものなのだ。ファンは答えない。

また、チュンはファンのために店の菓子を盗んでいたのを父親に見つかり家出する。探しに来た父親の剣幕に恐れをなしたファンはつい「出てきて」と叫んでしまう。チュンはお仕置きに往来でパンツを脱がされて立たされる。恥を忍びながらチュンは大声で歌う「生まれる時代を間違えました」
チュンの父親は「あの女の子は不法侵入者だ。つきあうな」と怒鳴りつける。

そしてとうとうファンは不法侵入者として送還させられる。その前にファンは彼女の父親に託してチュンからもらった「たまごっち」と手紙を届ける。手紙には「私は不法侵入者の子供と言われるのが大嫌い」とあった。
幼い子供が「不法侵入者」と指差されて穏やかでいられるはずがない。明るく働き者のファンのたった一言だけの手紙が私は辛かった。
ファンたち母子が警察に捕まるのを見たチュンは身体に不釣合いな大人用自転車で彼女らを連れ去った車を追う。小さく細い身体で懸命に大きな自転車をこぎながら香港の雑踏を走り抜けるチュン。彼が追いかけたからといって何かできるはずはないのだが。不覚にも涙がこみ上げてくる。仲のよい子どもたちを裂いてしまうものは何なのか。
運命は皮肉だ。チュンがやっと追いついたと思った車はチュンの家族をいつもいじめてきた暴力団の男が運ばれていた救急車だったのだ。男は「お前だけだ。嫌われ者の俺を心配してくれたのは」と感動して泣き出す。チュンはもう会うことはないファンの名前をつぶやくだけだった。
チュンと同じ名前を持つ大スターブラザー・チュンの訃報が伝えられ香港は悲しみに沈む。こうして時代は古き者から新しき世代であるリトル・チュンへと受け継がれたのだった。

映画の最後に第1部・2部の主人公であるトニー・ホーとサム・リーが通行人として登場し同じ場面に3人の主人公が集結するのだ。これは監督のお遊びなのだが、香港返還3部作の最後を締めくくりとしてふさわしいものであった。

監督:フルーツ・チャン 出演:リトル・チュン… ユイ・ユエミン/ファン…マク・ワイファン/ギン(チュンの父親)…ゲイリー・ライ/おバアちゃん…チュ・スーヤウ/アーミ(ギン家の家政婦)…アーミ・アンドレス/ホイおじさん(街の長老)…ヒュー・ホイ/デビット(ホイの長男)…ロビー/ケニ(ホイの次男)…テオ・チャン


チュンの店から金を巻き上げようとするデビットに対し、チュンは復讐を考えるそれは彼が注文したレモネードに自分のおしっこを混ぜて特別カクテルを作ると言うものだった。ばれたら逃げようと身構えると。デビットは「旨くなったな」などと言う。そしてその後の使用済みタンポン入りレモネードは陳果ならではでしたね。


posted by フェイユイ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第2・3集

なかなか無料ドラマを観るのは根気がいるのですが(笑)頑張って2・3集観ました。

あらすじは昨日の記事にしたのですが、まだ陳道明にならない小さなシュエンイエ(康煕帝)は皇帝の子供だけあって、お付きの者におしっこを頭からかけてしまうし(当たり前のことなのでしょうが)勉強なんか大嫌いなのですが、それでいて思いやりもある賢い子供です。
父・順治帝は息子達の勉強の出来具合を試験するのですが、その中でもシュエンイエは抜群の出来でした。

順治帝にはシュエンイエの母親で皇后になるであろう后がいるのですが、別に年上の愛妃がいて特別に寵愛していました。勿論、シュエンイエの母親后はおもしろくありません。
そんな折、こともあろうに愛妃とシュエンイエが続けて天然痘にかかってしまいます。ちょうどその時、孝庄皇太后を婆婆(ポーポー・令狐冲が呼んでいたように)と呼ぶ平民の女の子が女官として召し抱えられます。孝庄皇太后に「スマラグ」と名づけられた女の子は一度はシュエンイエの病を「天然痘です」と告げたために「病気を持ってきた」と言われ生き埋めにされそうになります。が、シュエンイエの側近(?)である少年が孝庄皇太后にスマラグの死刑を止めさせる様しむけました。
宮殿を出されたスマラグは天然痘に効くというジジ草と言うのを摘んできて命と引き換えにする覚悟でシュエンイエに薬草を飲ませます。
それが効いてシュエンイエは命を取りとめ、スマラグは改めてシュエンイエの姉であり、側に仕えるよう言い渡されたのでした。
一方、順治帝の愛妃は命を落としてしまいます。孤独な皇帝のただ一人の理解者で心の拠りどころだった愛妃を亡くした順治帝は僧・行森の勧めもあって出家を決意します。

無論、母・孝庄皇太后はこれに反対し大師に相談します。大師は孝庄皇太后の意思に賛成し弟子・行森を諌め皇帝陛下を諭す事を約束したのでした。

このブログのカテゴリ「西太后の紫禁城」でも太后をやったスーチン・ガオワーですが、こちらの方が若いですね。まだふっくりして色気があります。
小さな康煕帝であるシュエンイエ(玄[火華])は父親思い、お婆様思いの賢い子です。家来にはおしっこかけますが。

愛新覚羅一族、女真族・金国の流れである清と漢人との位置。
順治帝の愛妃は漢人であり、皇帝の息子達の教師はみな漢人であるらしい。
posted by フェイユイ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 康煕王朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「康煕王朝 」ドラマ

「康煕王朝」出演 : 陳道明/斯琴高娃/安亜平/劉釣
監督 : 陳家林/劉大印

本作は康煕帝の一生を描き、中国・台湾・香港で人気を博した大河ドラマ。中国悠久の歴史のなかで、康煕帝もまた偉大な皇帝の1人だった。多額の制作費を投じ、最高の俳優陣と中国全土でのロケによって完成した「康煕王朝」
清の順治18年。天然痘によって順治帝の寵妃も世を去り、順治帝は出家を決意。孝庄皇太后は皇帝の決裁を停止して臨時態勢を取ると、8歳の玄曄を康熙帝として即位させ、新時代を切り開いた。だが康煕帝の即位後、鰲拜らが勢力を伸ばし、王朝崩壊の危機が訪れる。康煕帝はついに鰲拜らの粛清に乗り出すのだが…。(yesasiaより)
というものですが、DVD日本語版など買ったらめちゃ高いのですが、老師が「無料で観れるよ」と教えてくださったので早速チェック。

完全無料放送「GYAO」というものです。勿論無料の代わりに広告を観ねばなりませんが。
視聴は各自の責任においてご覧くださいませ。

一話のみ今日は観ましたが、スーチン・ガオワーさんはやはりよいですねー。迫力あります。連れて行かれた女の子がどうなったのか気になります。
陳道明が見たいのです。これから楽しみにちょこちょこ観ていこう。

他には今、レスリー・チャンの「武林世家」、チョウ・ユンファの「上海灘」、映画チャンネルで「魚と寝る女」などがあります。
posted by フェイユイ at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 康煕王朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

ジェイ:新年も大忙し!「円満な家庭と普通の生活」願う

春節.jpg

中国・台湾では1月29日に旧正月を迎え、今、連休なのですが、ジェイは大忙し。で、今年の願いは、と言う記事です。
何だか切ないです。ジェイの願いがかないますように。


2月5・6日は日本での初コンサートだし、今年もジェイの大活躍間違いなしです。
コンサートに行かれる皆さんは楽しんできてくださいねー。

なお、韓国でも「イニシャルD」が公開されるそうです。やった!!

イニD韓国.jpg
posted by フェイユイ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」高倉健

唐獅子.jpg

前作でなかなか面白いと興味を持って2作目ですが、正直言ってこれは何だか納得しかねる映画作りでした。
何と言っても出だしでつまづいてしまう。前作は戦地から戻ってきた健さんなので充分納得できるが、こちらは弟分のために人を斬ってしまうのだ。いくら何でも人一人の命を奪ってしまう為には映画の中で充分な大義名分というか説明がなされなければ頷く事ができない。そのために多くの映画では悪役が主人公を攻め抜き苛め抜いてからこそやっと主人公が悪役を殺すことに観客も応援するのだ。いくら健さんだからとは言え、いきなりどんな人かも判らず殺してしまうとは。しかもその人がとてもいい人で妻子ある身だったとなるとどんなに後で行動を示されても同情しにくい。もっと同情しやすい言い訳、せめて何か偶然の事故だったとか、勘違いだったとか(情けないが)こてこてにしてもらわないといけないのでは。
か、これが健さんでなくてもう少し悪めいたキャラだったらいいのかもしれない。それこそ勝新みたいなんだったらいいけど健さんだと正義の味方すぎてダメ。敵の陣地を襲うときも銃で撃ったりするのが興ざめである。しかも敵の親分を最後に追い詰める時、もろ肌ぬいで刀を持って闇の中に立つ健さんがホラーである。かっこいいというより狂気を感じてしまったのだよ。
池辺良も今回は突然登場して去っていく感じで奇妙なの。男の友情もあまり感じられなかったのだ。
三田佳子さんも前回に引き続き健さんに思いを寄せる女性の役だが、最近はこういうねっとり女らしい感じのキャラってあまりないのかもしれない。

昔の映画だから全てよし、というわけではないものね。

若い津川雅彦と子供の穂積ぺぺが出演している。花沢徳衛さんって私の知っている限りでいつも同じ年齢のような。

健さんはあくまでも渋く素敵ですが、この脚本では本領発揮は難しい。もう一作観てみようか。思案中である。

監督:佐伯清 出演:高倉健、池辺良、津川雅彦、三田佳子、穂積ぺぺ 1966年製作
posted by フェイユイ at 00:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

「親切なクムジャさん」パク・チャヌク

クムジャ.jpg

中身を全て話すのはいつもの事ですが、他の物語の話までしているので「これは読んだらやばい」という感じになったら目を泳がせてください。

とても面白く引き込まれて観てしまいました。映画の中でも「凄い美人」という設定ででてくるイ・ヨンエの美しい横顔には見とれてしまいます。正面から見たらふくよかな顔なのに横から見ると鋭角的な不思議な美貌ですね。

ところで特に韓国映画を観ていると色々な物を連想させられてしまう事が多いのですが、これは「パクリ」とか言う悪口ではなくいつもどの映画も物凄く念入りに力を入れて作られているなあ、という感動です。面白くするためにはあらゆる智恵と技術を総動員させていると感じさせてくれます。従って映画は大変複雑な印象を与えます。観るものがどれくらいそれを受け止め切れるかは人それぞれでしょうが。

まあ、いつものように些細な事を列挙していくのですが。
イ・ヨンエ演じるクムジャさんのマスク顔を見た時、すぐ思い出したのがあの大韓航空機爆破事件の金賢姫だったりするのですが。
マスクをつけた顔というのは別に珍しいわけではないものの恐ろしい事件を起こした女性が大変な美人だったという事で記憶に残っていました。
そしてクムジャさんの復讐劇。これはもうすぐにアガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」を思い出させます。復讐の原因が幼児の誘拐殺害である、ということも含めて。この「オリエント急行殺人事件」はあの有名なリンドバーグ大佐の愛児誘拐殺人事件がモデルになっているわけですが。原作でも映画でも観ましたが、あちらは12人からぐっさりぐさりやられてましたね。
これも嫌になったわけじゃなく大好きなクリスティが使われてたのでちょいとうれしくなっただけです。そうそうオリジナルな話を作るのは大変ですから、面白く作ってくださればよいかなと。

そして楽しいのが。出演者陣。悪党役のチェ・ミンシクを始め、ソン・ガンホ、シン・ハギュン、ユ・ジテ、と美味しい役者さんが盛りだくさん。これはうれしい。

映像が美しく、ブラックユーモアたっぷりで大変楽しめた映画でした。さらに今、日本でも頻繁に起きている幼児虐待(誘拐殺人)がモチーフですから余計にリアルに感じられるのではないでしょうか。ちょうど今ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を読み返していたんですが、カラマーゾフ家の次男・イワンが僧侶である弟・アリョーシャに「世の中にはいたいけな幼児を死に至らしめるほど虐待する親や大人がいる。お前はこれをどうする?」「銃殺です!」と言うシーンがあります。慈悲深い僧侶であるアリョーシャは叫んだ後、はっとするのですが、イワンはにやりと笑って「そのとおりだ」と答えます。心の救済ができるかどうかは別として、幼児を虐待するような輩をこのような目にあわせてやりたいとは思いますね。

映画はまだまだ語り足りないほど工夫に満ちてます。もう少し書くかもしれません。

監督:パク・チャヌク 出演イ・ヨンエ、チェ・ミンシク、ソン・ガンホ、シン・ハギュン、ユ・ジテ、オ・ダルス、キム・シフ 2005年製作
posted by フェイユイ at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

試聴(BlogPet)

きょうじえるんが謝♪

今日はなんだかうっかりしていた紹介情報公開日。
今頃ナンなんですが「霍元甲」サイト。
そして1週間も前にじえるなさんが教えてくださっていたのに気づかなかった(馬鹿なじえるん、ごめんなさいじえるなさん)周杰倫・新曲「大頭貼」のMVもあります。
「大頭貼」はプリクラのことだそうです。
これもじえるなさん情報。
重ね重ね感謝。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。