2006年02月14日

「ある殺し屋」市川雷蔵

殺し屋.jpg

まったくこういうマジなハードボイルドがメジャーで存在し得る時代だったんだろうか。極端に音楽も効果音もなく派手な銃撃戦やら残酷な場面もなく淡々と映像が映し出される。
途中まで主人公・塩沢の素性が知れず行動が謎のまま進行して行くのだが、全体にシンプルでドライな作りなのだ。

現代劇のため、市川雷蔵も目立つ人物でもない。それどころか小さな小料理屋を営む主人という職業を持ち、自ら魚もさばく。その手つきは鮮やかではあるが。その地味な男が凄腕の殺し屋だと言う。
ひょんなことから市川雷蔵演じる塩沢と知り合い、「結婚してよ」とせがんでくる妙な女・圭子に野川由美子。調子がよくて明るくてゴージャスなボディラインに可愛い顔、こういう映画には不可欠な女性である。
殺し屋・塩沢に仕事を依頼するヤクザの片腕・前田に成田三樹夫。こわもてのイメージだが、ここではまだ半人前で塩沢に憧れを抱く若造である。

塩沢の武器は針。これで依頼された標的の首の後ろをぐさりと刺してしまうのだ。
なぜ塩沢がこのように強いのか。映画では言葉として説明はされない。ただ映し出される写真と「仲間は皆死んでしまった」と言う言葉で彼が戦争の中を生き抜いてきた男なのだと言う事がわかる。
塩沢が前田や圭子と組んでヤクの密売を横取りするために選んだ隠れ家は墓場がすぐ側にあり崩れ落ちそうで壁も薄汚れたアパートである。
塩沢は表情に乏しくセクシーな圭子に言い寄られても全く指一本触れようともしない。そしてどんな事にも怖れる様子もない。まるですでにこの世の人間ではないかのような凄みがあるのだ。
ヤクザの親分(小池朝雄)が塩沢に殺しの依頼をする時、上空を飛行機が飛ぶ。依頼を断ろうとしていた塩沢はその音で死んでいった仲間を思いだす「皆純粋な若者だった。祖国のためと信じて死んでいったのだ」そう考えた塩沢は急に殺しの依頼を受けるのだ。

塩沢がまたなぜこのような仕事を請けているのかもよく判らない。誰に捕まる事も騙される事もなく塩沢は旅立ってしまった。

市川雷蔵の極めてストイックな殺し屋に魅了されてしまった。そしてこの映画のスタイルにも。どこにも金をかけているわけでもない。弁当だって新聞紙にくるんで持ち帰る。それが当たり前だったんだろうけど。この力強い構成力・脚本。感心するばかりだ。

監督:森一生 原作:藤原審爾 脚本:増村保造、石松愛弘 企画:藤井浩明 撮影:宮川一夫 音楽:鏑木創 美術:太田誠一 編集:谷口登司夫

出演:市川雷蔵、野川由美子、成田三樹夫、渚まゆみ、千波丈太郎、松下達夫、小林幸子、小池朝雄、伊達三郎、岡島艶子
1967年製作

小料理屋を手伝っている女性が小林幸子なんだけどちょっと気づきませんでしたね。


posted by フェイユイ at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「眠狂四郎 殺法帖」市川雷蔵

眠狂四郎 殺法帖.jpg

不思議世界だった。

市川雷蔵。その高名は聞いてはいたもののまだ一度もきちんと作品を観た事はなかった。
凄まじい美貌。
綺麗な男とはこういう人なのだろう。絵に描いたかのような立ち居振る舞い。女を心からとろけさせるようなセクシーな男なのだ。

映画の全てが作り物的な世界なのだ。芝居がかったセリフのやり取り。「俺は人間というものを憎んでいる」「こういうものがないと俺は生きていると言う気がしないのだ」「お前は不幸な生い立ちなのだな。俺のようにすねたものにはそれがわかる」などというような他の役者が言えばとんでもなく臭いセリフでも市川雷蔵が言うとかっこよく感じるのだから不思議なものだ。
多分この映画は眠狂四郎という男を描くためだけに作られているのだろう。
眠狂四郎は「俺の剣が完全に円を描く前にお前は死ぬ」と言うような剣士なのだが、そんなに凄そうには見えない。
女達は狂四郎に見つめられるととろとろに溶けてしまうようだ。本人も非常に女好きである。こんなに色っぽい男女のやり取り、というのも案外日本物では少ないんではないか(ただのセックスシーンという意味ではなしに)そういう場面はないんだが、濡れ場、と言う言葉がぴったりのような気がする。

ところで狂四郎が妙な忍者みたいなのにしつこく「雇ってくれ」と頼まれて「うざい!」と一喝する場面があったんだが、「うざい」って昔から使われていたのだね。

また、日本に少林寺の拳法を伝えたといわれる(という設定?)陳元賓の孫、陳孫(チンソン)を城健三朗が演じている。勝新に似ていて若山富三郎みたいだなーと思っていたら若山富三郎だった。昔の名前だったのだ。
それにしてもまさか眠狂四郎が少林寺拳法の伝達者と戦っていたとは。思わぬ拾い物だった(笑)

眠狂四郎シリーズ1作目ということでしっくりこない所もあったのかもしれないが大いに楽しんだ。

監督:田中徳三 出演者:市川雷蔵、城健三朗(若山富三郎)、中村玉緒、小林勝彦
1963年製作
ラベル:市川雷蔵
posted by フェイユイ at 00:35| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。