2006年02月23日

「七剣」再び

オ剣a.jpg

日本語字幕付きで観ました。

やはり解りやすくていいですね(笑)言葉がわかっても物語はぶっ飛びで全くもって恐ろしい急流に巻き込まれたが如く弄ばれてしまう。ついて来れない奴はおいてくぜ、って感じであるし。

七つの剣、というモチーフには惹かれます。飛び道具にはない趣きというものがありますね。
それぞれの剣に性格と力を反映させるという設定は好きです。一つ一つに名前がついていてそれぞれのデザインがある。不思議な音が響くという由龍剣。また両方に剣が飛び出す天瀑剣も面白い。
そして七人が特徴を持って描かれるのも楽しいのだ。今回観てて志邦役のルー・イー(陸毅)がいいなあ、と思いました。

風火連城(孫紅雷)の悪党振りを見ているのはまた愉快ですし、まじめなヤン・ユンフォン(レオン・ライ)ちょっと皮肉っぽい笑い方をするムーラン(ダンカン・チョウ)もいい味ですね(つまりは皆いいのだが)
批評されているのを見ると何だかダメな方が多いようなのだが、世界の中に入ってしまえば凄く楽しめると思うんですが。もしかしたら、ドラマにしたほうがいいのかも?かなり世界がつまってるんで。

監督:ツイ・ハーク 出演:レオン・ライ、孫紅雷、ルー・イー、ダンカン・チョウ、ドニー・イェン 2005年製作


posted by フェイユイ at 22:39| Comment(5) | TrackBack(1) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。