2006年03月27日

「グッド・ウィル・ハンティング」におけるマット・デイモンと台湾のR&B歌手・周杰倫

ナンだか「アジア以外の国」が続いて申し訳ない。何となく浮気しているようで落ち着かないのだが、まだまだアジア系で行くつもりなのでご心配なく。

とは言え、何故これかと言うと、勿論、「ブラザーズ・グリム」のマット・デイモンが出ているからで(しかも同じ「ウィル」と言う名前!)またこの映画の監督はガス・ヴァン・サントであるからして次はリヴァー・フェニックスとキアヌーを観ねばならなくなり、きりがないのである。

一応この映画は以前テレビで後半を観ていた。マット・デイモンがなかなかよいな、と印象に残っていた。
が、今回観直して衝撃を受けたのだった!

周杰倫(ジェイ・チョウ)にそっくりだ!!!!

うーん、これは両方知っている人じゃないとわかんない。特にジェイは今のとこ役者とは言い難い(失礼)ので普通の人(って言うのも変だが)には判らないだろう。
でもこの表情、このしぐさ、ジェイそのものではないか?!
まだ私はマット・デイモンの映画をそれほど観たわけじゃないので、マット・デイモンとジェイが似てるのか、主人公ウィルとジェイが似てるのか判らない。
単なる想い過ごしかも知れない。

特にこの物語のウィルは天才だが心を開かない、という役なのでますますジェイと重なってしまう。ちょっと人を小ばかにしたようなでも内気な表情がジェイを思わせる。

とにかくこの感想は知ってる人だけわかる、と言うものでありますがね。

あの笑顔があんまりよくなくて卑屈そうに笑うのが特によく似てるなあ。にやあっていうの。

列車の窓から外を見ている様子なんてジェイそのものだもん。
果たして?
ジェイはマット・デイモンの演技を取り入れているのか、それともマット・デイモンと同じ才能を持っているのか。

答えは判らないけど・・・どちらでもいいや。



posted by フェイユイ at 22:49| Comment(3) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ウィン・シャ エキシビジョン」のHP

毎度、じえるなさんから情報を寄せていただきありがとうございます!!

今回は「ウィン・シャ エキシビジョン」のHP 幻想的な映像の数々、どうぞご覧ください。

「Photo Gallery」内「Celebrity Photo」の「Movie」のページ
に「ブエノスアイレス」の写真があります。
「Next Exhibition」でもレスリーさんが見られますよ。

とのことです。

レスリーの横顔が素敵です。



写真展未公開作品の「兄弟愛」の少年達が気になりますねえ。
posted by フェイユイ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レスリー・チャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセス解析「国/言語」

NINJATOOLSのアクセス解析「国/言語」を見るのは楽しい。

当ブログはアジア圏ブログを名乗っているだけに日本語は勿論、中国語・韓国語からのお客さんははもう当たり前。英語はいつも多い。他には少ないながらもタイ語・フランス語・スウェーデン語。
2月11日はノールウェイ語(と書いてある、うちはノールウェイからのお客さんが多いの♪)12件もあるのだわ。なぜ?
アラビア語、ポルトガル語、スペイン語、マレー語、ロシア語、アゼルバイジャン語というのもあったな(どこなんだろう)
それが最近ドイツ語が頻繁に。おお、やはり「グリム」って書いたからか?って日本語でだけどさ。

世界各国から本当にうれしいです。ありがとう。これからもよろしく!
posted by フェイユイ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。