2006年04月05日

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第15集

強敵アオバイを倒し成長した康煕は師である伍次友に清にとってたいせつなのは「三藩・河川・運輸」だと教えられますが、その三藩の問題が立ちふさがる。三藩とは平西・平南・鎮南(雲南・広東・福建)
満人である皇帝に対して三藩の王は漢人。そして西南を牛耳る力を持っているのだ。
康煕は三藩の王たちを呼び寄せて廃藩させようとするが、最も強い権力を持つ平西の王・呉三桂が病気を偽ってこないためにその計画はかなわない。そして皇帝に三藩を廃することを上奏していた朱国治を死刑にすることにしたのだ。
反論しようとする朱国治に、康煕は「お前の命で二年間の平和を買う。お前が死んでも家族のものを守り数年後お前の名誉を回復して子孫を重用することを約束する。朱国治は、礼を言って刑場へ向かおうとした。康煕は朱国治を許し「お前は勇気がある。命を奪っては愚帝になってしまう」と言う。そして一等雲南長官に任命する。彼は片腕が欲しいと申し出る。貧しい書生で科挙の試験を必ず通るであろうといい、名前を周培公というものだと申し上げる。康煕はそんなに優秀なものなら自分が欲しいと言い出す。

康煕は三藩を廃する事ができないためにロシア人を使って彼らの前で黒竜江の土地を差し出せと言わせる。三藩の王たちはこれを聞いて「大清国は強い団結力があるのだから外国にこれを破る事はできない」と言い放つ。これを聞いて康煕は微笑んだ。

大人になってますます懸命な皇帝となっていく康煕だが、まだまだ太皇太后には頭が上がらない。平西王の代理である息子はこのことに目をつけ、太皇太后が好む珍しい花の鉢を贈る。太皇太后はすっかりこれが気に入り、彼らの言葉を聞く。
太皇太后は康煕に「廃藩には反対ではないが焦らず行うほうがいい」と言うのだが、若い康煕は不満をもらす。
太皇太后はお前は世の中の動きを何も知らない、と言う。康煕はこれを聞いて世の中を知るために外へ出ることに決めた。太皇太后はスマラグを連れて行くように命じた。

呉三桂の息子の家に朱三王子の密使の宦官・黄敬が訪れて「命がけで生きる道を伝えに来た」と言うのだった。

策略策謀うずまく宮廷である。一体何が本当でうそなのか。
スマラグはすっかり元通り下女をやっています。康煕と東亭は年を取りましたが、スマラグだけは昔のままです(笑)
若い康煕がすっかり気に入っていたので陳道明がまだ見慣れません(笑)しかし堂々としてますね。堂々としてるのはスーチン・ガオワーさんを置いて他にはおりませんが、全く惚れ惚れする太皇太后ぶりです。


posted by フェイユイ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 康煕王朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「グッド・ウィル・ハンティング」ガス・ヴァン・サント(BlogPet)

じえるんが、とんでもなくその逆であった
ゲイであるガス・
ヴァン・
サント脚本:
マット・
デイモン、妙に突っ張って、愛してくれる彼女ができて、心を共感したかったのが俺のために学業にも関わらず、自分を偽ってしまうということ
過去に受けた負い目を持つと感じる者となってきたのかマット・
デイモン、ロビン・
ウィリアムズはまったく持って書いているようだ
だが、とんでもなく不安定や、幼い頃に酷い虐待を受けた心の傷のために学業にも関わらず、自分がマット・
デイモンとなってきたのが俺の夢だよね


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。