2006年04月11日

「ロック・ユー!/A Knight's Tale」ブライアン・ヘルゲランド

ロックユーa.jpgロックユー.jpgロックユーb.jpg

観始めて少しの間は「こんなの観るか?」という懸念に包まれたが次第に面白くなり、最後には涙がこみ上げてくる感動作であった。

14世紀中世騎士の時代のイギリス・ヨーロッパ。貴族達は武術試合に出場し貴族のみならず民衆の人気者となった。特に馬上槍試合に人々は歓喜した。
主人公ウィリアムは平民出身の為、出場はかなわない。だが、貴族である主人の急死のために急遽代役する事になった(勿論密かに)

QUEENの“We Will Rock You”が流れその時代の馬上槍試合がいかに人々を熱狂させていたかが伝わってくる。
映画で表現される馬上槍試合はまさに馬が疾走し槍が敵に当たるごとに砕け散り勇壮で華々しい。砕け散る槍は大量のバルサ材とパスタで作られているらしい。昼食はそのパスタを食べたと言う。

この映画でのヒースは「ロック」という題材に相応しく髪をふんわりとなびかせている。試合の時につける冑を脱ぐときあふれる金色の髪が魅惑的だ。この映画ではまだ21歳と言うが抜群にうまい。
(平民なのだが)騎士という設定のため、馬に乗るシーンが多い。ヒースは監督にごく自然に乗りこなす事を命じられたらしい。この技術が後に「ブロークバックマウンテン」で役立つ事となる(と思う)しかも服装がカウボーイテイストである。
そして以前彼に似てると思うと言ったのは中国人俳優の高虎(ガオ・フー)なのだが、これを観ててますます似てると思った。背が高くて目が細くて垂れ目なとこと笑顔が似てると思う(背丈は高虎のほうが高いんだろうけど。あの方の手足の細長さは普通じゃないよね)
そしたらヘルゲランド監督は「ヒースはトム・ハンクスに似てるね」と言う。え〜?と思ったが観てると確かに似てる!ヒース・レジャーがトム・ハンクスに似てるなんてなんだかイメージ違うが少なくともこの時は似てるよ。

それにしても脇役がすごくいい。優しい太っちょのローランド(マーク・アディ)に短気なワット(アラン・テュディック)女だてらに鎧氏のケイト。(高河ゆんの「源氏」みたい)そして実在の人物ジョフリー・チョーサー役のポール・ベタニーがかっこいい(彼が一人で持っていった感もある)主人公ウィリアム(マットとヒース関連でウィリアムって名前が多すぎる)と共に歩いてくる場面は「ライトスタッフ」を現しているそうな。
そして最大のライバル・アダマーのブルーブラックの鎧が彼の魅力を際立たせておりますね。平民出身ウィリアムを苦しめる敵として最高である。
でもって有名な黒太子エドワード。一番おいしい役だ(でももう少し早く助けてね)結局この時代、貴族が助けてくれなきゃダメなのねーと判る。なぜ黒太子というのか、武術に優れいつも黒衣装を身につけていたからだそう。


監督・脚本:ブライアン・ヘルゲランド 出演:ヒース・レジャー、ルーファス・シーウェル、シャニン・ソサモン、ポール・ベタニー
2001年


posted by フェイユイ at 21:49| Comment(2) | TrackBack(1) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第25回/香港電影金像奨

更新ができなかったので遅くなりましたが、ご報告まで。

第25回目・香港電影金像奨で新人賞に周杰倫「頭文字D〈イニシャルD〉」が選ばれました。

作品賞は「黒社会」主演男優賞はレオン・カーフェイそして主演女優賞は周迅が「如果・愛」で獲りました!うれしいですね。また助演男優賞を黄秋生〈アンソニー・ウォン〉が「頭文字D〈イニシャルD〉」でとってます。やったね。

posted by フェイユイ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。