2006年04月19日

「バガー・ヴァンスの伝説」 とは言え観てよかったのだ!

バガー・ヴァンスc.jpg

ロバート・レッドフォード監督は現代の神話を描きたかったようなのだが、この描き方では夢ではあるかもしれないが神話とはいいにくい。神話と言うのはいいことばかりではないと思えるし。

物語は主人公がまず老人がゴルフをしている所から始まる。そして彼がその少年時代を思い出すことで過去へフィードバックする。そこで彼が出会ったのは、今は落ちぶれてしまった若き天才ゴルファー(マット・デイモン)と突然現れてその青年の人生の導となる男(ウィル・スミス)である。
自分自身のスィングをなくしたと思い悩む青年・ジュナがバガーによって再び自分を取り戻す様を描いていくのだが、少年の目線がいつの間にかジュナの方に移って元・恋人(シャーリーズ・セロン)とのラブストーリーになったりするので観客はどこに集中してよいか判らなくなってくる。
少年の目を通して、と言う設定なら少年に物語を全て語らせないなら分裂してしまう。
そのため観るものはこの映画をかなり分裂した印象で受け取る事になってしまった。
言いたいことは真摯に人生と向き合うただしいことなんだけど作り方に問題があるとなかなか伝わりにくいと思います。

私はこの映画をマット・デイモン目的で観ていて昨日も言ったとおりかなり満足する映像であったのですが、その他の人が見る分にはマットはやはり子供っぽいのではないだろうか、と思われる。なにせ早熟の天才ゴルファーが戦争による精神的打撃を受け、英雄である事を捨て酒びたりの生活を送る、というのだからもう腐れきったような風貌になっていていいのだが、マットだと無精ひげをはやしていてもそこそこに綺麗に見えるし。影を出してもらいたいのだが、難しかったのか、光をさえぎって物理的な影を作って深みを持たせているわけなのですね。これが韓国人俳優チェ・ミンシクであったら光が当たっていてもぐだぐだに見えるんですが、マットではそこまでいけなかったようです。
とは言え、個人的には無精ひげでやつれた風情のマットが愛おしいし、復活して綺麗に身支度してきた様子なんて可愛いったらない。
第一、最初からシャーリーズ・セロンに押し倒されているではないの。やっと美女の登場なのに負けてるよな。
そして自分を掴めなくてもがき苦しむ表情がなんともたまりません。なんだかマット・デイモンってサディスティックな気持ちを起こさせます。

ということで映画的には夢物語を好む人でなければ受付けない気がしますが、マット・デイモン目的で観るなら凄く楽しめると思います。

極私的感想:相変わらずマットにジェイを重ねつつ、観てしまう。アチンを見ながらアフォンを思い出すロンズの如く。
いかんと思いながらやめられない。
こういう役柄というのも非常にジェイらしい感じがするのですよね。ただジェイってあんまりマゾっぽくないのだよね。その辺も見習ってもらいたいです。こんなこと書いたらやばかったかな。

なお、この作品がジャック・レモンの遺作となったということです。


posted by フェイユイ at 21:58| Comment(2) | TrackBack(1) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第19集(BlogPet)

じえるんは、力を売春された!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「バガー・ヴァンスの伝説 」ロバート・レッドフォード

バガー・ヴァンスb.jpgバガー・ヴァンスa.jpg

うー、またこれも不思議映画なのですよ。説明がつかないほど不思議なのだよね。

でもこれはマット・デイモンを見たくて観た映画なのでその意味では凄くよかった!満足の一作ですね。可愛いです。白い歯のこぼれる笑顔も逆境に苦しんでる様子も最高です。追い詰められて自分を失ってる所なんて痛々しくて凄く素敵ですね!!ぐふふふふ。

しかもまたも「天才なのに心に傷を負って自分の意味を捜し求める」という役です。「お前はそれしかやんないのかー!」と突っ込みたくなるくらいマット・デイモン十八番ですが私としてはそれが観たいのでやはりうれしく堪能し満足したのでした。

ゴルフものというと私はちばてつや氏の「あした天気になあれ」ぐらいしか知らないんですが、何となく太陽君とイギリス少年の組み合わせを思い出してしまいますね。

そして何となく「炎のランナー」を思い出させる要素がありましたね。

監督:ロバート・レッドフォード 出演:ウィル・スミス 、マット・デイモン 、シャーリーズ・セロン 、ブルース・マッギル 、ジョエル・グレッチ 、ジャック・レモン
2000年アメリカ
posted by フェイユイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。