2006年05月05日

「ラウンダーズ」ジョン・ダール

ラウンダーズ.jpg

法科大学生マイクは一勝負のポーカーで全財産を失ってしまう。同居していた恋人はどんなに忠告しても聞かないマイクにとうとう愛想をつかして出て行った。が、マイクはその夜に相棒ワームと共にポーカーをしに出かけていく。そのワームには多額の借金があった。マイクはどうしようもなくだらしないこの友人のためにポーカーで金を稼ぎ返そうとする。

大学生でありながら天才的な(!)ポーカーの才能を持つ若者をマット・デイモンがいつものパターンながら魅力的に演じております(笑)そしてその彼の足を引っ張るワーム(虫ですか?気持ち悪)をエドワード・ノートンが最低に魅力的に演じています。
やはり賭け事師といえばイメージ的にはノートン演じるワームそのものですよね。金にだらしなく、借りた金を返そうと言う気がまるでなく、友人の名前で金を借り、その友人が賭け事から足を洗ったというのに引き込んでいざ危なくなればトンずらしてしまう。
マイクはそんなワームを見捨てるに見捨てきれず世話を焼いてしまう。ワームはマイクが必死で助けようとしてるにも関わらず余計な事をしてますます状況を悪くする。

ポーカーがいいことなのか悪い事なのか、観ている者の気持ちでこの映画は随分印象が違ってくるんだろう。
ポーカー=賭け事=悪なら最後にモグリ賭博場のKGB(あだ名)に大勝ちしてしまうこの最後は甘すぎる事になってしまうだろう。賭け事はあくまで暗くて煙草の煙りと悪徳の匂いが漂っているべきであり主人公は容赦なく叩きのめされるべきなのだろう。
が、この作品ではマイクは世界選手権を目指すプレイヤーとして最後旅立っていくわけで。
つまり賭け事は悪、という認識で固まっている私にはその世界選手権と言うのはあくまで口実で結局はスリルを楽しみたいわけでしょ、と思うので。マージャンだってそうだしね。選手権は選手権、遊びは遊び。

とは言え、やはりこの世の中で悪の道ほど楽しいものはないわけで見出したら夢中で観てしまったのですよ。
またどうせマットは似合わないとか言われてるんだろけど勝負事だとアップが多くてブルーアイズが凄く長い間観れるので楽しい事この上なし。
思うけどマット・デイモンは金髪碧眼なのでどうしても日本では軽く見られてしまうのだと思うけど違う?そしてアメリカではやはり金髪碧眼はいい待遇が受けられるような気がするが、チガウ?

多分この映画で一番受けるのはエドワード・ノートン=ワームである。彼は賭け事のためにもう精神がぼろぼろで観ていて腐っているのが判る。
賭け事映画にはなくてはならないキャラクターである。私も見惚れてしまいました。もう悪くなるほど観ている者の心を掴めるからね。
そしてジョン・マルコビッチ=KGBもなかなかよかった。
教授さん、お金貸さないがいいですよ。

しかしこの後またワームはマイクのところに現れて苦しめるんだろうな、と思います。

監督:ジョン・ダール 出演マット・デイモン、エドワード・ノートン、ジョン・マルコヴィッチ
1998年


posted by フェイユイ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

「霍元甲」DVD又看

昨日を引きずってまた「霍元甲」DVDを観る。
「霍元甲」何度も何度も観ているがかっこいい。(しかしまだ「スピリット」観てないからね。ちょっとめげてきた)
歌も最高ならMVとしてもこれ以上ない出来だと思うんだけど。ジェイの踊りのシーンには悶えますね(笑)
李連杰にはもう一度だけ頑張ってもらってジェイと共演して欲しいものですね。しかしこんなかっこいい歌使わないなんてどうしようもないね。

「夜曲」悲しげなジェイの横顔が忘れられない作品ですね。
特に車から窓の外を眺めているジェイが好きなのですよ。冷たい空気が感じられジェイの声と相まって孤独な心を現しています。

「藍色風暴」幻想的なMVですね。ジェイはいつも手とその動きが美しい人なのですが、まさにここではジェイの手が表現しています。雷電を受けて胸にあてるところが好きです。

「髪如雪」ジェイの胸が眩しい。
ジェイが作った作品と言う事もあってジェイの趣味が出ているのでしょう。主人公の男性が凄く素敵なのですがジェイとしてはこんな顔になりたかったのでしょうか(笑)武侠の世界の時美形ですね。現代でもハンサムですけど。

「四面楚歌」パパラッチたちを罵った歌ですが曲が凄く好きです。哀愁があって。「ゴウゴウ(犬犬)」という繰り返しのとこがいいですね。ラララで周迅と踊る場面も忘れられない。周迅と一緒にMVを作ったなんて今でも信じられない。うれしいなあ。いつかこちらも是非映画共演して欲しいです。シャッター音も効いてますね。

「楓」日本家屋とジェイの組み合わせがたまんない。
かつての恋人を部屋で迎える時のジェイの顔が凄く可愛いんですけど。
床・畳で座ってるのがまたよいですね。

「浪漫手機」水色のセーターが悩殺なジェイ。爽やか青年です。
白セーターもすてきです。アイドルなジェイでした。

以前書いたものと同じことを言ってるかも知んないですけど、改めて書いちゃいました。
ラベル:周迅
posted by フェイユイ at 23:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第22集

索額図大臣は康煕に清の大半を呉三桂に取られてしまった。廃藩を撤回して呉三桂に位を与え、廃藩を言い出した周培公と明珠の首を差し出すのです、と申し上げる。康煕は怒り「明は内部分裂によって滅んだのだ。お前はまた繰り返すのか」と怒鳴りつける。

皇后は難産だった。やっと駆けつけた康煕に太皇太后は「お前が女遊びをしているから難産になった」と責めた。康煕は自分がいけなかったと皇后を抱きしめる。康煕にはもう一人皇子がいた。瀕死の皇后を前にして康煕は皇太子を生まれたばかりの皇子インロンに決定する。それを聞いた皇后は安心して亡くなった。

康煕は激しく後悔していた。太后には「もし廃藩をすることで呉三桂が謀反を起こすなら退位する」と約束していたと東亭に退位する旨を書けと命じる。東亭はそれは書けません、と嘆願する。
仕方なく康煕はおばあ様に会いに行く。

宦官・毛子は楊起隆と呉三桂の息子の前で「康煕が死んだ」と話した。玉璽を見て確信し大喜びする。そこへ黄敬が来て毛子が康煕のスパイだと言う。
喜んだのも束の間、楊起隆は康煕の死が本当なのかわからなくなる。二人の宦官は互いを罵りあうだけだ。そこへ別のスパイが駆けつけ、宮廷は真っ白に彩られ葬儀が行われていると告げる。再び楊起隆は康煕の死を確信して喜び、二人の宦官を牢に入れた。
毛子は牢の中で「どうせ二人ともスパイなのだ。死ぬのは間違いない。何とか逃げ出そう」と上部にある小さな窓から出るために自分が踏み台になるからと言い出す。
黄敬はそれならと毛子の肩に乗ろうとするがどうしても毛子は黄敬の太った身体を支えきれない。仕方なく黄敬は毛子に代われと言い出す。毛子は黄敬の肩に乗って窓から出る。そして後から出ようとする黄敬を突き飛ばした。毛子の策略に乗ってしまった黄敬は「逃げた」と騒ぐばかりだった。

しょぼくれた康煕を見て太皇太后は「皇帝は退位するらしい。どう思う」とスマラグに聞く。スマラグが言えませんと答えると「もう皇帝ではないのだ。思ったとおり言いなさい。民は喜ぶか、悲しむか」スマラグは「悲しいだけでなく怒ります。自分だけ肩の荷を降ろすなんて。後に残ったものは位を奪う為に争い、苦しむだけです」太皇太后は康煕にお前は女より物事がわかっていない、としかりつける。
その時宮廷には賊が入り込み宦官が反乱を起こしていた。康煕は太皇太后に逃げてくださいと言う。
おばあ様は康煕に訴えた。お前は敵は外にいると思っている、だが恐ろしいのは賊でも宦官でもない、おまえ自身の心にあるのだ。私を見習いなさい、私は天が崩れ落ちようと動じない。私とお前と二人いればたとえ呉三桂が10万人いても恐れる事はない、と。

太皇太后は廃藩を言い出したのは私だと腹心たちに告げる。
そして「我らが団結すれば大清は揺るぎはしない」

まったく康煕の情けないことと太皇太后のかっこいい事。康煕は医師たちが皇后を助けられないと知ると癇癪を起こして蹴り飛ばしたりするし。
スマラグも頭いいし、康煕はまだまだですねー。
しかし中国の女性は怖いと言うのは(満人ではありますが)これを見てると本当のようです。ここまで厳しく男をしかりつける事ができるのは他にはないように思われますね。皇帝なのにかたなしです。頑張れ。
posted by フェイユイ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 康煕王朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェイの魔力

昨日「オーシャンズ12」の続きを明日も書く、てな事を書いたんだけどもういいかと思い書かなかった。すまん。
で、何してたかというと「康煕王朝」を観るまではジェイのMVを観てにたりにたりしておりました。
ジェイとマットが似てるなんて言っても顔が似てるわけでもなく「?」と思われるだけなのは判っていますが、これは私だけの目線なのでしょう。
が、ジェイのMVを観てたら「素敵」とは思うけどマットに似てるとはそれほど思わなかったのね(笑)
ちょっと斜め横顔で影をつけている様子が似てるんですが。寂しそうにしてるとよけい。
でもマットの(若い頃の)映画を観てるとやっぱ似てる気がする(笑)

これも私だけの勝手な思いですが、見比べたらジェイのほうがほっそりしてる分綺麗ですし、とにかく指が美しいですからね。
それになんと言っても歌手と言うものは特別な力を持っていますね。長く続けるのは難しいことですが。

まあ勝手な言い分です。

しかしジェイのMVと言うのは魔力があって見入ってしまいますね。「葉惠美」「11月のショパン」「霍元甲」など観ていたのですが、どれも素晴らしい作品ばかりです。

ミュージシャンのジェイとアクターのマットを比較するなんてできるワケではありません。所詮たわごとですのでお許しください。
posted by フェイユイ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第21集

朱国治は追い詰められた。妻は自害し、子供達は朱国治が自ら命を絶った。そして自身は呉三桂の下へ急ぎその反逆を戒めた。呉三桂は「何故漢人のお前が満人の皇帝に従うのか」と問いつめる。が、朱国治は「康煕皇帝は満人でありながら漢語を話し、漢人の文化を大切にしている。お前はただ私利私欲のために民衆を苦しめているだけだ」それを聞いた呉三桂はただちに朱国治の首を切った。

こうして呉三桂はついに清を倒し明を復活しようと蜂起したのであった。

康煕は宦官・黄敬の甘い誘いに乗って楊起隆の妹である眠月楼の歌姫・紫雲に家を与えそこを訪ねた。
紫雲は歌を歌い。康煕はそれに聞き惚れていた。その頃、宮廷では太皇太后が康煕を探していた。正后に子供が生まれそうになっていたのだ。
間諜を命じられた宦官・毛子も慌てて康煕を探していた。康煕が訪ねていった紫雲は楊起隆の妹で、皇帝になろうとする兄・楊起隆の企みで康煕を毒殺しようとしていたのだ。宦官・黄敬はそれをお膳立てしたスパイだったのだ。
それを聞いた東亭は慌てて康煕を探した。
康煕は今まさに紫雲に酒を注がせ飲み干していた。紫雲も康煕に勧められるままに酒を飲み干した。
飛び込んできた東亭に康煕は嫌な顔をする。「その女は陛下を毒殺しようとしているのです」「まさか」康煕の胸にもてれかかった紫雲の顔を上げると彼女はすでに毒を飲んで死んでいたのだった。彼女は皇帝には普通の酒を飲ませ自分で毒入りの酒を選んだのだった。
康煕は怒り黄敬を捕らえて切り刻めと命令する。間諜を成功した宦官・毛子を褒めた。
毛子は楊起隆が朱三王子で広徳皇帝を名乗っています。また呉三桂がついに反清のために挙兵しました、と告げる。これには康煕はでたらめだと信じなかった。そして毛子に楊起隆の所へ戻り「康煕は死んだ」と言うように命令した。毛子は承知し「もう戻る事はないでしょう」と言う。康煕は玉璽を与え、死んだ皇帝から盗んできたと言えば逆に褒美をもらえると言うと毛子は大変喜んだ。

康煕の元に連絡が入り、やはり呉三桂が謀反を起こしたのだと伝えられた。康煕は激しく落ち込んだ。周培公が康煕に上奏を勧める。それは賢明な周培公ならではの解析であった。失意の康煕もはっとして周培公の言う通り事を進めるのだと言い渡す。

激しいショックで康煕は熱を出し席が止まらない。が、周培公が来たのをみてオンドルの上に座るよう勧めた。
呉三桂の勢いは物凄く火事のようであると。すでに南の半分は失ったと言う。

王という者は皇帝と呉三桂が互いに闘って弱くなった所を叩こうと考えていた。

いつも太皇太后や皇帝が座る壁際の椅子らしき場所はなんだと思っていたらあれはオンドルだったんですね。では暖かいわけですね。

しかし皇帝というのは不眠不休です。他の皇帝で遊んでばっかの人もいたと思うのに、康煕は確かに病気になっても不思議はないですね。
posted by フェイユイ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 康煕王朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「レインメーカー」再考(BlogPet)

きょうフォードの、マットも表現したかもー。
なぜならフォードと主人公へ指示されたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

「オーシャンズ12」

オーシャンズ12b.jpg

今日は少しだけ感想。後はまた明日。

とても面白いかった。前作が古風な感じならこちらはやや現代風。しかも小細工が多くて楽しいのだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズが加わって女性がふたりになったんだけどなぜかキャサリンとジュリアで他の男達全部を上回る迫力があるような。美女の威力は凄いね。

マット・デイモンはまだまだ半人前なのにボスになりたがる若造という役柄なのでした。がんばるなあ。

何と言っても愉快なのはジュリア演じるテスが「ジュリア・ロバーツ」に化けるという飛び切り遊んだ場面。しかもそこにジュリア・ロバーツの友人としてブルース・ウィリスが突然登場。それをマット・デイモンたちが必死でばれないように誤魔化すというおかしさ。

前回もそうでしたが本作も「他の仕事じゃ生きてる気がしない。泥棒こそが天職!」という男達とそれに巻き込まれる二人の女の最高に洒落たピカレスク・ロマンでした!!
posted by フェイユイ at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

「レインメーカー」再考

レインメーカー.jpg

昨日さんざん罵った「レインメーカー」気になるところがあった。彼女を見捨てて逃げ出し後から法的に救えばいいと思ったところ。そここそがルーディが「自分がダメになってしまう」と思ったところなのではないか。
この映画は抜群の弁護術を駆使して戦う華やかな法廷モノではなくそのみっともない部分を描きたかったのではないか。ただその表現がわかりにくかっただけで。
もう一度観てみよう、と思う。さてどう考えが変わるか?


観ました。
昨日、疑問に感じていたのは主人公がこの映画の中で何を得たのかということだった。何を訴えたいのか、答えは何かと。
この中に明確な解答が掴みにくい為に観るものは放り出されてしまう。
が、結局すぐに答えられることなどないのだろう。

主人公ルーディは正義のために闘った弁護士に憧れその道を目指す。父親の反対を押し切って。
が、彼は忽ち矛盾の中に放り込まれる。コネのない彼にあてがわれたのは脱税疑惑のある悪徳弁護士ブルーザーの事務所。相棒となったデックは優秀で行動力もあって頼もしいのに司法試験に通っていない。試験を通ったばかりの自分はあれよと言う間に弁護士となってしまう。入ったばかりのブルーザーの事務所を見限ってデックと新しい事務所を持つ。その金はブルーザーが稼いだ金だ。依頼人との間には距離を置いた方がいいといわれてもルーディは深入りしてしまう。ブルーザーから「依頼を取ってこい」と言われて出会った女性と恋に落ちてしまう。彼女は夫から酷い暴力を受けていた為にルーディは離婚訴訟を勧める。が、ルーディは法律によってではなく暴力によって彼女の夫をしに至らしめてしまう。しかも自分は逃げ出し彼女を犠牲者にしてしまう。
白血病になった少年とその母親のために保険金を払わない保険会社を訴えるのだが、裁判を待たずして少年は死んでしまう。
司法試験を通っていない有能な相棒デックの働きと悪徳弁護士ブルーザーの知識のおかげでルーディはなんとか裁判を勝ち取る。だが、保険会社が破産した為に結局金は一文も入っては来なかった。
結局ルーディは何もしていないのに等しいのだ。
彼は傷ついたケリーを連れて旅に出ると言う。だが、彼女との愛が真実なのか、それは判らない。なぜなら彼女は異常な状態にあったのだしルーディがそれを助け出したと言う関係だから。二人がどうなって行くのかはこれからの事だ。

いくつかの物語を書くことで混乱してしまっている、と昨日は書いたが、今日はそう思っていない。
能力はあるのに何もできない倦怠感。そうだった。それこそがコッポラの魅力だと昔あれほど愛していたのにすっかり忘れてしまっていた。
昨日書いたことを消してしまいはしないけどここに気づかなかった事が悔しいし恥ずかしい。(できることなら昨日の文を読んだ人は今日のも読んでもらえるといいのだが)

マット・デイモンはそんなコッポラの思い描いた若い弁護士を実に丁寧に細心を払って演じきっている。彼がやっているのはただお利口さんの熱血真面目弁護士と言うだけではないんだ。
裁判の場面も華やかな丁々発止のやりとりの面白さ、奇抜さ、知的なゲームを狙ったものでもないんだ。
彼はどうしてもやりきれない苦悩を抱えているのだった。そこに昨日は気づいていなかった。
どうにも恥ずかしい事なんだけど一日かかってそう思いました。「レインメーカー」のマットを指示していて方、お許しください。
やっと判ったんですよ。

監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:マット・デイモン、ミッキー・ローク、ダニー・デビート、ジョン・ボイト、ロイ・シャイダー
1997年アメリカ
posted by フェイユイ at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「[薛/子]子(げっし)」届く

img10351899535.jpg
(これはドラマの表紙)

「[薛/子]子(げっし)」日本語版がようやく到着。
心躍らせて包みを開く。
紅い表紙に「在我men的王国裏」の言葉が。かなり分厚くて読み応えがありそうだ。
いつもの悪い癖で最初から緻密には読めない。斜め読み、拾い読みをする。
内容は何度もドラマで観たそれらの光景が思い出される。
もっと重くて固い文章なのかと思っていたのだが、読みやすい平易な文章だったのでほっとした。考えたら、しゃべっているのは若い男の子ばかりなのだから、これが当たり前なのだ。
ワン・クイロンがフー老爺子と話すところなど訳を間違えてないか心配だったがそう勘違いはしてなかったようだ。
ドラマではそういう話は出てこなかったように思うが、彼らが金庸の「射[周鳥]英雄伝」が好きなのに禁書になっていたとは、あんなに面白い小説が禁書にされてはたまらない。彼らが互いを師父・師兄弟としている所が好きだったし。

感動的な話なのに出てくる食べ物の描写が美味しそうで(笑)小説に食べ物の話が出てくるのが凄く好きなのだ。

少しずつ楽しんで読んで行きたい。
posted by フェイユイ at 18:41| Comment(6) | TrackBack(0) | [薛/子]子(ニエズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。