2006年05月01日

「レインメーカー」再考

レインメーカー.jpg

昨日さんざん罵った「レインメーカー」気になるところがあった。彼女を見捨てて逃げ出し後から法的に救えばいいと思ったところ。そここそがルーディが「自分がダメになってしまう」と思ったところなのではないか。
この映画は抜群の弁護術を駆使して戦う華やかな法廷モノではなくそのみっともない部分を描きたかったのではないか。ただその表現がわかりにくかっただけで。
もう一度観てみよう、と思う。さてどう考えが変わるか?


観ました。
昨日、疑問に感じていたのは主人公がこの映画の中で何を得たのかということだった。何を訴えたいのか、答えは何かと。
この中に明確な解答が掴みにくい為に観るものは放り出されてしまう。
が、結局すぐに答えられることなどないのだろう。

主人公ルーディは正義のために闘った弁護士に憧れその道を目指す。父親の反対を押し切って。
が、彼は忽ち矛盾の中に放り込まれる。コネのない彼にあてがわれたのは脱税疑惑のある悪徳弁護士ブルーザーの事務所。相棒となったデックは優秀で行動力もあって頼もしいのに司法試験に通っていない。試験を通ったばかりの自分はあれよと言う間に弁護士となってしまう。入ったばかりのブルーザーの事務所を見限ってデックと新しい事務所を持つ。その金はブルーザーが稼いだ金だ。依頼人との間には距離を置いた方がいいといわれてもルーディは深入りしてしまう。ブルーザーから「依頼を取ってこい」と言われて出会った女性と恋に落ちてしまう。彼女は夫から酷い暴力を受けていた為にルーディは離婚訴訟を勧める。が、ルーディは法律によってではなく暴力によって彼女の夫をしに至らしめてしまう。しかも自分は逃げ出し彼女を犠牲者にしてしまう。
白血病になった少年とその母親のために保険金を払わない保険会社を訴えるのだが、裁判を待たずして少年は死んでしまう。
司法試験を通っていない有能な相棒デックの働きと悪徳弁護士ブルーザーの知識のおかげでルーディはなんとか裁判を勝ち取る。だが、保険会社が破産した為に結局金は一文も入っては来なかった。
結局ルーディは何もしていないのに等しいのだ。
彼は傷ついたケリーを連れて旅に出ると言う。だが、彼女との愛が真実なのか、それは判らない。なぜなら彼女は異常な状態にあったのだしルーディがそれを助け出したと言う関係だから。二人がどうなって行くのかはこれからの事だ。

いくつかの物語を書くことで混乱してしまっている、と昨日は書いたが、今日はそう思っていない。
能力はあるのに何もできない倦怠感。そうだった。それこそがコッポラの魅力だと昔あれほど愛していたのにすっかり忘れてしまっていた。
昨日書いたことを消してしまいはしないけどここに気づかなかった事が悔しいし恥ずかしい。(できることなら昨日の文を読んだ人は今日のも読んでもらえるといいのだが)

マット・デイモンはそんなコッポラの思い描いた若い弁護士を実に丁寧に細心を払って演じきっている。彼がやっているのはただお利口さんの熱血真面目弁護士と言うだけではないんだ。
裁判の場面も華やかな丁々発止のやりとりの面白さ、奇抜さ、知的なゲームを狙ったものでもないんだ。
彼はどうしてもやりきれない苦悩を抱えているのだった。そこに昨日は気づいていなかった。
どうにも恥ずかしい事なんだけど一日かかってそう思いました。「レインメーカー」のマットを指示していて方、お許しください。
やっと判ったんですよ。

監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:マット・デイモン、ミッキー・ローク、ダニー・デビート、ジョン・ボイト、ロイ・シャイダー
1997年アメリカ


posted by フェイユイ at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「[薛/子]子(げっし)」届く

img10351899535.jpg
(これはドラマの表紙)

「[薛/子]子(げっし)」日本語版がようやく到着。
心躍らせて包みを開く。
紅い表紙に「在我men的王国裏」の言葉が。かなり分厚くて読み応えがありそうだ。
いつもの悪い癖で最初から緻密には読めない。斜め読み、拾い読みをする。
内容は何度もドラマで観たそれらの光景が思い出される。
もっと重くて固い文章なのかと思っていたのだが、読みやすい平易な文章だったのでほっとした。考えたら、しゃべっているのは若い男の子ばかりなのだから、これが当たり前なのだ。
ワン・クイロンがフー老爺子と話すところなど訳を間違えてないか心配だったがそう勘違いはしてなかったようだ。
ドラマではそういう話は出てこなかったように思うが、彼らが金庸の「射[周鳥]英雄伝」が好きなのに禁書になっていたとは、あんなに面白い小説が禁書にされてはたまらない。彼らが互いを師父・師兄弟としている所が好きだったし。

感動的な話なのに出てくる食べ物の描写が美味しそうで(笑)小説に食べ物の話が出てくるのが凄く好きなのだ。

少しずつ楽しんで読んで行きたい。
posted by フェイユイ at 18:41| Comment(6) | TrackBack(0) | [薛/子]子(ニエズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。