2006年05月28日

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第24・25集

周培公は図海を従えて王輔臣に大砲でもって攻撃した。さらに攻撃を進める図海に周培公は「今、いい思いをしても平和になれば歴史は我々を殺戮者とみなす」と言い過剰な殺戮を止めた。図海は周培公の深い考えに感心して従う事にした。
周培公は王輔臣に単身会いに行く。王のもとでは彼の息子が戦死したと思われ喪に服しているのだった。だが、吉貞は生きていて父親に再度朝廷への帰順を願い出る。ついに王輔臣も折れて敗北を認めた。周培公は王に感謝するのだった。

周培公が王輔臣を帰順させたと聞き、康煕は喜ぶが大臣は「これでは周培公が力をつけ朝廷に謀反を起こすかもしれません」と忠言する。
康煕は仕方なく周培公を北京へ戻すことにした。

朝廷からの命を受けて周培公は「こうなる事はわかっていた」とつぶやく。呉三桂討伐の名誉は図海に預け周培公は帰京することになった。
こうして康煕皇帝は長い年月をかけて三藩を平定したのであった。

康煕は平和になった祝いに大臣らに行痴大師が長年かけて品種改良した米を配る。収穫が3倍になるという米であった。
これで富国強兵することができる、と康煕は考えるのであった。

台湾の鄭施琅が数万の兵で穆将軍を倒し2県を占領した。穆将軍は朝廷に書を届けるよう配下に申し渡す。その男は穆将軍が施琅の攻撃を受け占領された、と呼ばわりながら走り出す。
その途中で海関総督の東亭は男を休ませ代わりに大声を持つ男を数人「穆将軍が鄭の攻撃を破り大勝した」と叫ばせながら朝廷に書を運ばせた。

康煕は大勢の王子たちと食事をしようとしていた。もうすぐ盛京へ旅立とうとしているのだった。
皇子たちにそれぞれ留守中の注意を与えていると穆将軍からの書と東亭からの上奏書が康煕の手に渡された。それを読んで康煕は気分が悪くなってしまうのであった。

第一皇子を伴って康煕は盛京へと旅立った。途中で康煕は臣と皇子に東亭からの知らせを教えるがここで皇帝が騒いで帰京すれば余計に民も敵もそれに気づいてまずい事になる。ここはこのまま旅を続けようということになった。
盛京で康煕は蒙古王を帰順させようと考えていた。そして盛京に派遣していた周培公を訪ねた。が、南方育ちの周はすっかり身体を壊して病の床についていたのだった。
康煕は周培公を再度起用したいと言い渡した。

活躍すればしたで疑いをかけられてしまう周培公も辛いが一時も気が抜けない皇帝は大変です(気安いな)
オクテと思っていた康煕、いつの間にか子沢山に姫はまだ他にいると言う事だからなかなかやりますね。しかしこの可愛い王子たちも結局権力争いに巻き込まれていくのかと思うと気が重いです。やはり庶民が一番です。

それにしてもスマラグや太皇太后が出てこないと魅力半減ですなー。康煕がスマラグにぴしゃりとやられるところが一番好きなんですが。お婆様はまだご健在なのでしょうか。

周培公は慣れない氷の土地で命を縮めてしまう。何よりも皇帝から疑いをかけられたことが辛いことだったのだ。再度起用する、という皇帝の言葉にももう春まで持たないと答えるのであった。代わりに周培公は「姚啓聖」という男の名前を教える。無名だが智恵を持つと。
そして康煕に「絵を描きましたので持ち帰って見て下さい」と言う。戻ってその大きな絵を広げてみるとそれは広大な大清の地図であった。康煕は感動を覚える(見てるこちらも感動した)周培公は10年かけて古今東西の歴史をこの地図に描いたのであった。
康煕がそれを見ている間に周培公は命を落とした。

康煕は臣を集め台湾をどうするか閣議する。ある者は捨てろと言い、ある者は捨ててはいけないと言う。皇子インスーは台湾を攻撃する事を望んでいた。
台湾には福建、広東、浙江の三省の出身者が多くそこは清の食料庫・金庫なので切り捨てるわけにはいかないというのだ。
康煕は台湾よりも蒙古のグールダンはもっと恐ろしい、と感じていた。

康煕は周培公がいい残した姚啓聖を捜す。彼は格下げを繰り返し田舎の厩番に身をおいていた。
康煕は彼を捕らえさせて牢にいれ食事は与えるが何も話してはいけない、と言い渡す。姚啓聖は食事だけでなく本をよこせと叫んだ。

蒙古王の間でも戦争が繰り返されていた。土謝図はグールダンに攻められ王は傷つき姫に復興を託した。皇帝に頼むのだと。


posted by フェイユイ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 康煕王朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「欲望という名の電車」にマットをキャスティングしたならば

さて「欲望という名の電車」と言う映画を観たのだがそれの感想はもう書いたんだけどマット・デイモンがもしこの映画のリメイクに出演したならば、という部分を抜粋。(もう読んでくれた方同じ内容です、ごめん)

さてここから先はお遊びコーナー。
このような名作は色んな俳優に是非演じて競ってもらいたくなるものである。どんなスタンレーやブランチが表現されるのかが見物だからである。
そこで今私の一番のお気に入り、マット・デイモンにも当てはめてみたい。
普通ならスタンレーをやってもらうんだろうけど、いくらマットが演技派とは言え野獣のようなスタンレーをやるのは無理のような気がする。友人ミッチは「身長185センチ体重92キロです」とか言わなければいけないからもう体格でアウトである。
となるとマット・デイモンにはブランチをやってもらおう。いい家庭の出身で高学歴を鼻にかけたブランチ役はまさにマットにぴったりではないか。
男女を入れ替えただけでは話がおかしくなるだろうからここで物語を大きく変更させてもらう。
寄る辺のないマットは仕方なくゲイパートナーと暮らすゲイの弟の家へ押しかける。(ここではマットはゲイではなくストレートと言う事になっている)心優しい弟はこころよくマットを迎えるがゲイパートナーの彼氏は高学歴を自慢するマットに我慢できない。しかも世話になっているくせにゲイである事を差別するのだ。しかしそういうマットは実はゲイ売春をしていた事を隠していたのであった。
最後に高慢ちきなマットは弟の彼氏に強姦された上に施設に送られてしまう。(弟は妊娠できないのでそこはどうする?)
(書いててちょっと怖くなったがあくまでもこれは冗談なのでお赦しを)
他の3人の配役はどうしたらいいかな。スタンレーはベン・アフレックならできそうな気がするけど(マットもうれしかろうし)でステラはケーシーがやるのか?(怖い、やめよう考えるの)
posted by フェイユイ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「欲望という名の電車」

欲望3.gif欲望2.jpg欲望.jpgブランド.jpg

この前、自分でこのタイトルを書いたら急に観たくなってレンタルした次第。
ディレクターカット版という奴です。(と言っても普通版とどこが違うのか細かくは判らないのだけど)なぜディレクターカットなのかと言うとこの映画はテネシー・ウィリアムズの戯曲をエリア・カザンが演出した舞台が喝采を受けて映画化されたものなのだが、その際内容に問題があるとして当局から手直しを命じられたのであったのだ。

どの場面が問題なのかと言うと、最後にブランチが妹の夫スタンレーに強姦されてしまうのだが「これはいかん!しかも強姦したスタンレーは処罰も受けないのだからこれでは強姦を認めた事になる」と言うわけでなにやらほのめかしたような演出になっているのだが、昔の映画と言うのは強姦などは演出によってほのめかすのが通常だったわけで当時の観客なら「これは強姦だ」とわかるだろう。が、ディレクターカットだからこうであるのかも、通常版がどうなっていたかはわからない。
だが問題はむしろその後の場面、映画では夫スタンレーが姉ブランチを強姦したとあってステラは「今度こそはここにはいられない」といい捨てて2階の友人の家へ駆け上がっていくのだ(2階に行くって言うのは大した逃走ではないような気はするが)
戯曲ではステラはやっと姉がいなくなってむしろほっとした、と感じるのである。何たる違い!
だがこのことで行き場のないブランチの哀しみはより深まるのだし、こうでなければ物語の意味がないのだ。

もう一つは裕福な家の出身であるブランチが何故、教師の職も失う羽目になるような行為、男を漁り売春婦となっていったのかという理由である。
映画では若い頃に結婚していたブランチが少年のような夫に対して「詩を書くしか能がない。仕事のできない情けない男だ。臆病者」と罵ったことで若い夫は行き場をなくして自殺してしまう、と説明する。
これが理由なら理解しがたいではないか。そんなことがあるのだろうか?戯曲ではブランチの若くハンサムな夫はそれを隠していたゲイで男と密会しているのをブランチが見てしまう。そして夫に「見たわよ」と告げてしまい傷ついた夫が自殺してしまうのだ。これなら当時のゲイ差別を踏まえてみれば納得がいく。

つまりこの物語の重要な要素が二つとも変更されてしまったわけでこれでは戯曲を読まず、もしくは芝居を観ずにカザン監督のこの作品をみた者はナンだか意味がわからないのではなかろうか?と思われてしまう。
大変に面白い戯曲なだけに残念である。

が、それを我慢したとして(我慢できないけど)やはり観るべきものがある作品だと思う。何と言ってもマーロン・ブランドの溢れる魅力!むんむんとむせ返るようなマッチョな肉体美。端正な顔立ち。荒々しい言動。こんな人が「以前」の人だなんて信じられない。私の世代ではブランドと言えば「ゴッドファーザー」の迫力あるコルレオーネでやはり素敵だったが、若きマーロン・ブランドはまだ可愛いといっていいほどでしかもセクシーでありしかも男らしい!スタンレーを彼以外にやれるのか?と言うくらいのものである。

そしてビビアン・リー。私には彼女はやはり「風と共に去りぬ」である。アメリカ南部の金持ちのお嬢さんという設定がダブってスカーレットが落ちぶれてブランチになってしまったかのような錯覚に陥る。そのため余計にブランチが哀しく思われてしまうのだ。

が、このブランチと言う女性はビビアン・リーが熱演すればするほど変な女になっていく。この口ぶり、けたたましいおしゃべり、美と若さへの異常な執着。私には彼女の姿は女性と言うより女装したゲイの感覚に近いように感じられてしまう。
やはりゲイであるテネシー・ウィリアムズが自分の心を写し取ったかのようなブランチはどうしてもそうならざるを得なかったのであろうか。
無論、それがいやなのではない。そう思ってしまうことがブランチというキャラクターを本当に寂しい存在にしていると感じるのだ。

ところで人は登場人物に感情移入して観ていくものだが、私は思い切りスタンレーである。奥さんのステラには少し移入できるがブランチにはならない。
突然やって来て家庭内に入り込み好き勝手して高慢ちきな言葉を話すブランチには我慢できない。私なら1週間も無理である。スタンレーは優しいとさえ思う。いなくなった時は正直ほっとした。これでは映画の本質を理解していないか?
かといってブランチに全く自己を投影できないわけではない。次第に年取り若さを失っていく女の哀しさは女である身としては理解できる。突然現れた新聞代集金の若者に舌なめずりをする心境にも同感できるわけである。

さてここから先はお遊びコーナー。
このような名作は色んな俳優に是非演じて競ってもらいたくなるものである。どんなスタンレーやブランチが表現されるのかが見物だからである。
そこで今私の一番のお気に入り、マット・デイモンにも当てはめてみたい。
普通ならスタンレーをやってもらうんだろうけど、いくらマットが演技派とは言え野獣のようなスタンレーをやるのは無理のような気がする。友人ミッチは「身長185センチ体重92キロです」とか言わなければいけないからもう体格でアウトである。
となるとマット・デイモンにはブランチをやってもらおう。いい家庭の出身で高学歴を鼻にかけたブランチ役はまさにマットにぴったりではないか。
男女を入れ替えただけでは話がおかしくなるだろうからここで物語を大きく変更させてもらう。
寄る辺のないマットは仕方なくゲイパートナーと暮らすゲイの弟の家へ押しかける。(ここではマットはゲイではなくストレートと言う事になっている)心優しい弟はこころよくマットを迎えるがゲイパートナーの彼氏は高学歴を自慢するマットに我慢できない。しかも世話になっているくせにゲイである事を差別するのだ。しかしそういうマットは実はゲイ売春をしていた事を隠していたのであった。
最後に高慢ちきなマットは弟の彼氏に強姦された上に施設に送られてしまう。(弟は妊娠できないのでそこはどうする?)
(書いててちょっと怖くなったがあくまでもこれは冗談なのでお赦しを)
他の3人の配役はどうしたらいいかな。スタンレーはベン・アフレックならできそうな気がするけど(マットもうれしかろうし)でステラはケーシーがやるのか?(怖い、やめよう考えるの)

監督:エリア・カザン 原作戯曲・脚本テネシー・ウィリアムズ 出演:ビビアン・リー、マーロン・ブランド
1951年アメリカ
posted by フェイユイ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。