2006年07月08日

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第33集

康煕は外敵より内部分裂が怖い、と悩む。ついに台湾攻撃を決意する。
索額図は姚啓聖と李光地に攻撃を命じた。

満人水軍の兵士たちは慣れない海での戦いを前にまだ女も知らないと嘆いていた。そこで連れ立って年若い少女達を強姦したのだ。
怒った福建人たちは姚啓聖は仇を願い出る。姚啓聖は索大臣に対し犯人を殺して謝らねば福建人は怖いと言う。
集まってきた福建人を前に索額図も慌てた。

海戦の結果、普頼将軍は壊滅。施琅に何とか助けてもらったのだった。索額図は康煕から帰京せよとの命令が下る。
台湾攻撃の失敗で索額図は2階級降格となった。
康煕からの何の罰則もないまま姚啓聖・李光地らは話し合った。姚啓聖は喪に服す、と言って笑わせた。

康煕は容妃に「1年の内に何万両が水の泡と消えた」とグチをこぼす。そして姚啓聖をどう思うかと聞いた。容妃は「姚啓聖は飾らないが大清のために骨身を惜しまず働いています」と答える。康煕は姚啓聖が喪に服す事を許そうと言う。
物思いにふける容妃に康煕はわけを問うと「私もいつか姚啓聖のようになるのでは」と答えた。

福建総督の座をは離れる姚啓聖を見送りに来たのは李光地と施琅だけだった。収賄をしていなかった姚啓聖に李光は200両を渡した。姚啓聖は礼も言わず立ち去った。

朝廷では台湾攻撃の際、姚啓聖が送った3通の手紙を誰が隠したか問題になっていた。それにはオランダ戦艦の廃棄、満人水軍の狼藉、経験不足、そのために朝廷直属の水軍を作るべきと書かれており、それを見ていたら康煕は台湾戦略を遅らせたと言うのだ。
犯人探しが始まり索額図は恐れをなした。
犯人が捕まったという知らせがあり、その者は自害したと言う。これで真犯人が誰なのか判らないままになってしまった。

慧妃がまたなにやら悪だくみをしているようなそぶりを見せる。康煕は具合が悪くなった。
第一皇子であるインスーに兵部次官の職を与えた。インスーの口から皇太子インロンと索額図と自害した男とのつながりを聞いて康煕はさらに気が重くなったようだ。
さらに康煕はずっと気にいってそばにおいていた容妃が慧妃と手を結んで後宮を支配し倹約するはずの経費を逆に多く使っておりインスーが皇太子を告発したと言って責めた。


posted by フェイユイ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 康煕王朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「囚われの女たち」続き

cap164.bmp

パンタレオン・パントハ大尉は軍にその謹厳実直さを認められアマゾンに駐屯する兵士たちの性的非行防止を目的として売春部隊を組織しみるみるその実績を上げていく。その手腕は売春宿の女将も感心するばかりであった。
だがのめり込む性癖を持つ大尉はここでも売春婦にのめり込んでしまう。素晴らしい肉体を持つコロンビアーナ。その様子をラジオ局にすっぱ抜かれ軍も慌てだす。
その頃、「ビジター部隊・コンボイ」がアマゾンの河川用輸送船の上で荒くれ男どもに襲われてしまう。女達は抵抗したが勇敢に戦ったコロンビアーナが撃たれてしまうのであった。
悲しみに打ちのめされながらコロンビアーナを軍の葬儀として行うパントハ大尉。それを知った軍はパントハ大尉に命じた組織を軍のものではないと否定し、大尉に辞職願を出すよう申請する。
軍人であることが全てある大尉は涙を流してそれを拒絶した。どんな試練も受けるので除隊させないで欲しいと。
かくしてパンタレオン・パントハ大尉は零下の山岳地帯に左遷された。彼はそこで文盲の人達に文字を教えるのだ。実直な大尉はここでもその任務を忠実に行った。
貞淑な妻は夫に付き添った。
が、今までタバコを吸うことのなかった大尉がタバコをいつも吸うようになった。
彼はライターで火をつける時、コロンビアーナを思い出すのだ。

生真面目な大尉がおかしくて悲しい。軍に忠実で禁欲主義であった彼がこともあろうに売春組織の経営を任命され勤勉なあまり大成功してしまう。そしてその成功のために今まで順調に出世していた彼が極寒の地に左遷されてしまう。滑稽と言って笑うのか。かわいそうと言って泣くのか。何ともやりきれない人生の苦味である。

色々な販売会社のDVDの説明がわざとなのか、勘違いしてんのか判んないけど全然違っていておかしかったのだが、ここでのビジターさんたちは別に「連日20人以上も相手をさせられ、性の奴隷のように扱われた。しかも、レイプ同然のセックスを強いられ…」とか「軍部に性の奴隷として囚われた女の恐怖と過酷な任務を描いた官能サスペンスである。駐屯地という社会から隔絶された密室で、若い兵士に次々と押し倒されて犯される女たちの絶叫が響く中、女たちの密かな反撃が試みられるエロス作品である」なんていう場面はないんですがねー。
凄くあっけらかんとしててまるでサッカーの試合にでも出るかのように掛け声を上げ兵士たちの元へ乗り込んで行くんである。一方兵士のほうはもう長い間ご無沙汰だったんで一応20分の制限時間が定められているのだが5分で終わったりして絶叫なんか響いてないのだよ。
物凄い状況を期待して鑑賞したらばがっくりくるかもだが、大体「囚われの女たち」ってタイトルがもうアレだから。女たちは囚われてないしな。原作は「パンタレオン大尉と女たち」になっている。スペイン語は判んないけど「パンタレオン イ ラ ヴィジタドラス」というのであろうか。
原作の方が大尉の溺れっぷりが凄いみたいですけど(笑)映画の方はかなり格調高く最後もセンチメンタルな恋心が描かれているようだ。

ともかく辛辣な批判と笑いと悲哀が混じりあった傑作でありました。女でも見惚れるほどのセクシーボディは出てきますがこういう意味でのポルノ映画ではないのだよ。官能的であることは確かであるが。
検索しても感想など書かれていないようだ。
この映画を勘違いして観ないままにしてしまうのは惜しい!!この面白さ、確認して欲しいものです。


監督:フランシスコ・J・ロンバルディ 出演:サルバドール・デル・ソラール 、 アンジー・セベダ 、 モニカ・サンチェス
1999年ペルー/スペイン

原作「パンタレオン大尉と女たち」
ラベル:軍隊
posted by フェイユイ at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 中南米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。