2005年12月01日

笑傲江湖・第二十三集

気を失った間に任我行の身代わりに吊るされた檻に入れられてしまった令狐冲。目が覚めても訳はわからず、兄弟になった向問天の仕業とも思っていない。運ばれてくる酒で憂さを晴らすしかない。
そんな中で令狐冲は鉄格子に刻まれた文章に気づく。それは任我行が残していったものだった。読み進む内、令狐冲は「吸星大法」を会得していったのだ。それによって今まで令狐冲の体の中で暴れていた桃谷六仙と不戒和尚の内功が流れ出てすっきりしてしまったのだった。
そこへ四兄弟の一人黒白子がこっそりやって来て「吸星大法」を教えてくれ、というのだ。令狐冲を任我行と間違えているのだ。何と彼は長い間、一人だけで「吸星大法」を伝授してもらおうと画策してきたのだった。
が、この機会を逃すまいと令狐冲は任我行になりすまして檻を下ろさせ、今度は黒白子を身代わりにしてしまった。
2ヶ月ぶりに外へ出た令狐冲だった。

任盈盈は少林寺に潜んでいたものの、令狐冲の様子を見せろと言い出す。困った方証大師は冲虚道人に助言を求めると、冲虚道人は全てを話したほうがよい、と言われる。方証大師は冲虚道人にまかせて盈盈をなだめ、ことを荒立てないように説得してもらう。

令狐冲はこうやって次第に崋山派から離れていってしまいますね。原作ではここでまた岳霊珊を思い出ししんみりしてますが、ドラマではもう小師妹のことは思い出しませんね。盈盈なら自分で助けに来てくれるだろう,なんてことも考えたりしてますが。

出演:李亜鵬(リー・ヤーポン)(令狐冲)許晴(任盈盈)李解(林平之)孫海英(田伯光)陳麗峰(儀琳)彭登懐(余滄海)李勤勤(定逸師太)巍子(岳不群)苗乙乙(岳霊珊)


posted by フェイユイ at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうじえるんはドラマしんみりしないです。
Posted by BlogPetのじえるん at 2005年12月02日 09:59
速攻でコメントするとは恐るべしブログペット。

おいらも設置するかなぁ。
Posted by fince at 2005年12月02日 14:41
じえるんは今日のは感心しないね、といってるようですね。むかつく。
まあ、こんな風に苦言を呈してくれる可愛い奴です。
一度飼うとやはり情が移ってしまいますね。結局自分の分身ですし。
Posted by フェイユイ at 2005年12月02日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。