2004年11月12日

オールドボーイ後半

後半、あっという間に見てしまった。意外と後半って、盛り上がっていく前半よりつまんなかったりすることあるけど、これは違いましたね。(前半もぐちゃぐちゃで面白かったけど)しかし、何も言えん。言うと恐ろしいことが起きるらしい。

残酷残酷と言って嫌がってましたが、残酷もここまで来るともうすでに何かを通り越してあちら側にいってしまってるという感じ。ストーリーは言えないけど、とにかく作りが凝ってて単にストーリーを聞いただけでは判らない映画の面白さがあります。いろんな細部も注意してヨーク見てるんだよ。と言う感じ。DVDだったら何回も見れますが、それにDVDの作りも凝ってた。かっこいい。そうだ。すごくかっこいい映画だった。

あと、なにをいうんだ?かっこいいし、笑えるし、悲しい。怖くて残酷でふざけてる。主人公オ・デスの強さ、笑っちゃうほどの強さ。感動もしましたが、すごく楽しめたと言う方が大きいです。一番感動したのはこの映画の作り方かもしんない。こんなにゴリゴリに凝った映画もあまりない気がする。うん、楽しかったですね。

posted by フェイユイ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(2) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

オールド・ボーイ
Excerpt: タイトル: オールド・ボーイ プレミアム・エディション 2004年、カンヌ映画祭でグランプリを受賞した話題作。原作は日本のコミックです。 主人公のチェ・ミンシク(「シュリ」出演)は、突然、拉致され15..
Weblog: ある在日コリアンの位牌
Tracked: 2005-04-23 14:02

オールドボーイ
Excerpt: 去年のカンヌ映画祭で、グランプリに輝いた韓国映画。審査委員長のタランティーノ監督が、絶賛したとのこと。 (ここからは、ネタバレ全開です) ひとことで言えば、「二重構造を持った復讐譚」です。主人公..
Weblog: distan日誌
Tracked: 2005-05-01 18:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。