2004年11月17日

「末代皇帝」後記

昨夜はまっとうなことだけ書いたんですが、(それも私の感想ではありますが)「末代皇帝」で一番おもしろいとこは、やはり紫禁城、天津、満州国までの享楽と苦悩の葛藤です。その後の新国家での浄化は物語としてまとまっていくなとは思いますが。 




posted by フェイユイ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 末代皇帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1062533

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。