2005年12月22日

笑傲江湖・第三十四集 前半

東方不敗一人に四人は剣を取って立ち向かう。東方不敗の傍には様々な色の糸つむが並べられ東方不敗が針を投げるとそれらの糸が引き出されて敵を封じてしまう。
次々と東方不敗に指から放たれる針に四人は全く思ったように動く事ができない。やはり最強の戦士は東方不敗なのだろうか。
令狐冲の攻撃に「剣の腕は確かじゃ」とつぶやく東方不敗。任我行も「吸星大法」を使い東方不敗に対抗する。令狐冲も続けて仕掛けていく。それを見て「武芸は天下一だと言ったじゃないか」と言う楊蓮亭に「思ったより腕が立つようだ」と言う東方不敗はけしてあきらめてはいない。
令狐冲に対して東方不敗が鋭い攻撃を繰り出していくのを見て、盈盈は東方不敗自身ではなく恋人である楊蓮亭を襲った。それを見つけた東方不敗は「蓮弟」と叫んで令狐冲から離れた。
盈盈は楊蓮亭を鞭で弾き飛ばし剣で刺した。逃げた東方不敗を追ってきた令狐冲が剣で刺す。が、その傷は浅い「とどめを」と叫ぶ任我行に令狐冲は一瞬戸惑い、東方不敗を離してしまった。
盈盈に刺された楊蓮亭はどうと倒れた。屋根の上に逃げ延びた東方不敗は日月神教の印をかたどった飾りにもたれ愛しい楊蓮亭を見つめた。その体からは血が流れ出した。
「東方不敗いや必敗。お前の負けだ」高笑いをする任我行。東方不敗は静かに話し出した「令狐冲。お前の剣の腕はすばらしい。だが蓮弟に気を取られなければその剣は届かなかったがのう」令狐冲はこれに答え「確かに。四人でもかなわない。さすが天下一に恥じぬ腕前」と礼を取った。「何と男らしく潔い気概のあること。黒木崖に閉じこもって10年。だが恩怨からは逃げられぬ」これを聞いて令狐冲「10年間、一度も外へ出ていないのか」「死に際に嘘はつかぬ」「定逸師太の暗殺は?」東方不敗はふっと笑い、「私は天下の東方不敗。殺すのにこそこそする必要はない」定逸師太暗殺の犯人が東方不敗でないと知り令狐冲が呆然となった時、任我行が「吸星大法」と叫んで楊蓮亭から流れる血を吸い取ろうとした。それを見た東方不敗が動いた「危ない」令狐冲が叫んだ時には任我行の左目に針が突き刺さっていた。向問天が弾かれた任我行を身を持って助ける。盈盈がその目から針を抜き取った。

「これこそが“葵花宝典”ずっと肌身離さず身につけていたが、やっと返す時がきたようじゃ」言うや身にまとっていた薄い着物を空に放った。その面にはびっしりと葵花宝典の文字が記されている。「私の“葵花宝典”」と任我行はそれを掴み「芸を極めたくば、まず去勢せよ。二度と目にするものか」と言って引き裂いた。
「12年の恩怨に決着がついたようだ」と東方不敗。任我行が剣を投げつけ東方不敗はそれを防いだが、屋根が破壊され東方不敗は地に倒れた(このシーン。私にはどうなったのかいまいちよく解りません)任我行が高らかに笑う。任我行を見上げる東方不敗。この時、令狐冲はどのような感慨に浸っていたのだろうか。
東方不敗が手に残った針を持ち、それを見た盈盈は父の目から抜き取った針を構える。だが、東方不敗が放った針は屏風に施された刺繍の最後の仕上げをしたのだった。そして「蓮弟」と手を伸ばして呼ぶのだった。構えた針を下ろす盈盈。
令狐冲は動けない東方不敗の身体を気を送って愛しい人の傍へ飛ばしてやった。もう動く事はない楊蓮亭に「蓮弟。愛している」と言って寄り添った。花びらが舞い散り二人の身体を覆った。

日月神教の洞窟で任我行は再び教主としてあがめられるようになった。大勢の信奉者がひれ伏し口々に教主の繁栄を祈る。そして反逆者としてあげられたものたちは一族諸共処刑される事になった。その場を離れて東方不敗を倒した美しい緑の中に立つ令狐冲の姿を見て盈盈はその心の中を察していた。
食卓を囲み任我行がまずは一杯と酒を勧めた時、令狐冲は「ひとえに任教主の功徳。私はこれで」と席を立とうとした「待て」任我行が止め「盈盈とは婚礼を挙げないのか」「できません。まだ恒山派内でやり残したことがあるのです」何と立ち上がった任我行。しばらく思案していたが、軽く笑って出て行ってしまった。ほっとする盈盈。「急いで令狐冲を送っていくのだ」と言う向問天「今行かねばもう行けなくなってしまうぞ」向問天は令狐冲に「縁があって出会えたのは光栄だ。私のせいで巻き込んでしまった」「そんなことは」(盈盈のためだもんね)そして令狐冲は盈盈の傍に寄った。盈盈も令狐冲を見つめながら立ち上がる(この雰囲気、もう完全に恋人同士の言葉の要らない間と言う感じです)令狐冲は兄・向問天に礼をして出て行った。

辟邪剣譜を手に入れ、自ら宮(去勢)した林平之は修行を重ねていた。その腕前は以前とは別人だった。微笑も凄みが加わり、武芸は破壊的なものとなっていた。
崋山派の岳霊珊らも五岳合併の日を目の前にして錬剣に余念がなかった。思過崖の洞窟での図柄を見ながら弟子たちは腕を磨いていく。それを見た岳不群は安堵の息をついた。

「左冷禅が嵩山で五岳剣派を召集するわ。それでも行くの」令狐冲の身を案じる盈盈。「野心の強い男だ。武林の支配権を握るつもりだ。だからこそ行かねば」名残惜しそうに互いを見やりながら別れる二人だった。

左冷禅は泰山派の師淑を迎えて五岳剣派合併への気運を高めようとしていた。残る衡山派、崋山派は取るに足りぬ。手強いのは恒山派だ、というと陸柏が奴らはどうせ烏合の集。意見はばらばらです。と言って左冷禅を喜ばせる(仲はいいんだよね)

なんと言っても今回、楊蓮亭の傍に東方不敗を飛ばしてあげた令狐冲の優しさにぐっと来ました。色々観てても結構こういう女装の男などには冷たい番組・映画などは多いものです。確かに悲しい結果に終わりましたが、せめて愛しい人の傍に行かせてあげるなんて令狐冲は思いやりに溢れた人です。やはり東方不敗は天下一といわれるだけはある、という言葉もかっこよかったけど。
それにしても盈盈と令狐冲はなかなか落ち着く事ができませんね。互いを見つめる目だけはもう熱々なのですが。




posted by フェイユイ at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東方不敗は、「もう、終わりね」といって自ら日月神教のオブジェを破壊して倒れたのです。その心は、死を前にして、日月神教という宗教的仮面をみずから破壊して、自らの気持ちのままに素直になったということ。それは、刺繍の最後の仕上げのために針を飛ばしたことでもわかります。
同性愛とか宦官、自宮といった面はあるにしても、教団組織といった形にとらわれない人の゜姿を目にしたのは、おそらく曲洋老人たちの合奏以来の出来事だったかもしれません。
そして、それは、令狐冲と盈盈との関係とも重なるのかもしれません。
令狐冲、成長しましたよね。
Posted by 迷 at 2005年12月23日 00:37
平之で悲しい花びらとかを支配しなかったよ。


Posted by BlogPetのじえるん at 2005年12月23日 10:04
ところで、歴史の話になりますが、漢の劉邦とならんで農民出身の皇帝となった朱元璋は国名を明教(=日月神教と関係ありか?)の明の字をとって明としたというお話がありますが、このとき、はじめて都を江南の金陵(今の南京)におき、宦官も禁止していました。しかし、猜疑心の強い、恐怖政治を行ったともいわれ、その結果、死後、地方に派遣されていた皇帝の親族が、叛旗をおこし、第3代永楽帝として即位。このときには北京に遷都し、諜報活動のために宦官を復活させてしまいます。

宦官なき恐怖政治がいいのか、それとも宦官によるコントロールがいいのか、任我行の返り咲きが本当によかつたのかどうか。令狐冲の心中も複雑かもしれません。

林平之についていえば、福井ヒョウ(金+票)局の再興をなすこともなく、ひたすら仇討ちのみに人生をかけながら、一方では信じていた師父に裏切られて逆切れし(その点では、最後まで師の恩に報いようとする令狐冲と対照的)、そのあげくに・・という悲しい運命のようですが、岳不群や東方不敗と違って、組織に対する支配欲のない一匹狼的な感じですよね。
もちろん支配欲でいけば、盈盈パパや左冷禅も強くもっているけど、この人たちは、そのために自宮するような人ではなく、剣譜に興味を示しつつも、自らの技の研究や鍛錬に力をそそぐというか。
自宮して一代限りの栄華をほこらず、末代までファミリーの栄華を求める独裁者というか・・
まあ、任我行や左冷禅のオカマ姿なんて、ちょっと恥ずかしくて考えられないのだけど・・



Posted by 迷 at 2005年12月23日 19:53
>前の方のコメント
これも私の書き方不足でした。そうですね。もう最後と思って自ら神教のオブジェを壊したわけですよね。私がつい「よくわからなかった」と書いたのは、東方不敗が落ちて来る時、令狐冲がはっと飛んで降りてくるシーンが「ナンだろう」と思って(笑)このドラマ時々シーンの繋がりがはしょられててわかりにくいのです。

迷さんが「令狐冲と盈盈との関係とも重なるのかもしれません」というのは同感。私もこの文章書こうと思ったんですが(笑)ぱっと考え付かなかったですね。令狐冲と盈盈も許されない愛と言う意味では東方不敗たちと同じなわけですから。

林平之に関してのコメントも凄く興味深いです。
Posted by フェイユイ at 2005年12月23日 23:02
思過崖から戻ってきました(笑)。
考えてみるに、林平之も令狐冲もともに、一匹狼のようなものなのに、人間としての器のちがいというか、林平之の哀れさといったら・・。

この際、平之君には、辟邪剣譜を手に入れる前に、慕容博のような人に弟子入りさせて、お家の復興と血筋を絶やさぬことへのこだわりをもっていただくことにしていただきたい。
そうなれば、自宮することもなく、思過崖の絵を見て、武功も上達し、令狐冲に対抗できるくらいの人物になりえたであろうし、それはそれで一つの物語になったに違いない。
しかし、作者は、林平之にそのような使命をあたえなかった。この物語の主題は、別のところにあるのだから。

なお、方証大師か誰かの話では、辟邪剣譜のもととなるものは、もともとは崋山派にあったもので、林家の先祖が崋山派だったかどうかはわからないが、岳掌門が平之を利用してそれをとりもどそうとすることは、崋山派の総帥として当然であり、先祖が平之が家宝を奪われたかに逆切れするのも、考えが浅いのかもしれない。
Posted by 迷 at 2005年12月25日 18:45
そうですね。ある意味、林平之は主人公そのものですもの。原作では林平之の話から始まってますし。令狐冲が羨むほどの美貌の持ち主ですから。令狐冲以上に過酷な人生を歩んでいますよね。
それなのにこの物語の主人公が林平之でなく令狐冲であると言う事が作者の訴えたいことですね。
Posted by フェイユイ at 2005年12月26日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。