2004年11月25日

「ラブ・レター~パイランより~ 」白蘭

前半、だけって、まだいいとこにいってないんで申し訳ない。こんなとこでやめる人もいないだろう。今、少しじんわりしてきたとこです。セシリア・チャンがいたいけで、男性ならかまってやらずにはおれないことでしょう。
前半の見所はなんといってもチェ・ミンシクのチンピラぶりの壮絶さ。うーん。えげつない。
原作は浅田次郎の「ラブレター」カンジェ(チェ・ミンシク)はぶらぶらしているだけのやくざ。ボスの罪をかぶり自首する羽目になるが、そこへ「あなたの奥さんが亡くなった」との知らせを受ける。それは中国からやってきたバイラン(セシリア・チャン)が、韓国で暮らすための偽装結婚での妻だったのだが・・・。
後半は、明日まで待って!
posted by フェイユイ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

セシリア・チャン
Excerpt: 1980年5月24日 - )は、香港の女優、歌手。幼いときに両親が離婚。叔母
Weblog: あかりの部屋
Tracked: 2007-07-24 07:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。