2004年11月26日

「ラブ・レター~パイランより~ 」ずーっと泣いていました

白蘭、後半です。泣きました.もうずーっと泣いてました。ネタバレなんで、よろしくお願いします。もう、白蘭が偽の夫であるカンジェの写真をじっと見つめてるだけでないてしまった。彼女の頼るもののない寂しい心を思うとかわいそうでかわいそうで。ずーっとかわいそうなんですが、唯一、売春をさせられる危機を感じて自分の口を噛み切り、病気持ちの振りをして免れたのはこの話の唯一の救いです。これで売春させられる話になるんだったら見たくないです。それで白蘭は今度洗濯やさんに仕事を求めるんですが、渋ってたおばちゃんも白蘭のあまりに誠実な姿に心を動かされてしまいます。それで殆ど物置部屋を与えられるんですが、部屋の水道の蛇口をひねると鉄さびの赤い水が、いつまでもいつまでも出てきて、とうとう白蘭はこらえきれずに泣いてしまいます(こちらも泣いてしまいました)でも白蘭はまためげずにひたすら働くんですよねー。韓国語も一所懸命勉強します。そして、偽の夫であるカンジェの微笑んだ(おかしい)小さな証明写真を机に飾って(また泣いてしまった私)自分を励ますのです(涙)そしてそして、彼女が死んでやっと会いに行くカンジェは列車の中で彼女の自分に当てた手紙を読みます。そこには「ありがとう」と。(アーもう書いてるだけで涙があふれて書けないよ)チンピラですさみきってたカンジェも彼女の写真を見て手紙を読むと心が揺り動かされてしまいます。ばかめ、今頃気づくなんて。そして彼女のお骨を抱いてまた今度は洗濯屋のおばちゃんから「白蘭の手紙だよ」といって渡されたのを読んで大泣きしてしまいます。ミンシクの涙にまた泣いちゃいます。馬鹿なカンジェはやっと足を洗う決意をするのですが・・・。
セシリアのほんとにか細い美しさが白蘭そのもののようで、またミンシクがほんとに馬鹿なチンピラにしか見えなくて、3分の2は泣いていました。最後のシーンも本当に美しい悲しい悲しい場面なんです。ここに書いた以外にも泣きのエピソードがいっぱいあって、涙で画面はみえないことでしょう。
監督ソン・ヘソン 原作浅田次郎 出演チェ・ミンシク セシリア・チャン ソン・ビョンホ
posted by フェイユイ at 23:09| Comment(3) | TrackBack(6) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。『射[周鳥]英雄伝』やら『天龍八部』の感想、いつも楽しみに読んでいます。
私もこの映画は涙涙でした。1つ1つのシーンが丁寧で見せてくれるんですよね。泣きのセシリア・チャンにはいつもやられてしまいます。心に残る映画です。

Posted by サンタパパ at 2005年08月27日 14:34
はじめまして、サンタパパさん。
「射[周鳥]英雄伝」「天龍八部」も読んでくださっているとのこと。ありがとうございます!ほんとにうれしいです。

この「白蘭 ラブ・レター」は自分でもおかしいほど泣きっぱなしでした。ごついチェ・ミンシクのせいでセシリア・チャンがいっそう可憐に見えました。いい映画ですね。

どうぞこれからもよろしくお願いしますね。
Posted by フェイユイ at 2005年08月27日 14:50
藍空様はじめまして。
私、音楽座ミュージカルで俳優をしております渡辺修也と申しますアメブロもやっております。

じつはこちらの記事を読ませていただきまして、ラブ・レターのことがかいてありましたので、不躾とは思いましたがメッセージを送らせていただきました。


このたび、直木賞受賞作「鉄道屋」より「ラブ・レター」をミュージカル化します。
当カンパニーは「メトロに乗って」も2000年に舞台化しており、浅田先生にも「200%満足!」との感想をいただきました。

今回は新宿区と提携を組み、9/12に制作発表を京王プラザホテルで行いました。新宿区長も同席する中、浅田先生も上機嫌で10年ぶりにお酒をのんで酔っぱらってしまったほど、原作者も期待のミュージカルです。

浅田先生の作品、舞台化されるものは多いですがミュージカルはございません!!
是非ごらんください!。

・音楽座ミュージカル「ラブ・レター」
http://www.ongakuza-musical.com/sakuhin/loveletter.php
・制作発表(youtube)
http://www.youtube.com/watch?v=OfzQh_rEFCg


・掲載記事
日テレnews24
http://www.news24.jp/entertainment/news/1630051.html
サンケイスポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130914-00000006-sanspo-ent
サンスポ.com
http://www.sanspo.com/geino/news/20130914/oth13091405000001-n1.html
JOL ONLINE
http://jol.me/know/recommend/loveletter

それでは失礼致します。
長文申し訳ございません。
Posted by 渡辺修也 at 2013年10月11日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ラブ・レター〜パイランより〜
Excerpt:  私が死んだら、会いに来てくれますか?   この映画、見終わって、何だか救われない寂しさを感じました。「オールドボーイ」出演のチェ・ミンシクがチンピラ役で出ているんですが、韓国映画でときどき出くわす「..
Weblog: ある在日コリアンの位牌
Tracked: 2005-04-23 14:01

ラブ・レター 〜パイラン〜
Excerpt: 「ラブ・レター 〜パイラン〜」    2001/韓国    監督:ソン・ヘソン    出演: チェ・ミンシク, セシリア・チャン, その他    浅田次郎の短編小説『ラ..
Weblog: 月影の舞
Tracked: 2005-05-27 16:27

ラブレター パイランより
Excerpt: 浅田次郎の原作を、韓国で制作、主演は香港の人気女優セシリア・チャン。偽装結婚。このテーマで果たして、物語に入っていけるだろうかとの心配は杞憂に終った。主演がセシリア・チャンということで、この映画を観る..
Weblog: 映画の休日。
Tracked: 2005-05-27 21:56

「パイラン」
Excerpt: 2001年韓国作 浅田次郎氏の原作は未読。 チェ・ミンシクを目当てに鑑賞。 前半は、ミンシク演じるカンジェという男のチンピラヤクザ家業のグダグダな生き様が延々と続く。 後半からグっと事態は変化..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2005-08-26 11:41

パイラン (ラブ・レター ~パイランより~)
Excerpt: この映画は、浅田次郎の単行本『鉄道員(ぽっぽや)』に納められている短編『ラブ・レター』が原作です。舞台を韓国に移して出稼ぎの女性は中国人になっていますが、人の切ない情感をひしひしと感じる映画です。..
Weblog: かたすみの映画小屋
Tracked: 2005-08-26 22:04

ラブ・レター〜パイランより〜
Excerpt:     評価:★9点(満点10点) 監督:ソン・ヘソン 主演:チェ・ミンシク セシリア・チャン ソン・ビョンホ 2001年 116min 暴力団組員の中年男性・カン..
Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
Tracked: 2006-05-15 20:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。