2006年01月06日

「MUSAー武士ー」 チョン・ウソン

MUSA.jpgmusa2.jpg

かっこいい映画です。
韓国映画を観始めて、私が2番目に好きになった映画です(順番の話です)その後の順番はもうわかんないですが。1番目が「ユリョン」で2番目が「武士」チョン・ウソンが絡んでるわけですが、この「武士」で一番かっこいいのは勿論アン・ソンギ。もうかっこいいを絵に描いた如くです。渋い。

とにかく戦闘と殺戮の場面が続く映画なのですが、それが抜群にキレていて見ごたえがある。
特に、チェ将軍(チュ・ジンモ)始め多くの男は刀を持っているのですが、チョン・ウソンの槍、そしてアン・ソンギの弓矢という武器が心臓掴んじゃいます。

チョン・ウソンは正統派の2枚目なのですが、体が大きいので槍を振り回すのに余裕があって魅せてくれます。チョン・ウソンを私が始めてみたのは「ユリョン」じゃなくてレスリー・チャンの「上海グランド」の抗日運動家の役ででした。そのあまりの美貌の為、ほんの端役なのに忘れられず覚えていました。「レスリーとアンディよりハンサムなのが脇役に」(ごめん、レスリー)
そのチョン・ウソンがここではご主人様に忠実に仕える奴隷ヨソルを演じています。これがまたよく似合う。美形であるほど汚い格好をしていると引き立つものです。そして武侠映画にかかせないほつれ髪。令狐冲のほつれ髪と争うようなステキな乱れ方であります。風呂にも入らず他の者はくっついてるのに一人だけさらさらしてます。服の破れ具合、汚れ具合も最高です。
ご主人様に忠実な奴隷と言う設定もなんだか萌えなんですが。
そして困ってしまうのが、敵の蒙古軍のランブルファ将軍(ユー・ロングァン)がヨソルを好きになってしまうこと。うーむ。確かに蒙古の将軍なんて勇者が好きそうだけど、お姫様そっちのけでヨソルを手に入れたがっているとしか思えないしな。ヨソルをゲルの中に捕らえた時、ヨソルが上半身はだけてるんで言い寄ってんのかと思いましたよな。しかし将軍だけ蒙古人らしい丸顔じゃなくて彫が深いんで時々勘違いしてしまう。後ろの人のような丸い顔の方のほうが蒙古人らしくてよかったんですけど(いいですけど)ハンサムだなあとは思うんですけどね。ヨソルを襲ってる時はハンサムなのでうれしかったですけど。

そしてアン・ソンギ。惚れる。ついて行きたい。かっこばかりでリーダーシップにかけるチェ将軍の影の指導者。 
隊正の武器は弓矢。そして百発百中かと言うような腕前である。これが決まっている。闇の中で矢を放つ時、火を飛ばせて弓を引く。遠く走って行くものにも命中する。が、暖かい心を持っていて奴隷のヨソルにも親切にする。いざと言う時頼りになるこれ以上ない男なのだ。こういう役者こういうキャラクターがいると映画が俄然重みを増す。

若きチェ将軍(チュ・ジンモ)将軍とは名ばかりで実際は隊正に人気をさらわれている。途中でさすがに若造の将軍も皆がついていってるのは隊正のチン・リプだと気づき荒れたりするがそれが却って惨め倍増。
明の姫君・プヨン姫(チャン・ツィイー)にも想いを寄せているのが見え見えだが、うまく口に出せず、姫が奴隷のヨソルに好意を抱いてるのを見てまた嫉妬。なかなか複雑な若造の心である。が、最後は戦って死ぬのが夢だったと男なところを見せる。でもヨソルとチェ将軍が共に死んだ時、姫が抱きしめたのはヨソルだった。将軍にはアン・ソンギが来たよ。残念でした。

プヨン姫(チャン・ツィイー)名前が可愛い。気の強い姫様の役をチャン・ツィイーが魅力的に演じてました。童顔なのでまるでアニメみたいだもの。惜しむらくは最後まで可愛いお姫様でしかなかったわけですが、男の映画だからこういう運命ですな。でもキュートでした。

そして忘れられないのが、ビエ将、かっこいいのだ。将軍に従いつつも反論もする。最後にヨソルに「すまない」とあやまるのがよかった。
目が印象的なこわもてです。

他にも最初は弱虫で帰ることばかりを願っていたダンセン(ハン・ヨンモク )が故郷に残した妻子を思い出させる妊婦の出産に必要な産湯を沸かす為、敵の陣地の井戸水を奪い、命がけで戦うところなどもよかった。

ところで、敵の目を欺く為、偽の姫を乗せた馬車をヨソルが走らせるところを見て「これは“マッドマックス2”だわ」と思いました。この疾走感、争い具合がマッドマックスを思い起こさせます。めちゃ好きなのですよ。私はマッドマックス迷なのです。してみるとヨソルを好きになるのも当たり前。後、砦の中で敵を迎え撃つ感じ、砦の前に捕虜が捕まってるとこなんかも似てますね。ヨソルの汚れ具合もマックス似。しゃべらないとこもね。

そういう色んな理由でこの映画が好きなのですが、キム・ソンス監督の他の作品は、と言うと「英語完全征服」なのですね。何だか、関係ないみたいですが、主役のチョン・ウソンとチャン・ヒョクは同じ顔だ。こういう顔が好きなんですね。2枚目好きなのだなあ。

追記:こういうのを観るといつも私は残酷さが云々をいうのですが、この映画に関しては私の恐怖心には触れなかったのです。韓国映画の武侠もの「清風明月」ではかなり参ったのですが、「武士」はよかったですね。結局は作品が好きかどうかだけということなのでしょう。静かな「清風明月」よりマッドマックスな「武士」の方が私には合っていた、ということでしょうか。女性の描き方もこちらの方が好きでした(てか、チャン・ツイィーだから)。

製作:チャ・スンジェ 監督:キム・ソンス 音楽:鷺巣詩郎 撮影:キム・ヒョング 編集:キム・ヒョン 美術:フォ・ティンシャオ 照明:イ・ガンサン

出演 ヨソル:チョン・ウソン チェ・ジョン将軍:チュ・ジンモ チン・リプ:アン・ソンギ プヨン姫:チャン・ツィイー ランブルファ将軍:ユー・ロングァン カナム:パク・チョンハク パク・チュミョン:パク・ヨンウ 僧チサン:イ・ドゥイル トチュン:ユ・ヘジン ハイル:チョン・スクヨン ダンセン:ハン・ヨンモク  2001年製作


posted by フェイユイ at 00:17| Comment(7) | TrackBack(1) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうじえるんはヨがお姫様を撮影しなかったよ。
そしてきのう、ブルは運動するはずだったみたい。
そして上海に監督しなかったー。
が鷺巣でパの脇役っぽい設定するつもりだった。
でもきのうじえるんが、パが鷺巣に倍増しなかったー。
Posted by BlogPetのじえるん at 2006年01月06日 09:38
お願いします。笑傲江湖、もう少しで終了です。がんばって、書いてください。最後まで知りたいです。お願いします。
Posted by かずちゃん at 2006年01月06日 17:08
わー、かずちゃんさん。心配させましたね。別に投げ出してるわけではないのですよー。DISCASさんにずっとレンタル希望してるんですが、あれからずっと来ないのですよ。きっと皆さん、何度も見直してるのでしょう(笑)
一応、発送されました、になりましたので、到着次第、すぐ観てまた記事にしますよ。もう少し待ってくださいね。
Posted by フェイユイ at 2006年01月06日 18:27
見ました。なかなか見ごたえありでした。
射「周鳥」英雄伝をみたあとなので、歴史背景もよく分かって親しみやすく、そういう意味では七剣よりもなじみ深い感じでした。
モンゴルの部隊の少し太った感じの人、なんか射「周鳥」英雄伝の霊智上人に似ていたようですが他人の空似でしょうか。
Posted by 迷 at 2006年01月07日 21:13
霊智上人(笑)よく見ておられますねー。また見なくちゃ。
確かに見直してみて、モンゴル軍が来た時は懐かしくてつい郭靖はいないかと探してしまいそうでした(笑)
Posted by フェイユイ at 2006年01月08日 00:32
たいへん遅まきながらあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
この映画、『ヘブン・アンド・アース』と似たような構造の映画なんですが、ラストがちゃんとしている分、作品として安心して見ることが出来ますね。
鷺巣詩郎のサウンド・トラックが合っていて、印象に残っています。
Posted by サンタパパ at 2006年01月11日 01:54
(笑)あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

「ヘブン・アンド・アース」も観たんですがあちらの方は全然覚えてない(笑)役者さんのためかなー。この「MUSA」のかっこつけた感じが大好きなのです。
Posted by フェイユイ at 2006年01月11日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

MUSA ??武士??
Excerpt: 『パイラン』は張柏芝(セシリア・チャン)目当てで見ましたが、これは章子怡(チャン・ツィイー)目当てで見た映画です。14世紀の話で朝鮮半島では高麗末期、中国では元末期で明が興った頃、かつての大帝国で..
Weblog: かたすみの映画小屋
Tracked: 2006-01-11 01:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。