2006年01月06日

上海グランド(新上海灘)

グランド.jpgグランド2.jpg

と言うわけで「上海グランド」なんですけどね(笑)
レスリーがいなくなってからなかなか彼の映画が観きれなかったのですよ。少しは観たけど、やっぱり苦しかった。観たいのに観れなかった。ここに来て急に観たくなってしまったの。それはやはり時間のおかげ。またレスリーを観たくなってしまった。

でも映画を観ていると、それはレスリーが演っているんだと言う事を忘れそうになる。例えばこの映画でもアンディはやはりアンディの顔をしてる。それが彼の魅力だと思うから、それでいい。でもレスリーの姿はない。そこにいるのはホイ・マンキョンという男。仲間を死なせてしまったという重い運命を背負って生きている男の姿しか見えてこない。
レスリーはいつもそういう人だった。

ホイ・マンキョンはかっこいいな。あの目を見てゾクゾクしない人がいるんだろうか。憂いに満ちて孤独で。
常に死と隣り合わせにいるような、目を閉じると消えてしまうそんな存在なのだ。

舞台は1930年代の上海。ヤクザからひどい目にあいながらも逞しく生きているディン・リク(アンディ・ラウ)と台湾反日運動員であり仲間を死に追いやってしまったホイ・マンキョン(レスリー・チャン)そして彼ら二人と複雑に絡んでいくお金持ちのお嬢様ファン・ティンティン(寧静)の青春譚。
もともと連続ドラマだったものを映画にしているので時々不思議な感覚に陥ります。何だかあるはずだった場面を見逃してしまったような。とても長い物語をぎゅっと圧縮したように感じてしまうのですね。
でもここでは3人の若者のそれぞれの物語だと言う設定に作られ、かなり整理されていると思いますね。

そして挿入歌まである劇的な音楽の数々。この音楽もテレビドラマの雰囲気を残しているようです。香港的、というのか面白いです。

ヒロイン役の寧静は私にとってかなり思い出深い人です。最も印象的なのは姜文監督の「太陽の少年」のヒロイン。主人公の男の子が慕う年上の女性を初々しく演じていました。そして今度はその姜文と共演した「ミッシング・ガン」今度は姜文が想いを寄せる美しい人妻の役でした。美しい人ですね。

そして昨日もいいましたチョン・ウソン。見直してもやはり美貌でした。若いのでまるで研ぎ澄まされた刀のような美しさを持っていますね。
でも昨日言ってたように「レスリー以上の」と言う感じはしなくて、今、観るとどうしたってホイ・マンキョンの哀しい瞳以上のものはない気がします。

全くの娯楽映画、そう思って楽しんでいいのですが、最後の場面ではどうしても泣いてしまうんですよ。
ホイ・マンキョンがリクと出会った時、便所の汲み取り仲間たちに「アーカン」だと偽名を使う。ホイ・マンキョンが仇を討ち、兄弟分となったリクと殺し合いをして撃たれた時、皆が「アーカン、大丈夫かい」と心配してくれる。ホイ・マンキョンは「覚えていてくれたのか」とつぶやく。そして傷ついたホイ・マンキョンを皆で協力して運び出そうとする。もう泣けてしまってしょうがない。ホイ・マンキョンは最後友達に運ばれながら幸せだったのかもしれない。
新年を祝うパーティの中での撃ち合いのシーンは華やかで哀しい印象的な一幕でした。

監督:プーン・マンキッ 出演:レスリー・チャン、アンディ・ラウ、寧静(ニン・ジン)、チョン・ウソン 1996年製作


posted by フェイユイ at 23:30| Comment(5) | TrackBack(1) | レスリー・チャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさんお久しぶりです。
そして遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
「天龍八部」を見終わってからしばらく武侠ドラマから離れていたんですが、去年の暮れにやっと「射[周鳥]英雄伝」を鑑賞しました。
で、次に見ようと思っているのが「笑傲江湖」と「上海灘」です。
どちらもスカパーで放送されたもので、うちのDVDレコーダーに入ったままです(^^;)
「射[周鳥]英雄伝」がとても良かったんで「笑傲江湖」も楽しみです。
「上海灘」はこのレスリーの「上海グランド」とどう違うのか気になるところですね。

私もこの「上海グランド」のレスリーのホイ・マンキョンがとても好きです。もうこのレスリーはたまりません。ゾクゾクしてしまう感覚よくわかります。素敵ですよねぇ。

そう、「晩安日記」ブログのbanimiさんとも仲良くさせてもらってるんですよ。
映画に関係ないことまで長々とすみません。
またちょくちょくお邪魔させていただきますね。
Posted by zoecchi at 2006年01月07日 03:08
レスリーですか・・。
今日たまたまチャンネルnecoを見ていたら、「ダブル・タップ」ってのをやっていました。

ある事件が元で殺しに快感を覚えてしまった名シューター役。

狂気を解放し、警官を殺しまくりです。

あの演技は凄い。

只、エンディングが唐突なので最終的に何を言いたかったのか、不明。

確かに、かなり役に入り込むタイプの方のようですね。
Posted by fince at 2006年01月07日 20:15
>zoecchi さん
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
「射[周鳥]英雄伝」に引き続き「笑傲江湖」もお楽しみください(笑)コツはしばらく辛抱する事のようですよ。あちらの方にとってはやはりドラマ「上海灘」の方が人気だったようですね。これも見比べて楽しめそうですね。
banimiさんもいつも来ていただいてます。ありがたいことです。

> finceさん
「ダブルタップ」まだ中文字幕で観ただけなので、また日本語字幕で観たいものです。そうですか、やはり役に入り込むタイプと思われますか?なんだかうれしいなあ。
Posted by フェイユイ at 2006年01月08日 00:24
こんにちは。
この映画、好きです〜
アンディもいいけど、やっぱりレスリーですね。
レスリーが出ている映画って、観ていてどうしてもレスリーの役に引っ張られる気がします。
それが彼の魅力なんでしょうね。
ラストがせつなくて・・・私の好きなタイプの映画でした。
Posted by hi-chan at 2006年01月11日 16:10
こんばんは。 hi-chanさん好みって感じですね(笑)
どうもレスリーの映画評になると過剰に涙が・・・素敵な人ですいつまでも。
Posted by フェイユイ at 2006年01月11日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

上海グランド
Excerpt: アンディ・ラウ、レスリー・チャン、ニン・チン、ウー・シンクオ、アマンダ・リー出演。プーン・マンキ監督作品。ツイ・ハーク制作総指揮。 日本が満州国を建国し、台湾を統治していた1930年代。捕えられた台..
Weblog: Movies!!
Tracked: 2006-01-11 16:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。