2006年01月08日

笑傲江湖・第三十八集 前半

霧が立ち込める切り立った山頂で令狐冲と盈盈は楽の根を楽しみながらゆったりとしている。だが令狐冲はつぶやく「はかない人生だ。育った地からは追い出されてしまい、必死に学んだ“独孤九剣”も結局役にはたたない。権力など無関心なのに掌門になり、魔教を憎んでいたのにその娘と恋におちた」「後悔している?」「するもんか」「私もよ。二人で遠くへ行こうって本当?」「うん。あの劉先輩と曲先輩、何故二人が去ったのか、今やっとわかった。盈盈、“笑傲江湖”の曲を教えてくれ」「彼らみたいに一緒に弾けたらいいのにね。でもきっと無理だわ」「なぜ」「二人は争いに負けて死んだのよね」「君の父親も師父もそんなに酷い人ではないと思う」「まだ岳不群のことを師父だと思っているの。あなたを利用するだけなのよ」「恩があるんだ。・・・いつかふたりで桃源郷へ行けたらいいな。誰が何と言おうとも掌門の座を譲れたら二人で行こう」二人は互いを見つめあい手を取り合って語りつくしたのでした。美しい場面です。本当に江湖のいざこざなど打ち捨てて逃げて欲しいとさえ思います。

任我行は向問天の反対を押し切って、部下に「令狐冲が梅庄で任我行をすくって教主の座に戻してくれた事を公表せよ、その礼として副教主に任じる」と命じた。向問天はそれが令狐冲を追い詰める事を感じていた。

少林寺には「令狐冲が任我行を助け。東方不敗を倒した」と言う知らせが届いていた。方証大師と冲虚道長は、任の策略である事を見抜く。「任と岳は令狐冲を奪いあっているようだな」そして岳不群が辟邪剣譜を身につけたことに気づいていた。そんな折、岳不群が訪ねてきたのであった。
岳不群は流れている令狐冲の噂を肯定した。そして令狐冲が魔教に通じ、武林の正義を汚すとんでもない罪を犯しました、と言うので大師は「それほどでは」と否定される。が岳不群は「いや、大変な迷惑をかけました」と答える。そして「魔教は江湖統一を目指しているのです」
道長は「だが、きっと何か事情があって助けたのでは。二人を同類にするのは妥当ではないでしょう」と口添えしてくれるのに「令狐冲は人に流されやすいのです。しかも魔教の娘に誘惑され夢中になっている」そして「今回のことでは非常に恥をかいた」方証大師は微笑みながら「まあそう深く悩まずに。風清楊の直伝なら邪教には走らないはず。任盈盈も令狐冲と一緒にいる事で凶暴な性格がなりを潜め、だいぶん大人しくなったようです。任我行も教主に戻ったが、状況は昔とは随分違うようです」それを聞いていた岳不群はため息をつき、任我行のような者が改心するとでも。」「では岳掌門のお考えは」「戦うのみ。お力をお借りしたくここに来ました」が方証大師は戦いが始まれば世の中は乱れる、何とか事を穏便にと言われた。岳不群は大師に手助けの意思がないと気づき、「では一人で挑戦しましょう」と言って立ち去った。残った大師と道長は岳不群が争いを始めれば武林の災いは逃れられない。全ては令狐冲にかかっている、と話し合った。


posted by フェイユイ at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご苦労様です。ものすごいスピードで書かれてますね。しかも、仔細もらさずというか。
少林寺は崇山にありますが、崇山派に従わなかったのと同様、一つ別格の存在というか、この時点で少林派のスタンスは中立、関与しない方針だということがよくわかりますね。
Posted by 迷 at 2006年01月09日 07:51
あはは、日曜日はちょっとだけ余計に時間があるので頑張ってしまいました(笑)
かなり待っていたため、一気に爆発した感もありますが。
それにしてももうあとわずかです。本当なんでしょうか。何だか淋しいですよ(涙)
Posted by フェイユイ at 2006年01月09日 18:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。