2006年01月09日

「D調的華麗」のジャッキー・ウー

今頃になって「あっ」と気づいた事があります。ここを見に来てくださってる方はとっくに気づいておられるのかもしれませんが。

というのは昨日周杰倫の日本語版「D調的華麗」を読み返してたら、sense1「JAYはこんな人」に呉宗憲(ジャッキー・ウー)さんのコメントがありまして。「ン、この人は映画“一石二鳥”の主役の方?」
このブログでもカテゴリ「高虎」でご紹介しておりますが。→「一石二鳥」なのに私はこの記事で、全然知らない人、のように書いてたような(^_^;)申し訳ない。しかもこの映画「一石二鳥」のオープニングでジェイの曲「龍拳」がかかるんですよ!なのに!
確か、このジャッキー・ウーさんは最初にジェイを引き立ててくれた人だったという記憶が。なのに!
今頃になって「一石二鳥」の主役がジャッキー・ウーさんだと理解しました(笑)とんでもねー奴です。

お母さんやおばあちゃん、そして方文山のばかり読んでたんだよなあ。
お母さん・おばあちゃんの文は本当に心がこもっていてじーんとします。


posted by フェイユイ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。