2006年01月21日

キム・ギドク「3-iron」は邦題「うつせみ」で今年春上映

うつせみ.jpg

しまねこさんからのコメントによる情報。キム・ギドク監督「3-iron」(仮題・空き家)は「うつせみ」という邦題で2006年春に上映されるそうです。しまねこさん、ありがとうございます。

いやあもう教えていただかないと全く巷の情報を知らない私でございます。今後とも皆様のお引き立てよろしくお願いいたしまする。
何はともあれほっとしました。
「うつせみ」ですか。はー。ずっと「空き家」と書いてたのでまだ馴染めませんなー。まるで源氏物語のようです。(「空き家」のほうがストレートでよかったような、ぶちぶち)
と言っても凄く不思議な雰囲気を持ついい映画なのです。是非是非これまでキム・ギドクを観てなかった方、ちょっと拒否していた方にも観ていただきたいです!
私もまた見直して気分を高めていきたいものです(笑)

「うつせみ 3-IRON 」←まあ、こんな紹介なども

尚且つ、私が昔書いた記事なども 前半 後半 さらに 謎の青年 キム・ギドクの夜


posted by フェイユイ at 15:47| Comment(2) | TrackBack(0) | キム・ギドク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え?うつせみって、空き家のことだったんですか!
うつせみなら、つい最近、試写会に応募しました。
違う映画だと思ってた〜〜〜(苦笑)バカですねぇ、私。
当たるといいなぁ。試写会は1月末のようです。
Posted by hi-chan at 2006年01月21日 20:11
あはは、ホントですか?!
おかしいですね(笑)まさか「空き家」が「うつせみ」になるとは思いませんよねー。
ずーっと「空き家」って言ってたので「うつせみ」に慣れるのは大変。
試写会、当たるといいですね!
Posted by フェイユイ at 2006年01月21日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。