2006年01月24日

「うつせみ 3−Iron(空き家)」

うつせみ3-Iron.jpg

「うつせみ 3−Iron(空き家)」は私がキム・ギドク作品で一番最初に観た作品になる。この時、キム・ギドク監督のことを全く知らなかったので白紙の状態でこれを観れた。それは本当に幸運だったと思う。最初に他の作品を観たり、彼についての情報が入っていたら印象はまた違うものになっていたに違いないからだ。とは言え、他の作品を観ていたとしても(そしてその評価がいいにしろ悪いにしろ)この作品を是非観て欲しい。

この作品を初めて観た時、大きな衝撃を受けた。それはギドク監督の他の作品のようなどぎつい暴力や性描写のためではない。なぜならこの作品にはこれまでのような人をはねつける様なあくどさはないからだ。だが、その心の中に忍び込んでくる映像の鋭さは今思い返してみれば何ら変わるところはないのだ。

この映画を観出して気づいたのは「とても不思議な映画だが、そこに映し出されていくものは全て感覚的なものの羅列ではなく、全てに意味がある」ということ。彼の映画で表現されているものは決して難しい事ではない。だが人によっては違った観察をしていくのかもしれない。

ここでの主人公は中年の女性である。とても美しいが、夫からは理不尽な暴力を受けている。彼女に自由はない。彼女に自己投影できるかでも随分変わってくるだろう。あるいはオートバイに乗って登場する不思議な青年に。あるいは妻に暴力を振るう事でしか感情を表現できない中年の男に。

私は主人公の女にするりと入り込んでしまった。この物語は彼女の夢なのか。夫から暴力を受け生活には倦怠しか感じていない。突然、彼女の生活に忍び込んできた美しい青年。彼には言葉がない。それも彼が実際には存在していないからなのだろうか。それとも最初の出会いはあったのかもしれない。人妻である彼女は青年のオートバイの後ろに乗って倦怠から逃走した。
二人が行ったのは留守の他人の家に入り込みそこで食事をし、眠ること。それはいつ見つかって捕まるかもしれない緊張感に満ちている。
ついに二人は警察に捕まる。女は夫の元に戻され青年は牢に送られる。果たしてそうなのか。夫は自分の所有物である妻を誘惑した青年を死に至らしめたのではないか。では女の前に現れる青年は本物なのか。青年は自らの気配を絶ち、人がいるところに忍び込んでももう気づかれる事もない。彼はいるのだろうか。
女は夫の後ろに青年の姿を見る。そしてささやく「愛している」
夫は勘違いして妻を抱きしめるが妻が口づけを与えて求めているのは見えない青年になのだ。
そうだ。もしかしたらこれは夫の想像の世界なのかもしれない。近所をうろつく青年の姿を見て夫は美しい妻と青年の逃避行を空想してしまったのかもしれない。

夫が仕事に出かけ、女はそれを見送ってから青年を探す。青年を捕まえ抱きしめる。二人は抱き合ったまま体重計に乗る。その針はゼロを指している。二人はもうこの世界にはいないのだろう。

キム・ギドク監督の演出法は丁寧だ。出だしから夫は女の彫像に向けてゴルフボールを打ち込んでいる。この映画の中で最も危険な凶器はゴルフボールになっている。夫が常に妻に対して暴力をふるっている事を示している。
青年は他人の家の鍵を開けることができる。これは青年が閉じられた女の心を開けることを暗示している。青年が入り込んだ家の壁にキリストの絵が飾られている。これは青年が彼女を救う人である事を。中で洗濯をしたり壊れたものを修理する事もまた同様だ。こうやって物語はセリフではなしに映し出される物や行動で表現されていく。私は映画を殆ど読むことができない英語字幕でのみ観たのだが、理解するのは困難ではないと思う。

しかし青年の美しい裸体を見せるなど、他の作品を観てから思うとこの映画はギドク作品の中でもやはり特別だ。青年は凶器であるゴルフボールをそっと転がす事で女の心を慰める。同じボールで夫を痛めつけ、自分も痛めつけられ、再び警察官を痛めつける。またそのボールで他人をも傷つけてしまう。この映画の英語タイトルになっている所以だ。

ほぼ以前書いたことの繰り返しになってしまうが、この物語の中で女の心の破壊と再生が行われる。それは彼女を写した写真家の家に貼られた写真によって現される。裸の女の写真がばらばらに切られてめちゃくちゃに貼られている。青年とずっと過ごした後にその姿は殆ど正常な位置に戻っている。そして最後にその姿は青年によって盗まれてしまう。

キム・ギドクの他の映画を観た後で見直すとその映像の美しさや洗練された演出によりいっそう惹かれる。過激さがないと誹謗するのは間違いだろう。私はずっと観てきてこの映画が以前に語られていたものと変わってはいないと思う。
ただ、主人公の女が青年との逢瀬を偲んで再び訪れる古い家の小さいが美しい庭のように、そこにある睡蓮の咲く透明な水のように、女が横たわって眠った長椅子のように心を静かに休ませてくれる安らぎは今までの映画には見つけにくいものなのかもしれない。

私はこれを観てどこまでが現実で夢なのか解らないし解らなくてもいいように思えた。そして心の奥を探って治療を受け静かに目覚めたような思いがしたのだ。

監督:キム・ギドク 出演:イ・スンヨン、ジェヒ 2004年製作

私が最初に書いた記事を参考までに 前半 後半 さらに 謎の青年 キム・ギドクの夜



ラベル:キム・ギドク
posted by フェイユイ at 23:17| Comment(13) | TrackBack(13) | キム・ギドク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ギドク監督作品で、私が最初に観たのは『春夏秋冬〜』でした。やはり、なんの知識もなくもちろんギドク監督の事も知らずにであった映画でした。題名と、dvdのパッケージ画が妙に引っかかり、3ヶ月ほど悩んだ末に借りてみたのでした。
いい作品に出会ったな〜というのが感想です。
Posted by さち at 2006年01月25日 20:32
こんばんは、さちさん。
「春夏秋冬そして春」いい映画ですね〜。私はむしろ最後あたりに観たのでこれもまたギドク監督の変化が解って面白く感じました。
今はもうひたすらこの「うつせみ」があたればいいな、と祈っております(笑)
Posted by フェイユイ at 2006年01月25日 21:04
どうもお久しぶりです。
コメント&TB失礼します。
相変わらずギドクすげえなぁと、
冒頭から引き込まれました。
ゴルフを打ち込む網の向こうにヴィーナス像があって、
それがソナを表していたようで、
彼の世界を全て理解することは難しいですが、
まさしく全てに意味がありしかも全てが美しく、
リアルタイムで見れることに幸せを感じます。
Posted by 現象 at 2006年03月05日 22:30
あれ…TBを送ったつもりだったんですが、
うまく貼ることができませんでした。
ごめんなさい。
Posted by 現象 at 2006年03月05日 23:36
お久し振りです。現象さん。
キム・ギドクのこの映画がやっと日本でも公開されてうれしい限りです!
今までのキム・ギドク監督にはなかった(私はこれを最初に観たのでそういう思いは後で感じたのですが)美しさもあり、また彼らしい意味づけもますます深くなっていると思います。
本当にこういう素晴らしい映画を観れる事は幸せですね。

では私もTBさせていただきますね(笑)うまくいきますか。
Posted by フェイユイ at 2006年03月06日 00:28
キタコレ!
今日再度チャレンジして貼ることができました。
フェイユイさんからのTBもおいしくいただきました^^ノ

この後「弓」ではギドクはどういう世界を見せるのか。
そちらの記事はまだ読まないことにします^^;
Posted by 現象 at 2006年03月07日 22:21
再度挑戦、ありがとうございます(笑)

「弓」はポルトガル・ファンタスポルト国際映画祭 で受賞したりもうすでに次の作品が作られてたり、キム・ギドク監督精力的です。

「うつせみ」がここまで公開待たされましたけど、「弓」は早く公開して欲しいものですね。
Posted by フェイユイ at 2006年03月08日 19:13
こんにちは。
現象さんのところからたどってきました。
キム・ギドク監督作品の記事が充実していて大変参考になりました♪
私は、あまり深読みはせずその世界観をただ楽しんでしまったのですが、やっぱりその意味を追究してみるのもおもしろそうですね。
本当に目が離せない監督です♪
Posted by かえる at 2006年03月14日 13:22
はじめまして、かえるさん!

ギドク監督の映画を観てるとつい謎解きをしたくなってしまって。
本当はただその美しい時間を楽しめばいいと思うのですけど。
追求すればするほど好きになってしまったのでした。
Posted by フェイユイ at 2006年03月15日 01:27
こんばんは

興味深い考察でした。私にとっては言葉で表すのが難しい作品だったのですが。

青年テソクが死んだ・・・と考えるのも面白い見方ですね。「悪い男」の主演男性についても同じような推察をされている方がいたことを思い出します。

ゴルフボールがコミュニケーションの道具になっていたのも印象深いです。セリフがない分だけ、観客の想像力を否応なく高めていたと思います。
Posted by 朱雀門 at 2006年03月17日 01:46
こんばんは、朱雀門さん。

「悪い男」の記事を覚えていてくださるなんて、光栄です!
この辺はキム・ギドクお得意の・・・とも言えるのでしょうが、「うつせみ」はどこからどこまでが現実なのか夢想なのか、全く判らないところがまた魅力です。全部が夢だったのかも。また全て現実なのかもですね。

輸入DVDを観る者にとっては特にセリフなしの映画はありがたいものです(笑)監督が最初からセリフなしで判るようにしてくれてるのですから。
Posted by フェイユイ at 2006年03月17日 23:02
はじめまして。

「うつせみ」不思議な映画でした。写真に関する考察にうなづいたり・・・。
気になった場面というか、作業中に毎回かけていたCD、SLVIANという方の音楽でしょうか?もしご存知でしたら、教えて下さい。

4月からは上映館も増えるみたいなので、もっと話題になるかな。
Posted by yoshi at 2006年03月18日 22:01
はじめまして、yoshi さん。
大好きな映画です。

CDの歌声、私も気になってしょうがないんですけど、悲しいかな、私はこういうのにとんと疎いのです。
ここに来てくださる方は凄く情報豊富な方が多いのですが、どなたかご存知だったら、是非教えていただけないでしょうか?

yoshi さん、お役に立てずごめんなさい。
上映館増えるんですね?たくさんの人に見てもらいたいですね。
Posted by フェイユイ at 2006年03月19日 20:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『うつせみ』を観て
Excerpt:  2004年。原題は『空き家』、英題は『3??iron』。ヴェネチア国際映画祭銀獅
Weblog: トモトモのヨンヨン日記
Tracked: 2006-03-06 18:12

うつせみ@恵比寿ガーデンシネマ
Excerpt: 若い男・テソクは空き巣に入り、留守の間だけそこで暮らしていた。そこで壊れたものを修理して、そこにあった洗濯されてないものを手洗いし、そこの人であろう写真をバックに自らを撮る。豪邸に忍び込んだ彼はいつも..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2006-03-07 22:14

うつせみ
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  現実と幻想の狭間にいざなう・・・
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2006-03-14 00:07

????????ゃ????帥?
Excerpt: ????????х????????筝????茘違???????????????莨若?障???????? ??????祉??????????????????????????????究?с??????..
Weblog: ???????????眼???????眼????? CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-03-14 13:21

うつせみ
Excerpt: うつせみ  2006/韓国  ★★★★★ 監督 キム・ギドク 出演 イ・スンヨン / ジェヒ ■あらすじ■  空き家を渡り歩く青年と、暴力を振るう夫を持つ女。  今や単に「言..
Weblog: Cinema-Absolutism
Tracked: 2006-03-14 20:20

うつせみ:ありえない物語の、ありえない結末
Excerpt: ★原題:空き家(††) ★監督:キム・ギドク(2004年 韓国・日本作品) 恵比...
Weblog: 「朱雀門」という方法・第2章
Tracked: 2006-03-16 22:14

『うつせみ』
Excerpt: 私たちは永遠に、よりそう。   ■監督・脚本  キム・ギドク■キャスト イ・スンヨン、ジェヒ、クォン・ヒョゴ、チュ・ジンモ□オフィシャルサイト  『うつせみ』 この世は夢か現か、幻..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-03-17 12:10

「うつせみ」(空き家)を観る
Excerpt: 「春夏秋冬そして春」「サマリア」といった問題作を提示し続けてきた韓国映画の、キム・ギドク監督が描いた静謐な寓話、「うつせみ」(空き家、3番アイアン)を観た。自由を奪われている女性と謎多き青年が2人の秘..
Weblog: Turn On One Day
Tracked: 2006-03-20 11:34

『うつせみ』(ややネタバレあり)
Excerpt: そして24日(月)は2作品を鑑賞。まずは韓国映画のこの作品から。 原題:『빈집(空き家)』(’04 韓国) f:id:hondo-lee24:2006042503045..
Weblog: よんふぁ広場2〜HONDOのつぶやき〜
Tracked: 2006-04-25 13:49

キム・ギドク監督の「うつせみ」を観る!
Excerpt: 庶民的な街、三軒茶屋の駅近く、まあ、はっきり言って「場末」ですが、幹線道路を一歩中に入ったごみごみしたところに映画館が2軒あります。一つは「三軒茶屋中央」、もう一つは「三軒茶屋シネマ」です。以前は国道..
Weblog: とんとん・にっき
Tracked: 2006-09-12 15:36

うつせみ
Excerpt: {amazon}  キム・ギドク監督作品「うつせみ」見ず知らずの人の留守宅に 毎日のように侵入し、料理をしたり、洗濯したり、壊れている時計が あれば修理するし、壊れている体重計があれば修理する青..
Weblog: 悩み事解決コラム
Tracked: 2006-10-24 21:19

うつせみ
Excerpt: 『うつせみ』 あらすじ 『監禁同様の生活を送る女ソナ。言い知れぬ孤独を抱えて抜け殻のように生きる彼女の元に突然、留守の家を点々として生活する奇妙な青年テソクが現れた。その日から、二..
Weblog: 39☆SMASH
Tracked: 2006-12-13 20:50

映画『うつせみ』
Excerpt: 原題:空き家/3-Iron 「うつせみの、命を惜しみ、波に濡れ、伊良虞の島の、玉藻刈り食む」・・絶望の淵にある深い孤独と心の絆、純愛と呼ぶには余りに空虚で哀しみが溢れてる・・ テソ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-03-15 18:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。