2006年01月31日

『霍元甲』(EP+DVD) 続き

さて昨日の続きであります。

8、「浪漫手機」携帯電話のCMタイアップ曲。ジェイと女の子の爽やかなラブストーリー。
セーター姿のジェイが清楚で好感度アップ(笑)
9、「逆鱗」うって変わってハードな内容。歌詞も難しいんだけど映像もニューヨーク(らしい)を舞台に重い曲調が響く。
10、「麦芽糖」グループサウンズっぽいノリで明るく可愛らしい演出。ジェイ以外の子が活躍してます。
11、「珊瑚海」方文山のラブストーリーですね、これ。
12、「飄移」映画「頭文字D」からのMVに少し加えてます。かっこいいです、やっぱ。
13、「一路向北」これも「頭文字D」からのMVですね。

そしてやや暗黒状態が続いたか、と思ったらこの後「ジェイライブ・イン・香港ハイライト」といううれしい映像が25分以上もあります。
中にはダイジェスト版とはいえ「以父之名」「園遊会」「乱舞春秋」「三年二班」「藉口」そしてジェイと南拳媽媽の宇豪との「四手連弾」二人でピアノを弾くのですね。宇豪は周杰倫の淡江中學音樂班の後輩らしいです。それにしてもピアノを弾いている時のジェイって素敵だなあ。
そしてそのまま宇豪の伴奏で「安静」
その後に「献世」これは広東語なのでしょうか。広東語の歌を聴くとレスリーを思い出してうっとなってしまうのです。あの言葉が・・・。
「簡単愛」「東風破」「爺爺泡的茶」「七里香」というラインナップでした。

というわけで今回のMVはジェイらしい好みながら、凝っていてバラエティにも富んでいる凄く充実した一枚だったのではないでしょうか。
おまけに香港ライブまでたっぷり堪能できるという豪華なDVDでした。満足。


posted by フェイユイ at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
そっと拝見させていただいておりました。
ずっとそのつもりでおりました。
でも、広東語の歌を聴くとウッとなると
おっしゃるのを聴いて、アーーっずっと私もそうでしたとお伝えしたくて。。。。。
ほんとに。これだけのことです。
Posted by 1943 at 2006年02月01日 23:51
はじめまして。
ということは1943さんはレスリーのファンの方なのですね?
私はホントに馬鹿だと思うんですがいまだに広東語の歌を聴くと泣きたくなるような気がして。どの人もということではないのですが。ジェイの歌では思い出されてしまいました。どこか声が似ているのでしょうか。
コメント凄くうれしかったです。ありがとうございます。
Posted by フェイユイ at 2006年02月02日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。