2006年02月10日

「Cut」2004年11月号を読む キム・ギドク「うつせみ」のことも

「Cut」2004年11月号 NO.172「いまこそ、アジア映画に溺れる」を読んだ。

表紙は「2046」に関連して木村拓哉とフェイ・ウォンとトニー・レオン。そしてアジア映画ベスト20なるものが選出されている。20位の「欲望の街・古惑仔T銅鑼湾の疾風」から10位に「オールドボーイ」9位が「少林サッカー」(こちらが上なわけね。私は賛成だが)4位が「殺人の追憶」で3位「さらば、わが愛/覇王別姫」そして1位が「ブエノスアイレス」(大賛成)となっている。その次のページがレスリーの特集。うれしいね。

で、これには「キム・ギドクと行定勲の対談が載っているのだ。この雑誌は11月号なので発売されたのは10月だろうか?私はまだキム・ギドクの名前を知らない。彼の名を知ったのは2005年1月なのだ。
とても興味深い対談なのだが、もうすでにここに答えと言うべき言葉が記されていたのだね。
行定監督「女優さんが非常に危ういんですよね。バランスのとれていない感じが」
ギドク監督「そういわれてみるといつも非常に危うい、そして悲しい、バランスのとれていない、そういう女性を描いてきたかなって気がしますね」
行定「そういう女性が好きなんですか(笑)」
ギド「そうかもしれない。で、自分も一緒にそういった危うい状況に陥りたいと思っているのかもしれません」
なるほど。それなら私がいつもギドク監督の映画を観てこの主人公の女性は監督自身ではないのか、と思えてならなかったのは当然のことでしたね。

そしてここにはすでに「男性からは嫌われる。韓国でのギドクファンは80%が女性」と言うのも頷けますね。また「女性評論家やフェミニストから非難されますが、一般の女性からはむしろ好かれています」さもあらん。
ギドク映画は女性のためのもっとも女性的映画だと感じるからです。あれを見て感情移入できる男性はなかなか女性的な神経をもっておられるはずですね。

そしてギドク監督は結局女性は母であり、男性は子供である、と考えているために韓国では受け入れられない、ということらしい。
なるほど父権が非常に強固な韓国と母性が強い日本のどちらで受け入れられるかというと日本人の方がギドク映画はすんなり理解しやすいと考えられますね。こんなに父親が嫌いな人もそういない。

また、この時点でもう「うつせみ(空き家)」は存在していたようで、ギドク監督は「ぼくもいつかは自分のテーマをしっかり伝えながらも大衆に喜んでもらえるような映画を作っていきたいし、「3番アイアン(「うつせみ」のことです)」は少しそういう側面を持った映画じゃないかと思っているんですけど」
おお。確かに。韓国以外の国では大ヒット(欧米でね)日本でも売れて欲しい。

まあ、突然何を言ってるか、と思われた方はどうぞカテゴリ「キム・ギドク」を覗いていただいてもらえると私がぶつぶつだらだら書いておりますので。


posted by フェイユイ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | キム・ギドク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。