2006年03月01日

宦官―中国四千年を操った異形の集団

宦官.jpg

「宦官―中国四千年を操った異形の集団」なる本を読んでいます。勿論、「笑傲江湖」を観て去勢とは?と思ったからなんですけど。
中国の皇帝モノを観てれば必ず登場する宦官。読んでみてもなかなか簡単には把握できません。とにかく去勢シーンは恐怖です。私は女なのでかろうじて耐えれますが、男性だったら気絶まではしなくても悲鳴はあげそう。
女性の去勢(?)というか刑として性交・出産をできなくする、というこれも恐ろしい処罰の箇所では腹部が悲鳴をあげましたよ。

宦官と言うものはどうしたって不幸のようで読んでいると救いがなくて悲しいものです。結婚している人が多いというのも驚きですね。

宦官に興味があるかたにはなかなか面白い文献ではないでしょうか。


posted by フェイユイ at 00:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ お久しぶりです。

>「宦官―中国四千年を操った異形の集団」
これを読まれてるんですね。私も興味があったので読みました。
何でも真似をする国といわれた日本も宦官だけは輸入しなかったから、日本史に出ないから馴染みもないですからね。
生態もだけど、官職などの事も知りたかったんです。

>去勢シーンは恐怖です
確かに苦痛的な恐怖はあるでしょうけど、本当の恐怖は血縁が続かないって事と士大夫じゃなくなるって事の方が恐怖なんじゃないかと思ったりします。
だから岳不群に強い決意(司馬遷みたいな)が感じられるです。
Posted by 遠志 at 2006年03月02日 01:01
お久しぶりです。

日本人は体を変形させることをほとんどしなかった民族ですね。
去勢以外に女性の纏足と言うのも怖いです。それをやっていた人々にとってはしてない女性は価値がないに等しいんですが。西洋にはコルセットがあってこれも非常に女性の体と精神をゆがめてました。

>本当の恐怖は血縁が続かないって事と士大夫じゃなくなるって事の方が恐怖
その通りだと思います。それなのにあえてそれをやった岳不群の願いは権力ということなんでしょうか?

当たり前の感想なんですけど、人間性を全く無視した恐ろしい行為・刑罰です。文献で描かれた男性たちの嘆きは悲痛です。しかしその恐怖を長きにわたって続けて行った歴史というものにまた脅威を感じますね。
Posted by フェイユイ at 2006年03月02日 10:09
こんばんわ
>日本人は体を変形させることをほとんどしなかった民族
以外に認識していませんでした。なるほど、その通りですね。

>長きにわたって続けて行った歴史
ですね。
昔、一枚だけ写真に写った宦官を見た事ありましたけど、文庫には数点しかもアップの宦官写真が載ってますよね。あれ清代って事は20世紀なんだなぁって、架空の物語じゃなく、現実に居たって改めて感じたりしました。
Posted by 遠志 at 2006年03月03日 01:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。