2006年03月08日

「ジェイ・チョウを探して」をレンタルした。前半鑑賞

探して.jpg

中文字幕でのみ観ていた「尋找周杰倫」レンタルで再見しました。

前にも書いてたと思うんだけど、この映画、凄く女の子らしい可愛い映画なんですよ。
おしゃれ、と言っても嫌味に金持ち風のおしゃれじゃなくて等身大の女の子の夢みたいな感じ。家も最新型マンションみたいなんじゃなくてちょっと小汚いくらいの古びた作りで狭い階段の具合とか木造建築とかペンキの塗り具合とかが凄く可愛いのだ。
部屋に置かれている小物も女の子が集めたくなるような雑貨が溢れていて、何だか全体的に小奇麗な雑貨屋の雰囲気。でも綺麗なブルーのガラスの小物とか、マグカップに入れた小さな魚だとか、憧れてしまうではないですか。そんなものがいっぱい詰まった夢みたいなお話なんだけど、退屈しないのはなぜなんだろ。
ヒロインのポポちゃんのキッとくいしばった口元のせいか、物凄く短く切りそろえてしまった前髪のせいか。

ポポは失恋した後も彼のことが忘れられず、大陸から香港へ移り住むものの思いは高じるばかり。唯一、彼女の支えているのは彼との思い出の曲を探し出す事。曲の名前はわからない。知っているのは歌っているのが「周杰倫=ジェイ・チョウ」だと言う事だけ。
街でその曲を耳にするとポポは走ってその持ち主を探しに行くのだが。

どうして人気歌手・ジェイ・チョウの歌の入ったCDが見つからないのか?
それはその曲が「Hidden Track」であるから。
限定製造されたジェイのアルバムのHidden Track(秘密のナンバー)。CDの最後の曲が終わってから7分間後にしか聞くことができない、いわゆるシークレットボーナストラックである、ということなのです。であるから、気づかない人も多いのだと。

ジェイのCD+MV「尋找周杰倫 」のディスク1の最初に「軌跡」というタイトルで収録されているのがそれ。甘く切ないジェイの声がポポちゃんならずとも胸を締め付ける。

ポポが香港で知り合うCDショップの憂鬱な店主がショーン・ユーハンサムすぎる彼だが、これも適度に汚れが施されていて愛すべきキャラクターとなっている(ははは)
愛犬を失って嘆く彼の姿はファンならずとも涙を誘う。こだわりのあるハンサムと言うのはなかなかよいものです。穴の開いた靴がキュート。

映画にはところどころにアニメーションも配されており、これもおしゃれめ。

そしてなんと言ってもジェイ・チョウの歌がたっぷりMVの如く流れるうれしい映画なのです。


ラベル:周杰倫
posted by フェイユイ at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさーん、「軌跡」ですよ〜。
うるさくてごめんなさいm(__)m。

私は日本版も買ってしまいました・・・。
ジェイの音楽が本当にすてき。
登場シーンも大好きです。
Posted by じえるな at 2006年03月09日 00:28
あははは、もう笑うしかありませんな。自暴自棄。
いや本当にそう書いてるつもりだったんですよー(-_-;)
言い訳にしか聞こえませんが・・・(-_-;)
いえいいんです。私にはじえるなさんがついていてくれるんですから(笑)

買ってしまったんですねー。明日登場シーン、観ます!
Posted by フェイユイ at 2006年03月09日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。