2006年03月16日

「ブロークバックマウンテン」でこられた方へ

アカデミー賞監督賞など3冠に輝いた「ブロークバックマウンテン」ですから、当然のことでしょうが、当ブログでただ「予告編が観られるよ」だけの記事にアクセスがかなり。
うーん、何も書いておらず申し訳ない。そこで私が最高におススメのブログをごらんいただきたい。
「夜目、遠目、幕の内」
(他にも素晴らしい関係記事をたくさん書いておられます)

「傍流点景」
「傍流点景・私的覚書」

私も映画を観てお二人にの足元にも及ばないまでもそれなりに記事を書きたいものですが、もう少し待たねばなりません。辛抱、辛抱。

それにしてもこの映画はカウボーイものなわけですね。西部劇、と言えば私は子供時代は殆どテレビで西部劇を観て育ったようなものです。
一体どれだけ観たのか?毎週何回も何かしらの西部劇がテレビであってた時代でしたからねー。今では信じられませんが。
特にジョン・ウェインでしたね。私のヒーローは。(あくまでもテレビですからね(笑)念のため)他はマカロニ。ウェスタンのジュリアーノ・ジェンマ。フランコ・ネロ。クリント・イーストウッド。
とは言っても中身は全然覚えてないのだ(とほほ)あれだけ観たのに。
しかしそれでもしょっちゅう観ていた者と今の若者とでは西部劇に対する気持ちは違うのだろうなあ、と思いつつ。
少女時代の西部劇と「ブロークバックマウンテン」をどう重ねてみてしまうのか、今から楽しみである。
(と書いてたら急に西部劇が観たくなった。何か観ようっと)

勝手にリンクさせていただいて、石公さん、shitoさん、すみません。ありがとうございます。もし問題ありましたらご連絡ください。


posted by フェイユイ at 00:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさん、お久しぶりのコメントにお邪魔します。『妖怪大戦争』のレヴューがとても嬉しかったので、コメントさせてもらおっかなー、なんて思ってたのに時機を逸してしまいました・・・
さて此方で、なんとも嬉しいというか、恐れ多いご紹介をして頂き、ありがとうございます。BBMについては、石公さんを始めとして数多くの熱いファンの皆さまがネット上でもその思いを書かれてますので、私の記事はその中ではかなり末席かと・・・;;
でも本当に、いろんなことに思いを馳せられる素晴らしい映画ですので、フェイユイさんが本作を御覧になる日が来たら、ご感想楽しみにしてますね!
Posted by shito at 2006年03月17日 20:57
わざわざお越しいただきありがとうございます。
何だか、shitoさんと石公さんをちゃっかり利用してしまったような気もしてるんですが、是非ここに来てくださってる方に読んでもらいたい、と思ってリンクさせていただきました。
今は「BBM」を見れるその日を心静かに待つことにします。

「妖怪大戦争」はホントに楽しい映画でしたね!やっぱり妖怪になりたいです。何がいいかなあ?
Posted by フェイユイ at 2006年03月17日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「ブロークバック・マウンテン」人を愛することの幸せと残酷さを知る
Excerpt: 「ブロークバック・マウンテン」★★★★ ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール主演 アン・リー監督、2005年アメリカ 大自然を前にしても 人の心は開放されない。 人生は思うように..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-04-09 00:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。