2006年03月18日

ジェイ・チョウ 1st.コンサート in JAPAN. 後半

宇豪との連弾から観る。あの手の躍動感を見るのが好き。ジェイはピアノマンなのだと改めて確認。途中の満足げな笑顔もいい。

しかし、この映像を3日観てるのに、ますます愛しい気持ちが強くなっていく。やばい。やばやば。また中毒症状になってしまったのか。
ジェイの映像を観てるといつまでも観ていたくなる危険な状態に陥るのが怖いのだ。
「双刀」みたいな曲は特にやばい。ジェイ的な要素が強く感じられてますます惹きこまれてしまうのだ。

(李連杰のエネルギッシュに暖かなジェイへのコメントがうれしい。ありがとう。ジェット)

そして「霍元甲」に到っては何をか況や。何度観ても素晴らしいMVだ。ジェイの監督作品でもあるこの作品はジェイの李連杰と「霍元甲」に対する熱い想いが溢れている。
つまりはジェイが作っているために映像と音楽が一体となっている。李連杰の映画の世界とジェイの映像とが音楽を通じて見事に連結し、一つの物語になる。ジェイの手の中で映像と音楽が巧みに織り込まれ美しい協奏曲そして絵画となっているではないか。音楽家であるジェイにしかできない映像美である。
しかしその当人はいささか沈鬱な面持ちで担い椅子に乗って現れ、次いでいかにも無邪気に歌いだす。そのやや子供っぽいとさえ見える表情はなんだろう。得意げな様子を見せてはしゃぐジェイを見ていると何という不思議な存在なのだろう、とため息をつくしかない。

「大切な人を紹介します」と言っておばあちゃんの傍に歩いてくるジェイ。ただ舞台の上から言っただけではないのだ。ジェイの愛情に満ちた気持ちが伝わってくる。
「皆さん、孫を応援してくれてありがとう」と言うおばあちゃんの言葉にまた涙してしまう。
そのおばあちゃんから教えてもらったという童謡「桃太郎」を歌うジェイの声の優しいこと。幼い日におばあちゃんがジェイに教えたその優しさがそのままこもっているのだと思う。「ももたろさん」を聞いて泣いてしまったのは初めてである。
「大きな古時計」はっきり言って倒れました。あまりの素敵さに。
やはり日本人なのだなあ。日本語で歌われるともうえぐりこまれてしまった。しかもあのちょっと舌足らずな歌い方は絶対反則だ!立ち直れないよ。
一体何をしてるんだ、これCDにしない手はないでしょ。今すぐやろう、今すぐ!!!
それなのにその後すぐの「いいですか?日本語いいですか?頑張ります」って。もう急転直下。
このギャップがいいとは言え、はあ(ため息)

「頭文字D」の撮影時のジェイの素顔。よかった。ホントに愛すべき青年です。
そして「日本でコンサートをするのが夢でした」という言葉。感動しますね。私達もジェイに日本でコンサートを開いてくれるのが夢でした。うれしいです。ありがとう。これからもずっとずっとあなたのファンです。

この感動を胸に明日もまた続く。


posted by フェイユイ at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさん
周杰倫初の日本演唱會、ついにフェイユイさんと共有することが
できて、すごく嬉しいです。
見ていると幸せになりますよね!

できる事なら、5日の緊張したジェイも見せたかったです。
ほんとに、DVD発売して欲しいですね。
Posted by じえるな at 2006年03月18日 20:58
あははっ。そうでしたか。
緊張したジェイ、というのは貴重ですね!
DVDでは是非5日・6日の2枚組にして欲しいですね!

私もやっとじえるなさんの喜びを(ネット上でとは言え)感じることができてうれしいです!ジェイの事をますます好きになってしまいましたよ。
Posted by フェイユイ at 2006年03月18日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。