2006年03月19日

「ブラザーズ・グリム」マット・デイモン&ヒース・レジャー

「グリム」と言うタイトルにしてはそれほど突っ込んだグリム童話ではない、と思われる方もいるのかもしれないが、この映画はあくまで「グリム兄弟」であって、「グリム童話」ではないからであろう、と思っている。
兄弟萌えにはおススメの作品なのだ。

昨夜観てから、すっかりマット&ヒースのグリム兄弟にはまってしまった。なぜ兄が弟に弟が兄になってるのかはまだわからないが。あべこべの世界、という比喩なのだろうか?

マット・デイモンは何作か見ているが今回のウィル兄さんが一番好きである。こんなにゴリラ顔だったっけかなあ、と思いながらもゴリラ顔好きには申し分ないお顔立ちであります(私には前回サッカーワールドカップのドイツ代表ゴールキーパーであるオリバー・カーンが理想なのです)現実的でちょっと身勝手で結構怖がりである。
弟ジェイコブのヒース・レジャー。まだこの顔しか知らないが、繊細かつ情熱的なジェイコブを魅力的に演じています。時折見せる思いつめた表情にはっとしますね。夢想家でそのため向こう見ずな所もある弟だ。

ところでこの映画の導入部。貧しい家。病気の妹のために弟ジェイコブは牛を売りに行ったのだが、騙されて豆と交換してしまった。
ん、これはイギリスの民話であってグリムじゃないのでは。別にグリムだといってるわけではないから文句は言い難いが。それとこういう場合、お兄さんが行くべきじゃないのか。このことが弟のトラウマとなる。

グリム兄弟の仕事は村を回ってはそこに伝わる物語を聞いて書き留めること。それをまとめたものが後世に残っていくわけだが、映画のグリム兄弟はちと違う。話を聞くまでは同じだが、そこにでてくる魔女を捕らえたり事件を解決する事で大金を巻き上げていくのだ(ドイツ国民から怒られそうだが)これを兄弟、力を合わせて仕掛けを作り芝居をするのであった。

そしてグリム童話といえば黒い森(シュバルツバルト)。赤頭巾が木の枝に引っかかっている様子は恐怖を感じる。
女の子達が次々とさらわれていく事件が絡んでくる。すでに10人の少女が狼にさらわれたと言う。
話を聞くグリムたち。書き取っていく弟ジェイクと傍らに立つ兄・ウィルの姿がなかなか決まっている。
かくしてグリム兄弟は少女失踪事件の謎を究明することとなる。そこで森の道案内をするのが女だてらに猟師をしているアンジェリカ。女性の登場で兄弟との恋愛模様が予想されるがこの女性、兄貴が好きなのか、弟なのかよくわかんないなーと思っていたら、結局は何もなかった(笑)通例としてヒロインはどちらかと恋に落ちるはずでは。テリー・ギリアム不思議である。

物語は様々なグリム童話を絡ませながら進行する。眠り姫、ラプンツェル、ヘンゼルとグレーテル。そしてシンデレラを現すためにマット&ヒースが女装。小間使い姿でお掃除している。

兄弟に絡んでくる奇妙なイタリア人がカバルディ。なぜかフランス軍の手先である。拷問が得意であるらしい。いじめられキャラでもあるが。
一体彼がナンなのかまだよく判らない。

村の娘サーシャが捕らわれ泉に浮かぶシーンはオフィーリアのようである。これはシェイクスピア。色んなものが溶け込んでいるのだ。

幻想的な場面が次々と出てくるが少女が馬に飲み込まれるシーンが特に印象的だ。少女は「大きな目ね、大きな耳ね、可愛い口ね」と馬に語りかける。これは赤頭巾ちゃんがお祖母ちゃんに化けた狼に言うセリフだ。

テリー・ギリアムと言えば「ジャバーウォッキー」から好きになった。本作はそれを思い出させる(と言っても見たのは遠い昔の事。もう一度観て観たい。

昨日も書いたがこの映画はとにかくマット&ヒースの演技に尽きるのではないかと。
グリム兄弟、よいです。

次にグリムのキスシーンの一歩手前をアップしておく。興味のある方はご覧ください。
cap149.bmpcap150.bmpcap156.bmp


posted by フェイユイ at 23:32| Comment(2) | TrackBack(1) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
I like this movie,too!
The brother Grimm are so cute >W<

I'm from Taiwan.
I like your blog!There're so many movies!!
Posted by 喬治 at 2008年02月21日 22:48
謝謝!!從台灣歡迎光臨給。我也非常喜歡這個電影。
這個 blog於電影多,不過,周杰倫的事也在寫。
我非常喜歡周杰倫(*^_^*)v
Posted by フェイユイ at 2008年02月22日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

マット・デイモン
Excerpt: マット・デイモン
Weblog: アイドル芸能Shop
Tracked: 2006-04-10 04:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。